【目覚まし時計】Qアノンが語るカバールの悪魔の所業|レディーガガの衣装の本当の意味

Qアノン・トランプ

アメリカ大統領のドナルド・トランプが闇の権力者集団である「カバール」「ディープステート(DS)と戦っていると主張する「Qアノン」というトランプサポーターの集団がいます。

彼らは反対派・大手マスコミからは「陰謀論集団」とされ大変評判が悪いですが、米国のトランプサポーターの間では大きな勢力となっています。

このQアノンで海外(おそらく英国)の人がカバールの悪魔の所業について語った「目覚まし時計」という動画が過去にYouTubeにアップされていましたが、現在(記事執筆時点)では削除されています。

しかし今回、この動画をニコニコ動画で見つけることができたのでこれを掲載、また万一削除された場合のために文字起こしと画像のスクショをして掲載することにいたします。

【目覚まし時計】Qアノンが語るカバールの悪魔の所業|レディー・ガガの衣装の本当の意味

【動画】目覚まし時計

この動画の話者は3人おり、それぞれチャーリー・フリーク、コリーン(妻)、マーク・デブリンという方のようで、その中で中心的に話すのはQアノンと思しきチャーリー・フリークという人物です。

「――」の後の話者はコリーン(妻)もしくはマーク・デブリンですが、煩雑になるため、またそこまで重要でないため2人の区別はしていません。

またそれ以外はすべてQアノンのチャーリー・フリークの言葉です。

(以下文字起こし)

あなたがそれに興味を持っているのを知っている手短に言います。「死亡」したり「自殺」した人たちがいますが、あなたもそれについて話していましたね。デヴィッド・ボウイの死やプリンスや‥

――ジム・モリソンやエルビス・プレスリーも。

そうだね。近年に起こった「死」の数件はホワイトハット(善人たち)によって行われたんだ。彼らを救うためだ。

11月の大統領選挙の後、奇跡的に死から生還する人たちがいますよ。彼らがそれをどう説明するかは知りませんが。とても有名な人で死から生還する人たちがいますよ。死んだと思われていた人たちです。

――でも人前に出て来たがらないかも。

そうだけど公開されるものもある。彼らも話したいことがあるから。あなた自身も調査していたけどその人たちが戻ってくるよ。彼らは死んでいない。絶対に死んでいないし戻ってくるから話が面白くなるよ。

――音楽会の真実パート4~6みたいになるね。

きりがないよね。

そしてこれはジョン・F・ケネディ・ジュニアに話が繋がるけど彼は1999年7月16日に飛行機事故で亡くなりました。そこから「計画」(プラン)が始まりました。

ドナルド・トランプの人生をその日から追って見て行くと、(その翌日の7月17日は私の誕生日で私の妻のは7月18日ですが)事故翌日の7月17日からドナルド・トランプは米国大統領になる準備を始めたのです。

彼はジェイ・レノ司会の番組に出演して、違う、ラリー・キングの番組だった。親友だったジョン・F・ケネディ・ジュニアの死後3日後に(本当は3か月後)ドナルド・トランプはラリー・キングの番組に出て友達の人生について語りました。

トランプはJFKジュニアからもらった手紙を持って出演しました。死後3日後です(実際は3か月後の1999年10月8日収録)。

ラリー・キングは気付かなかったし誰も何も言いませんでしたが、YouTubeにインタビューがあるので見てください。手紙の日付が1999年7月19日だったのです。

JFKジュニアが死後3日後にドナルド・トランプ宛に手紙を書いたことになります。巧妙ですね。

ドナルド・トランプが言うことが一貫していないと言うなら‥大手マスコミは彼はただのオレンジ色のバカ者だと大騒ぎして、彼が間違いを犯したと言いますが、Coffee(コーヒー)の代わりにCovfefeって言っちゃった…何の意味もないよとか…

本当?Covfefeって何の意味もない?私の妻コリーンがその意味を説明しているポッドキャストを聞いてください!5Gに関係することです。

ドナルド・トランプはバカではありません。彼は5次元チェスをやっており天才的ですよ。だから彼の最初の「間違い」はJFKジュニアの死後3日後のことでした。

そしてトランプは「7月19日に彼から手紙を受け取りました」と言ったのです。JFKジュニアは16日に死亡したのにです。誰も何も言わなかった。

――郵便局で足止めくらっていたのでは?

