三浦瑠麗がレイプ被害を告白した自伝本とは?『孤独の意味も、女であることの味わいも』

国際政治学者の三浦瑠麗さんが14歳の時に性的な暴行を受けていたことを自伝で告白したことがニュースになっています。

三浦さんの性的な被害については、自伝『孤独の意味も、女であることの味わいも』の第一章「初めての経験」で書かれているそうです。

また三浦さんは、加害者の一人は面識があった、警察に相談することはなかった、産婦人科にも行かなかったなどとしています。

一方で三浦さん自身は、自伝『孤独の意味も、女であることの味わいも』について「性的被害をテーマにした本ではない」と話しています。

三浦瑠麗がレイプ被害者だったことを自伝で告白

「BuzzFeed Japan」が三浦さんの自伝についての記事を配信、その中で三浦さんの性的な被害について言及しています。

14歳、中学3年生のとき、小説を読みながら帰宅していた三浦さんは、後ろから寄ってきたバンに乗っていた男たちに声をかけられた。

《あとはあまり覚えていない。覚えているのは痛みと、死ぬのだろうな、という非常にリアルな感覚だけだ。私の頸に手をかけたそのうちの一人ののっぺりとした眼つきが醜くて気持ち悪く、せめてもっと楽な死に方をさせてもらいたかった。少なくとも一人は知っている顔だったと思う。

殺風景な新幹線の高架下で、ほらよ、と放り出されて、私はバッグとスカーフを胸に抱えて家までよろよろと歩いた。自分がどんなにぼろぼろでも、いつも通りの田舎の風景は微塵も私の心に寄り添ってはくれなかった。

きちんと閉まった正面の門を避けて庭の戸口から入り、母が茅ヶ崎の庭から持ってきて植えたあんずの木の下で、隠れるように外水栓の水で顔と手を洗った。制服を脱ぎ捨てたのち、手負いの狼のように私は炬燵の中で唸った。下腹部の痛みが尋常ではなかった。手でさわると血がついた。

「初めての経験」より抜粋)

そのときは母親には言わなかった。警察に通報しなかった。産婦人科にも行かなかった。

その後、付き合った男性には言ったり言わなかったりしたけれど、この体験をもって、自ら性暴力被害の当事者だと表明したこともなかった。

性犯罪をめぐって意見表明したツイートが炎上し、謝罪したときでさえも。

引用:Yahoo!ニュース


自伝のテーマ

しかしこのような衝撃的な内容にも関わらず、三浦さんは性被害を書くこと自体を意図したのではないとしています。

だからこの本は、性的被害をテーマにした本ではないんです。書く作業の中で出てきた体験の一つに過ぎません。ただ、自分の人生の中で、どのような体験として位置付けてきたのかを、どうやったら読者の方々に伝えられるかについては、よく考えました。

多くの人がそういうことを実は経験しているのではないか。表に出るのは氷山の一角だったり、特定の傾向のある事件だったりするだけで。

自分の体が侵害されたり、精神的に無視されたりしたことを、その後の人生でどのように扱っていくのか、ひとりで苦しんでいる人がいるのではないか。

そのことで深く悩み、自分を見つめ続けてきた人間が、四半世紀たってどのように振り返るにいたったか。それを伝えることに、意味があるのではないかと考えました。

当時の私は何をわかってなかったのか。周りの人間はどう反応したのか。どういう悩みかたをしたか。

その一方で、その体験によっていまの私という存在が定義されていないのはなぜなのか。

そうした被害によって私の人生の行く末が決まってしまうという人びとの見方にどう抗ってきたか。

そんなことを書いたつもりです。

引用:Yahoo!ニュース

「BuzzFeed Japan」の記事では他に、三浦さんが一時期トラウマになって学校で保健室に避難したり、男性を遠ざけたくなったこと、母親の挙措や付き合った男性の反応で、自分が「被害者」という枠に押し込められるように感じたことを書いています。

また「レイプは魂の殺人」という考えを採用することで、レイプ被害者をさらに追い込んでしまうということ、レイプ被害に、女であることが「原因」としてあっても「責任」はないのだということを書いています。

三浦さんが第一章で自身の性被害と如何に向き合ったかを書いた自伝は、新潮社から出版された『孤独の意味も、女であることの味わいも』です。


フォローする