見立真一の現在|関東連合OB工藤明男「セブの離島で普通に暮らしてる」

関東連合
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

六本木のクラブ襲撃事件で主犯となり、国外に逃亡した関東連合リーダー見立真一の現在について、同じく関東連合OBの工藤明男(柴田大輔)は「セブの離島で家族作って普通に暮らしてる」とツイートしています。(2021年9月20日ツイート)

工藤明男は他にも、セブの離島は複数あるのでどれかまでは分からない、見立はドサクサ紛れにいつか日本の地を踏めると思い込んでいる、懸賞金が600万円では誰も密告しそうにない、などとしています。(該当ツイートのリプライ欄)

セブの離島

セブ島は、フィリピン中部のビサヤ諸島にある島で、南北に225kmにわたって伸びる細長くて大きな島で美しい砂浜のあるリゾート地として有名です。

セブ島はさらに、その周辺にある複数の離島も観光客に高い人気があります。

タイトルとURLをコピーしました