手紙の本文に書いてある日付だよ。それが始めです。それ以来、彼は2016年を目指していたのです。

選挙はヒラリー・クリントンが勝つように完全に操作されていました。今の暮らしに文句を言っている人に言いますが彼女がもし勝っていたら、あなたは家に隠れているかFEMAキャンプに連行されてますよ。

――そして腕にワクチンを打たれていたかもしれない。

――まったくその通りですね。

選挙の夜、コリーンと私はテレビを見てトランプが勝つように祈り続けましたが、なぜだか分かりませんでした。私たちはその時トランプのことをオレンジ色のナルシストのバカでイルミナティに繋がっている人だと思っていましたから。両方悪者だけど彼の方がまだましという程度でした。

彼は「泥沼を掃除する」とは言ってました。それがスローガンでしたから。それを信じるかは別としてヒラリーには勝ってほしくなかった。そういうことがありました。

左脳で活動するカナン人たちに挑戦したケネディ家が抹消される計画がありました。カナン人とはカバールとかイルミナティと呼ばれる人たちです。フェニキア人で聖地から追い出されたカインの末裔です(創世記4章と9章)。

聖地の丘を降りて地中海岸に来たフェニキア人です。彼らはそこからヴェニスに行き、ローマにも行き、アムステルダム、ロンドンを経てワシントンDCに来たのです。

そこが管理センターでそこから全世界を所有・支配しています。ケネディが(カバールを潰す)活動を始めテッド・ケネディも活動を始めると彼の飛行機も墜落し彼以外全員が死亡しました。

だから何か手を打たないとケネディ家が抹消されると気づいたのです。

JFKジュニアは1999年7月16日に姿を消しましたがそれはその後に展開する20年計画の最初の一歩でした、というか30年計画でした。

この計画がどのように展開しているかが分かりますが、過去20年を振り返るとそれは軍隊を通して行われています。私がこれから言うことを論理的に考えてください。

Qの話に騙されるなんてこの人バカじゃないって目を白黒して、ドナルド・トランプは良い人なんてバカみたいって言う人もいるでしょうが、この間ずっとおぞましいことが行われていたのをずっと目撃していた人たちがいるのです。

たぶん5分間くらいでこれについて説明しないといけないと思います。この人たち(カバール)がやっていることは想像を絶するほど邪悪です。

英国でこれを聞いている人に言いますが、英国議会のメンバーが人身売買や幼児虐待で逮捕や起訴されたことは一度もありません。英国は幼児性愛で先頭を行き中心でもあります。

だからみんな各自が責任をもって行動しないといけない。この地獄のようなことが起こることを私たちは許容してしまったからです。

自分たちの欲を追求することで精いっぱいで住宅や車のローンとか、家族や問題やスポーツ観戦とかで忙しくてそれらに目を向けてこなかった。私たちもそうでしたから分かります。

5分間もらってなぜこのことが起こっているか説明しても良いですか?なぜ軍隊がQと関わるようになったか話してもいいですか?

――重要な話ですよね。聞いて腹を立てる人もいるかもしれませんが真実を話さないといけません。物事の全体図を見ることが必要ですから、どうぞ。

ありがとう。このことを知っていても全然嬉しくありません。コリーンも私もこれを知って涙を流しました。髪の毛をむしりたくなるような恐ろしいことですが、私が説明するのはこの悪しき出来事の全体図です。

これは一握りの家族が行っていることで彼らは私たちのことを憎んでいます。皆のことを憎んでおり自分たち自身のことも憎んでいるでしょう。

左脳の自我しかないエゴの塊のカナン人の末裔です。彼ら自身を含めてすべての人を憎んでいます。彼らは200か国以上を支配しています。そしてそれらの国々の重要な分野をすべて支配しています。

政治と政治家を支配しているだけではありません。200か国以上あるので政治家を操るのも難しいことですが、政治家だけでなく政治に関係することも全て操っているのです。裁判官やトップの弁護士、トップの公務員や裏政府です。

