メイウェザー大晦日の那須川天心戦のギャラ(ファイトマネー)は?

2018年大晦日のRIZIN、メイウェザーVS那須川天心のエキシビジョンマッチだが、メイウェザーはいったいいくらの報酬をもらったのだろうか。

メイウェザーといえば「マネー」というあだ名がつくほどのお金好きで金の亡者と言われている。なおさらもらった金額が気になるところだ。

どれくらいのファイトマネーをもらったのか調べてみた。

メイウェザーのRIZINのギャラは?
ファイトマネーはいくら?

メイウェザー本人のインスタグラム投稿によれば、メイウェザーは900万ドル、日本円にして約9億9000万円をもらっているように思える。

メイウェザーのインスタグラムにこのような投稿があった(ちなみにメイウェザーのインスタグラムのフォロワーは2,240万人いる)。

投稿されている文章の意味は「もし日本の東京で行われる9分のスパーリングで私が900万ドル(約9億9000万円)を稼ぐと言ったら、あなたはどうする?」とのことだ。

ということで、このインスタグラム投稿を見る限り、メイウェザーのファイトマネーは900万ドル(約9億9000万円)ということだろうと考えられる。

この投稿文では「9分のスパーリングで私が900万ドル」と書いているが、実際には1Rで那須川天心を倒しているので、3分足らずの試合で900万ドル(約9億9000万円)を稼いだということになる。

秒に換算すると?

またこの試合は秒に直すと139秒で終わっているので、日給や時給ならぬ秒給に換算すると、秒給712万円(6万5000ドル)になるという。

何とも凄まじい話だ。