みくるだ活字中毒が判明|『鏡の法則』『嫌われる勇気』を語る【ブラック上司を殴った過去も】

アウトロー周辺の話題
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

油山関係者である「よきちょ」マネージャーの「みくるだ」が、新しい動画で読書や過去の飲食店業などについて語っています。(2021/05/14動画)

みくるだは読書家だそうです。

ためになった本としての野口嘉則の『鏡の法則』岸見一郎の『嫌われる勇気』を挙げています。

 

『鏡の法則』は他人について気に入らないことは実は自分の中の問題を反映していること、『嫌われる勇気』は「トラウマは存在しない」「すべての悩みは対人関係の悩みである」と大胆に説いたアドラー心理学についての本です。

またディズニー関係の本をたくさん読んだそうで、「ディズニーはホスピタリティ(おもてなしの精神)が凄い」と話しています。

過去の飲食店業についてはオーナーになるために気に入られなければならない人が二人おり、一人が暴力的でひどい人物で、みくるだも含め皆が機嫌を取っていたそうです。

みんなで旅行に行った時に、その上司がプロレスごっこで部下を順番に殴ったりしましたが、皆が機嫌をうかがって無理に笑っていました。

しかしみくるだの番になった時、みくるだの中で何かが切れてしまい、その上司のパンチをすべて避けて逆に殴ってしまったそうです(笑)

関係ないですが、動画タイトルもうちょっと工夫した方がいいですね。

アウトロー系やその周辺は、内容は面白いのにタイトルがそれを反映していないことが多い気がします。

(記事おわり)

タイトルとURLをコピーしました