――彼らが言う通りに行動するようにどうやって操るのでしょうか。

ちょっと付け足しますが、政治家だけでなくスポーツ選手も音楽会のスターも。ロックスターとかもです。どの国にもスターはいますから。組織化した社会のすべての面をすべて支配しているのです。

すべての国で行っていることなので100万人くらい手下がいるわけです。主人に操られる操り人形なのです。トップの言う通りに動いている手下たちです。この手下たちは決してトップの悪事を明かさないようにします。

――どうやって彼らの獣のような行為を暴露しないようにさせるのか。

――人は必ず「これが世界中で起こっているなんてそんなことあり得ない!」と言います。あまりにも規模が大きいので皆が共犯なんて信じられないと言いずっと隠されていたなんて信じられないと言いますが、まさにそうだったのです。

どうやったかと言うと、話は第二次大戦に戻ります。第2次大戦後、中国が共産党になります。最初にトップに任命された毛沢東はあたかも霊的な指導者で、人民のことを考えているように振る舞いましたが、毛沢東はバカで力だけあるマフィアのような人でした。

スターリンもそうです。ロシアのマフィアの中で一番力を持っていた人でした。力あるマフィアのような人だったので毛沢東が選ばれ、中国共産党の象徴として位置づけられました。

これから述べる事実は否定できません。私たちは皆年齢が同じくらいですが、学校で教わったことを思い出してください。

第二次大戦後、中国は共産党国になり、最初に海岸沿いの街を開きましたね。上海とか香港とかです。そして異常なほどの人口過密を見せました。香港とか酷いですよね。

でも中国本土には誰も行けなくて、本土は閉ざされていました。本土に行くには特別許可が必要だったのです。50年代終わりから60年代初頭にかけて中国は人口過密問題を抱えていると言い始めます。

大きな問題なので対処しないといけないと言う。何億も人がいて増加の一方だと言う。だから70年代には新しい法案が可決され、それに従わないと世界中が中国人で溢れると言う。

人口過密で人が動くこともできないので法を可決するのが必須だと言い、こうして「一人っ子政策」ができるのです。

ほとんどの中国人は本土に住んでおり、農業に従事しています。人手が必要なので彼らにとっては打撃でした。5~6人子どもがいたのに一人に減るからです。

だから親たちは仕事で力になってその他にも役に立つ男の子が欲しいと思いました。だから70年代の後半に浮上してきた話では、女の子が最初に生まれたら、子供を手元に残しておくことができないので子供を黄河に流しているという噂が出て来ました。

川の流れにのせて子供を海に流していると言うのです。そうして男の子だけを育てるという。もし邪悪なカバールが人を支配しようとするとき、邪悪な行為で何百万人もの人を支配する時には、たいてい子供を利用していると思いませんか?

心無いことを言いたくありませんが子供を川に捨てるとは無駄だと思いませんか?中国の女の子の赤ちゃんを黄河に捨てるなんてもったいない。カバールとハリウッドのために他の利用法があるのに。

他の利用法があるのです。これらはすべて表向きの話で、すべては嘘だったのです。

ニューヨークタイムズ紙のレポーターが本土に行く許可をもらって目撃したから本当だとか、彼は黄河に赤ちゃんが流されているのを見たので、彼が言うなら本当だと言う。誰かがそれを否定してもハーバード大学の教授とかが「それは本当だ」と言う。(黄河に赤ん坊を流したというのは)すべて嘘です。

真実は中国は第二次世界大戦後、農業のように子供を植えて収穫するのを産業とするようになったのです。だから誰も本土には行けなかったのです。

人口過密なんてありません。空き地はいくらでもありますから。政府の公務員が小さな村に行って、子供を一人以上生んでも別に罰しないけど、一人以上育ててはいけないと言ったのです。

一人以上産んでも罰しない。むしろ政府がお金を払い、女の子など親に望まれない子供に対してお金が払われて、政府が子供を引き取ったのです。そうやって中国はこの「農業」プログラムでエリートのために赤ちゃんを植えて収穫することを産業にしたのです。

この赤ちゃんを何に利用してなぜそんなたくさんの赤ちゃんが必要かと言うと、彼らはこれを人工的な「聖油」として使っていたのです。(神と繋がるのは右脳なので)悪魔の子供で左脳でしか活動できない人たちは、創造主から受けついだ性質がないので、あなたの中に(神と繋がる)聖油はありません。

