MusicFMは音楽業界に悪影響か 賛否両論の議論でAVが引き合いに

MusicFMという違法の無料音楽アプリが話題になっています。

もともとは、ユーチューバーのセゴリータ3世が、YouTube動画でMusicFM批判の動画を挙げたところから徐々に火が付き、ついに2019年6月1日にツイッターのトレンドに「MusicFM」やその関連用語がランクインしました。

セゴリータ3世の訴え

YouTube動画

こちらがそのセゴリータ3世のYouTube動画です。

【危機的状況】このままだと音楽は途絶えてしまう…音楽業界の皆さん、気づいて欲しい【MusicFMなどを駆逐したい】
【衝撃の展開】MusicFMとの契約書!?名刺もあるだと!?ってか著作権管理しないってのは大嘘だったのか!【著作権法に思いっきり違反】
【急募】みんなの力を貸してください!【違法アプリへのアクセス制限】

ツイッター

MusicFM否定派の声

AVを引き合いに出してMusicFM否定派を批判する声も

また、MusicFMを批判する人たちも、ネットで無料のアダルト動画は見ているだろうに、それなのにMusicFMだけを批判するのはおかしいという声もありました。

お小遣い5000円論争

論争が過熱した頃、中学生の女子らしきアカウントが「お小遣い5000円だからmusic fmのようなアプリを使わないと辛い」という主張をツイートをしたらそれが炎上。

その「お小遣い5000円」というワードまでトレンド入りしました。


ただし、発端となったツイートについては「釣り」だったらしい。

漫画村の前例では?

ネットの無料サービスといえば、以前無料で漫画を読めてしまう「漫画村」がありました。

このようなツイートがあります。

漫画村が消滅すると、売り上げが44%も増えたというツイート。

さらに漫画村の前例を調べてみると、

「漫画村が見られなくなってから、電子書籍の売上に変化はありましたか」との質問に対し、「それはもう増えましたね」と即答。

引用:漫画村消滅で電子書籍売上「増えた」 カドカワ川上氏が見解示す

ただ、この記事が出た当時はまだデータが出そろわず、見聞に近い状況で判断して「売り上げが上がっているようだ」としていることを素直に認めています。

しかしそれどころではないインパクトのある情報も。

確実な証明のためにはもう少し厳密な検証がいるのかもしれませんが、漫画村が消滅して売り上げが増えたというツイートは当時いくつか話題になりました。

本当にそのような無料サービスが業界のために有害なのか、議論がありますが、そもそも業界の打撃になるかならないか以前に、違法なものは違法だということは忘れてはいけないと思います。

以上です。

フォローする