三浦瑠麗が西脇亨輔(村上祐子の夫)に訴えられたツイートとは?

国際政治学者の三浦瑠麗さんが、テレビ朝日元アナウンサーの村上祐子さんの夫である西脇亨輔さんに、とあるツイートについて訴えられるというニュースがありました。

このニュースと三浦さんの該当ツイートについて調べました。

三浦瑠麗が西脇亨輔(村上祐子の夫)に訴えられる

 テレビ朝日元アナウンサーで政治部記者を務める村上祐子氏の夫で、同じく元同局アナで弁護士の西脇亨輔氏が17日、国際政治学者の三浦瑠麗氏のツイッターでプライバシーを侵害され、名誉を棄損されたとして、慰謝料300万円と謝罪広告を求め、三浦氏を東京地方裁判所に提訴したことを明らかにした。

今年4月、「週刊ポスト」で村上氏の不倫疑惑が報じられた際、三浦氏は「そもそも何年も別居し離婚調停後、離婚訴訟係争中の人を不倫疑惑とする方が間違い」「週刊ポストは村上さんの相手が破綻事由でないことも、離婚訴訟中であることも知ってて敢えて隠して不貞行為のように書いたでしょ」などとツイート。

これらのツイートに対し、西脇氏は「それまで報じられていなかった私と妻の離婚訴訟の状況などを晒し、夫婦関係は破綻していたと根拠なく決めつけました」と主張した。

村上氏は2011年から「朝生」のMCを務め、15年に報道局政治部に異動し記者として取材にあたってきた。一方、プライベートではアナウンス部時代の06年に同僚の西脇氏と結婚。

しかし今年4月、「週刊ポスト」でNHKの政治部記者との間の“不倫疑惑”が報じられ、同局系「朝まで生テレビ!」の司会を一時見合わせていた。

引用:ライブドアニュース(スポーツ報知)

西脇氏が三浦さんに求めているのは、慰謝料300万円と謝罪広告だそうです。

西脇亨輔さんコメント全文

提訴にあたりお伝えしたいこと

不倫には被害者がいます。

私は不倫疑惑報道を目にしたとき、頭の奥が痺れ、

眠ることができなくなりました。

その中で三浦瑠麗さんのツイートを読みました。

それは離婚訴訟や調停などのプライバシーを、新たに晒すものでした。

報道が正しければ妻である村上祐子記者がしたことは「不貞行為」ですが、

そうではなかったかのように書かれていました。

夫婦関係は完全に破綻していたと、根拠なく決めつけていました。

不正確なツイートは拡散し、多くの人がそれを信じ、

夫である私への批判の声が相次ぎました。

三浦さんのツイートで、ふたたび心が喪われました。

このまま、何もなかったことにしようとも考えました。

しかし、泣き寝入りはしたくありませんでした。

人の痛みなどどうでもよいのなら、社会や政治を語る資格はないと思いました。

そこで裁判を闘うことにしました。

この裁判を通じて、一方的で不正確な言葉によって傷つけられる被害が

今後なくなることを願っています。

令和元年7月17日

西脇亨輔

引用:ライブドアニュース(スポーツ報知)

「私は不倫疑惑報道を目にしたとき、頭の奥が痺れ、眠ることができなくなりました。」「三浦さんのツイートで、ふたたび心が喪われました。」などの言葉から、当時、西脇氏がどれほど衝撃を受けたかが分かります。

一瞬私は『週刊ポスト』は訴訟対象にならないのかと、トンチンカンなことを思ってしまいましたが、西脇氏は妻・村上祐子さんの不倫を報じた『ポスト』に怒ってるのではなく、妻の不倫の事実それ自体にショックを受けたということのようです。

そこから加えて三浦氏のツイートの余波で、それを見た人から、おそらく「既に婚姻関係が破綻しているのに不倫だと騒ぐな」「離婚を認めろ」などいう形でバッシングされたことで、提訴に踏み切ったということでしょう。

ただし西脇氏が妻の不倫相手のNHK記者ではなく、なぜ三浦さんの方を特に提訴するのか、というところにも、若干の違和感は覚えるところです。

西脇亨輔

西脇亨輔(にしわき きょうすけ)さんは1970年10月5日生まれ。

千葉県八千代市出身で東大法学部卒です。

テレビ朝日へ入社して12年半アナウンサーを務めた後、弁護士として法務部へ異動しました。


出典:Twitter

村上祐子

村上祐子(むらかみ ゆうこ)さんは1978年11月16日生まれ。

日本女子大学文学部卒、テレビ朝日の元アナウンサーで、現在は政治部の記者だといいます。

2人は2006年に結婚しました。

下は村上祐子が出演するニュース動画です。

いつ実現?佐川氏の証人喚問 国会・村上祐子記者(18/03/19)

三浦瑠麗が西脇亨輔(村上祐子の夫)に訴えられたツイートとは?

問題の三浦瑠麗さんのツイートがこちら。


出典:Twitter


出典:Twitter

このツイートは、つぶやきから3カ月ほど経過した2019年7月17日時点でも、まだ削除されてはいないようです。

三浦さんの主張によれば、既に婚姻関係が破綻しているのに「不倫」と報じられるのは当たらない、ということでしょう。

そして『ポスト』は意図的にそのような報道をしたとしています。

リプライには色々なものがあり、納得している人もいれば「婚姻中なら無条件で不倫」とする人もいます。

おそらく、どう受け取るかは「不倫」「別居」「離婚協議」などの情報が受け取る人にどの程度のタイムラグで届くかにもよるのではないでしょうか。

「もう既に数年間、別居状態で離婚協議中」のタレントについて、異性と関係を持っても、必ずしも「不倫」と報じない可能性もあります。

つまり、①不倫⇒②離婚協議ならば「不倫」と誰しも受け取りますが、

順番が、①別居中⇒②離婚協議⇒③異性と関係(婚姻関係はまだ継続のため、形式上は不倫)ならば、メディアは必ずしも「不倫」と報じないのではないでしょうか。

だからこそ三浦さんも、『ポスト』が「①別居中⇒②離婚協議」を意図的に伏せたとして非難したのだと思います。

当初から疑問の声も

当初から三浦さんの該当ツイートについて危惧するリプライをする人もいたようです。

この方は村上祐子さんの反応について危惧しているようですが、実際にはその夫の西脇亨輔氏によって訴えられるという結果になりました。

最後に

三浦さん自身は『週刊ポスト』の報道姿勢に対する疑問からツイートしたのが、思わぬ反作用を生んでしまったようです。

たしかに三浦さんの立場に立てば、『ポスト』の報道姿勢を批判するには、「離婚協議中」や「別居」の情報を出すしかなかったでしょうから難しいところです。

結局、今回のようなトラブルを避けようと思うなら、(離婚協議や別居の情報が正しいとすれば)情報を出すことと『ポスト』批判の両方を諦める以外になかったということでしょう。

以上になります。

フォローする