永遠の命や力や右脳を通してまっすぐで狭い道を通る神の道です。邪悪な道とは同じパワーを手に入れるために(脳内の)聖油を盗むことです。

激しく天を攻めてそれを奪い取るのです。聖書のニムロデの話までさかのぼります。(創世記10:8~10)バベルの塔を築いて天を力づくで手に入れようとした人です(創世記11:1~9)。

――最終的には若返りの泉を求めています。

この少数のフェニキア人の血族の末裔のことです。聖地から追い出された邪悪なカナン人が、自分たちを「光を持つ者」つまり「イルミナティ」と呼んで、カバールの家族になったのです。

彼らが多くの人をどのように支配するかというと、永遠の命を約束し、権力も約束する。だから彼らが紙幣を印刷しているのです。

そしてオバマにも200憶ドルとかあげて人類を売り渡すように仕向ける。オバマがどんなひどいことをしたかも詳しく言えますが、真実を知ると彼のことを引き裂きたくなるでしょう。

とにかくこれらの家族は人々のことを支配するために、モノポリーゲームのお金を印刷しており、お金の印刷のプロセスを支配するために多くの人が殺されましたが、彼らは「若返りの泉」を使って支配しているのです。

それは(脳の)松果体のことです。松果体とアドレナリンです。人がものすごい困難に直面すると、アドレナリン以上のものが生成されます。死ぬかもしれないという物凄い恐怖を体験したとき、想像を絶する拷問とかです。

――映画「モンスターズ・インク」がそれを描写しています。

信じられないくらい極悪ですが見たかったらもう一度見て下さい。子供に彼らがしていることと関係しているのでそれを知った時、吐くかもしれませんよ。

松果体は「乳と蜜が流れる約束の地」の蜜のようにパワフルな成分ですが、至福感を感じ自然にハイになります。でもアドレナリン以上のものが生成されるのです。

人が死に直面したときに聖なる分泌物が生成されますが、それは創造主がつくった奇跡的な分泌物なのです。修道院の回廊に囲まれたように脳の一番内側に秘められています。それによって超人的な知識を得ることができて、知識のかぶとをかぶるように瞬時にすべてを知ることができる。

松果体からの分泌物と副腎からのアドレナリンはハイになるだけではなく、大量のコラーゲンも入っていて、しわがなくなって皮膚も新生したように見えて目が輝き瞳が開きます。頭もはっきりして崇高な真理と繋がるような感覚がある。高い知識とか意識とかです。超人的になるのです。

それを描いた映画もありますよね。ロバート・デニーロとブラッドリー・クーパー出演の。試験的に錠剤を飲んだら超人的な知識を手に入れるという話です。彼らはアドレノクロムのことを話しており私たちをバカにしているのです。

「アドレノ」はアドレナリンで「クロム」は高い意識や神の思考と繋がることと言いますが、

――チャーリー、グーグルは私たちを馬鹿にしているのでしょうか?ブラウザを「クロム」と呼んでいるけど、それは「アドレノクロム」から来ているのかな?グーグルは悪魔的な会社なので疑問に思いますね。

――中に入れてるプロセッサは「アドレノ」という名前ですよね。

1年後に登場したプロセッサの名前は、「アドレノ」という名前だった。そしてクロムで作動するんだ。だからクロムが先にあってその1年後くらいにプロセッサが出てきた。コンピューターの脳にあたる部分です。それを「アドレノ」と名付けたのですよね。

――明らかなところにヒントを残す彼らのやり方ですね。

ポデスタとクリントンのEメールのやり取りからそのことが分かります。彼らの周りのアーティストたちがそれを描写していますが、あるアーティストの絵画は実際に起こったことを描写しています。

グロリア・ヴァンダーヒルト(CNNのニュース・キャスター、アンダーソン・クーパーの母親)の豪邸で起こったことでした。

ポデスタの家の居間にそのアーティストの絵がありますが、豪邸の中に室内プールがあり、プールの周りにロープがぶら下がっていて、このロープには輪っかがついています。

ひどい話ですが、彼らが悪魔崇拝の儀式をやるパーティではアドレノクロムを抽出しますが、彼らは子供たちをプールの端に吊るのです。

プールには水が入っていますがその時点では子供たちは水に触れていません。子供たちですよ。だから彼らは苦しみます。吊られていますから。

抽出には専門家がいるそうですが、トム・ハンクスは自分でやるそうです。でも専門家が行うのを待っている人もいる。彼らがやっていることは古代から伝わる拷問です。なるべく多くの痛みを与えます。心と体に最大の苦しみを与えます。

