【見立真一】相葉雅紀とAYA(牧野田彩)を知る者が語る見立の妻と娘

嵐の相葉雅紀さんの持っていた所蔵品を紹介するブログ「雅紀の秘宝伝」では、関東連合の見立真一の周辺についての情報も書かれているようです。

ブログ管理人が語る、見立真一が住んでいたマンションや見立真一の妻子の様子とはどのようなものだったのでしょうか。

まとめてみました。

スポンサーリンク

相葉雅紀とAYA(牧野田彩)を知るブログ管理人が語る見立真一の周辺

ブログ「雅紀の秘宝伝」とは?

先に軽く、このブログ「雅紀の秘宝伝」について説明します。

嵐の相葉雅紀さんは2013年5月ごろの週刊誌報道で、1億5,000万円で高級マンションを買ったとされています。

詳細は分かりませんが、このブログの管理人はおそらくその相葉さんが住んでいた高級マンションの管理人(館内従業員)の1人だったのではないかと思われる人で、直接譲られたわけではないものの、相葉さんがもともと持っていた品物を数多く所蔵しているといいます。

ブログ管理人はkuhsan氏といい、おそらく、もともとは一種の「珍品コレクター」のような人でしょう。

そしてこの管理人は相葉雅紀の品物についてだけでなく、相葉雅紀さんの元彼女だといわれているAYA(牧野田彩)さんについても様々なことを発信しており、ジャニーズファンを中心に大きな関心を集めました。

現在では相葉雅紀関連の新しいネタは尽きたらしく、もともとそれ以前から収集していた外国の切手を別のブログなどで紹介しています。

雅紀の秘宝伝

雅紀コレクションと外国古切手の紹介

そして関東連合の見立真一はおそらく、時期はズレるかもしれませんが相葉雅紀さんと同じマンションに住んでいたようで、そのためにブログ管理人は見立真一についてもいくつかのことを書いています。

見立真一は高級マンションを現金で一括購入か

見立真一が住んだ高級マンション「白金台サンク」の最低分譲価格は1億数千万、時期は2011年ごろだそうです。

相葉雅紀の高級マンション購入報道が2013年5月なので、彼より先に住んでいたのでしょう。

見立より前に住んでいた住人は、1部上場会社でトヨタ自動車が大株主の会社「日本駐車場開発」の30代後半の副社長夫妻です。(おそらくNPDタイランドの社長・川村憲司氏夫妻)

現地で骨を埋めるつもりで2010年からタイに赴任、そのために部屋を引き払いました。その空いた部屋を見立真一が購入して入ったということになります。

また見立真一のマンション購入についてブログ管理人は、見立がローンを仕えたはずがないのだから現金で一括購入したのだろうと推測しています。

販売と管理を行なった会社は「三井不動産レジデンシャル」で、見立が半グレ関東連合のリーダーだと分かっていたそうです。

六本木のクラブ襲撃事件後、あわてた「三井不動産レジデンシャル」は管内の従業員にかん口令をひき、見立の向いの部屋の住人に見立の残された家族の動向について聞いて警戒していたといいます。

見立真一の妻は逃亡中の夫に娘を見せに行った?

見立真一は高級マンションに妻一人、娘一人と暮らしていました。

まだ小さな娘さんは、時々高級マンションの館内を、音の出る幼児サンダルで歩いている姿が見られたそうです。

また見立真一の妻について、ネットでは「アジア系」とされているものが多いですが、おそらく「アーリアン系」(アーリア人種・ドイツ人など)の間違いです。

ブログ管理人は「アーリアン系の金髪美人」としています。(これについての元記事は見ることができず、ブログカードの抜粋表示のみの情報。こちらのページで下にスクロールして現れる最初のブログカードがそれです)

ところで、見立は2013年の3月~4月頃、フィリピンから日本に戻っているという情報がありました。

見立真一の現在は?フィリピンに潜伏・死亡説も【木村兄弟への復讐】

その頃のことなのか、深夜の24~25時ごろ、慌てて、尋常ではない様子で小さな娘を抱いた彼の妻が外出するのが見られたそうです。

その時ブログ管理人は、ふと「逃亡中の旦那から連絡があり、海外ではなく日本で逃亡生活をしているのではないか」と思ったといいます。

そうでなければ幼い娘を連れて深夜に外出する理由がないからです。

事件後も妻子は親戚らしき人たちと住んでいましたが、しばらくするとマンションの部屋を売り払って出ていったといいます。

最後に

妻が夫に会わせるために深夜にあわてて外出したというのは、あくまで管理人の想像で確実な事実とはいえませんが、それにしても痛ましい想像だと思います。

この記事は以上になります。

タイトルとURLをコピーしました