――子供を使うのは最もピュアだからです。体も分泌物も最もピュアだからです。それに子供を怖がらせるのは簡単だからです。

――人としてこれより最低で極悪のことはありませんよね。子供を傷つけるなんて想像できないくらい邪悪なことです。

そうやって彼らは人を支配します。だからヒラリー・クリントンは何も言わないのが分かります。彼らはこのような行為をしたことを問われるのですから。最悪な行為だし想像を絶することです。

そして子供を拷問する…先に進みます。この話をするのは本当に辛いです。でも言わないといけない。そして生きている子供の首から上の皮を剥ぐのです。こんなこと言ってごめんなさい。自分も辛い。

この子供たちがプールに吊るされてまだ生きている時、首から上の皮を剥ぐのですが、レディー・ガガが授賞式に出席したとき、彼女はそのような衣装を着ていました。

皆は衣装の意味を知りませんでしたが、皮を首から頭の方にめくられた時、子供はこのように見えるのです。彼女はその衣装を着てパーティーに行ったのですよ。

彼女の首を誰かが切らないなら私は喜んで彼女の首を切り落としますよ。彼らは刑期を宣告されたのではなく、グアンタナモ基地の刑務所に行って、一生戻ることはないでしょう。

皮を剥いで松果体にアクセスしないといけないので、松果体やたぶん脳下垂体も取り出すのでしょう。価値あるものを全部取り出すと、子供たちがぶら下がっているロープを切るのです。

子供たちがプールに落ちると水には電気が流れていて、子供たちはそこで感電してフライドフィッシュ(のように)になるのです。

だからマドンナが家で気が狂ったようになっている動画では、武漢からきたアドレノクロムが使えないことを知り、アドレノクロムが必要だけど自宅に監禁されている彼女が彼女が歌っているのはそのことなのです。「フライドフィッシュが食べたい」ってカメラの前で歌っているのです。彼女が歌っているのはそのことなのです。

人間としてなぜそんなことができるのでしょうか?人間としてなぜそんなことを考えられるのか?なぜそんな行為ができるのか?

――人が他の人間に対してそういうことができること自体信じられない。でもロックダウン期間、有名人たちは互いに暗号を送り合っていましたよね。エレン・デジェネレスもトム・ハンクスにメッセージを送っていました。

彼と妻のリタ・ウィルソンは中心人物だったみたいで、ハリウッドの中心だったみたいです。メッセージを見ると、皆リタ・ウィルソン宛のメッセージで、トム・ハンクスが口外したら彼らの子供を殺すと言っているのです。

ベン・スティラーは電気ノコギリを持ち出して「自分は電ノコの使い方を知っているぞ」と言い、ディビッド・スペードは銃で撃つ様子を見せて、皆同じことを言っています。彼らのことを話したら、お前が落ちたら自分たちも落ちる。皆一緒だと言っているのです。

――チャーリー、あなたはなぜこのような情報を知っているのですか?内部者からもらった情報ですか?このようなおぞましいことをどのようにして発見したのですか?

裏話になりますが、9か月ほど前のことです。もしかしたらもう少し前かも。これは秘密の情報ではないのであなたもそのプロセスに参加してほしいのですが、私たちは本当に自由になる方法を探していました。

米国の偽の海事法にある自分たちの登録や名前を消そうとしていました。そして自由な個人として制度に登録し直そうとしていたのです。そして制度からは独立した社会に住み、???の原則にだけ従おうと思っていました。自給自足して、人に教えて知識を他と共有して暮らそうと思っていました。

サントスとエックスも一緒にやっています。あなたも興味があるか聞こうと思っていました。この登録を助けてくれる会社があります。人が自由な個人になるためにその手続きを実際にやったことがある会社です。その登録をするとあなたの名前の元にある資金全額を要求できるのです。

あなたの出生証明がつくられた日につくられたものです。海事法の上でつくられた全て大文字の奴隷名です。それがニューヨーク証券取引所で取引されているのですよ。

だから自分は自由人であると要求できるのです。あなたが生まれると海事法の元で生まれたことになり、やつらが所有・支配する海と土地で生まれたことになり、子供の足が地につかないうちに出生証明を発行します。

それには番号がついていてあなたは所有されていることになり、それと同じ番号で(あなたの価値が)ニューヨーク証券取引所で取引されています。だからその資金にアクセスできるように手続きをしていたのです。そのプロセスを助けてくれた人が情報を教えてくれて、話を聞いたときは「そんなの絶対嘘だ」と思いました。

彼らはこれから起こることを教えてくれて、善良なグループがいて、そのグループは軍隊と関係していてこのおぞましい人たちを阻止しようとしている。おぞましい人たちはこういうことをしていて、善良なグループはその計画にはこれ以上加担しないと言い、これが実行されている計画で、このような出来事が起こると言われました。

連邦準備銀行(中央銀行)をなくすことも言っていました。ドナルド・トランプが財務省のトップになり、連邦準備銀行が財務省と合体すると言いそれは実際に起こりました。話を聞いた時は「そんなの不可能だ」と言いました。

――どのくらい前のことですか?

8、9か月前ですよ。そして彼らが行ったことを見ました。本当に巧みなやり方でした。

――最初に話を聞いた時は本当にしては話がうますぎると思ったでしょう?「実際に起こったら信じるよ」みたいな…

金融制度には手が出せないと思ったからです。彼らはその制度で私たちを支配していますから。連邦準備銀行を手放すわけがないと思ったからです。モノポリーのおもちゃのお金で私たちは支配されてるのです。彼ら自身の持っているお金はできませんよ。いくら金持ちぶってもです。(自分たちで刷った)モノポリーのお金が必要です。

だから「これは起こるべきことだし本当だと信じたいけど、話がうますぎて信じられない」と言いました。彼らが連邦準備銀行を諦めるとは思わなかったからです。でも物事が展開して、私たちはびっくりして、だから自分たちでも調査しまくったのです。

それでQを見るようになってQの投稿全部に目を通しました。理解してほしいのは、私たちはQはJFKジュニアだと思いますが、天才的です。高い意識を持った人だと思います。

海事法を使って奴らがいかに支配しているかなど彼は真実を知っているのです。彼の敵をずっと観察してきたのです。

――JFKジュニアが1999年に死を装ったのなら、彼はその間ずっと活動してこのグループと一緒にカバールを倒そうとしていたのでしょうが、他の人も疑問に思うでしょうがその間も子供たちが誘拐されて拷問されて、殺されて、アドレノクロムを抽出されていましたが、この計画がもっと早く開始していれば何千人もの子供の命が助かったのではないでしょうか?なぜこんなに時間がかかりなぜ行動を起こすのに20年以上もかかったのですか?

――良い質問です。でも皆が理解しないといけないのは、これはアメリカだけではないということです。「アメリカに神の祝福を」と言ってる人もいますが、皆繋がっています。Qの背後にある高い意識と美しさと真実は、Qが常に言っていますが誰も後に残して行かないということです。

これはNESARA(国家経済安全保障改革法)ではなくGESARA(地球経済安全保障改革法)で、全世界の問題なのです。米国だけでカバールを倒しても彼らが規模を小さくしてロンドンで活動したり、カナダでトルドー首相と一緒に活動したり、フランスに行くかもしれない。

だから(ケネディの)ボートの鐘に書いてある表現があるわけです。マストのところにある鐘に、「我々が一丸となって行くときは全員が行く」(Where we go one,we go all)とあります。

あなたもそれに参加しているわけですが、世界の人たちが苦しんでいるのに自分たちが幸せで自由になりたいとは思いません。この悪夢が続いているのです。これは地球全体で起こっている動きです。

考えてみてください。200か国以上あります。信頼できる人が揃わなければなりません。緊急事態を宣言してその中で活動する人たちです。

そして権力を国民に返すための長期的なプロセスを始める人です。これがQが話していることです。政府ではなく国民に権力を戻すことなのです。

(おわり)

タイトルとURLをコピーしました