松木安太郎って何者?現役時代のポジションや監督としての実績は?

松木安太郎さんは、サッカーファンならずとも日本人なら誰もが知るサッカー解説者ですよね。

この松木安太郎さん、毎度サッカーの試合が放送されるたびに現れて解説されるわけですが、特に若い世代の方は、松木安太郎っていったい何者なんだ?って思ってるかもしれません。

考えてみれば若い世代にとっては、この人が何者なのかまったく知らずに、いつの間にか解説者としてだけ認知されているわけです。

サッカーの実況をしているんだから、おそらくかつてはサッカー選手だったんだろうってことくらいは想像がつきますが、具体的にどんな活躍をされていたんでしょうか?

そこで、松木安太郎さんについて調べてみました。

松木安太郎って何者?

松木安太郎さんは 1957年11月28日生まれ。実家は、東京都中央区日本橋にある老舗のうなぎ屋「近三」(きんさん)。メディアでもたびたび取り上げられているのでご存じの方も多いかもしれません。

通っていた小学校は幼小中高一貫教育を行っている暁星(ぎょうせい)小学校。面白いのはこの小学校、全国でも珍しい男子小学校であり、しかもサッカーを奨励して授業前と放課後の練習が必須だとか。

そして松木安太郎さんはそこでサッカーに打ち込み、小学生時代のポジションはゴールキーパー。小学6年生の時には「全日本少年サッカー大会」の前身・全国サッカー少年団大会に出場したみたいです。

やはり幼少期からサッカー一直線だったんですね。ちょっと可笑しいのが、サッカーをしてたのに巨人の長嶋茂雄さんのファンだから、長嶋さんの背番号の「3」を希望し続けていたとか。

松木安太郎の現役時代

松木さんは暁星小学校から暁星中学校に進学と同時に、後の「東京ヴェルディ」の前身となった「読売サッカークラブ」(ジュニア)へ加入します。

また暁星高校の一年生の時にオランダ人監督のバルコムによってポジションをキーパーからディフェンダーに変えられます。以降、サッカー選手としてはずっとディフェンダーとして活躍することになりました。

読売クラブはこの翌年にトップチームに昇格、練習が多忙になったこともあり、松木さんは暁星高校から堀越高等学校に転校しました。この頃、芸能コースを選択し、芸能人と一緒に勉強していたとか。

高校卒業後は、暁星高校時代の恩師から勧められたこともあり日体大に進学しましたが、三年の時に退学して読売クラブの活動に専念しました。

1976年に日本サッカーリーグデビュー。1983年には主将になり、日本サッカーリーグ優勝3回(1983年、1984年、1986年)、天皇杯優勝3回(1984年、1986年、1987年)、JSLカップ優勝1回(1985年)という結果を残します。

日本代表としては、1984年5月のジャパンカップ(キリンカップサッカーの前身)で代表に初選出され、同月31日の中国戦で代表デビュー。ポジションは右サイドバック(キーパー前にいる左右のポジション)でした。松木さんは代表として12試合に出場しています。

松木安太郎の監督時代

現役引退後は読売クラブのコーチに就任しますが、1993年にJリーグ開幕直前に前任のペペ監督から引き継ぐ形で、そのままヴェルディ川崎の監督に就任します。

監督就任時の年齢は35歳という若さで、これは異例のことでした。松木本人によると、他に引き受け手がいなかったそうです。

監督就任時にはかつて自分を指導してくれたバルコムをコーチに迎え、イェーネ・ハンセン、ヘニー・マイヤーといったオランダ人を起用し、従来のブラジル型の個人技のサッカーからオランダ型の組織的サッカーへの転換を計りました。

これは古参の加藤久・都並敏史・戸塚哲也といった選手から反発を招き、さらに現役のころからの親友・ラモス瑠偉選手も松木・バルコム体制を批判するほどで、加藤久は退団、ラモス瑠偉は欠場(ストライキ)して開幕ダッシュに失敗します。

マスコミはこの対立を「内乱」としてセンセーショナルに報じて、松木さんは批判の矢面に立たされました。サントリーシリーズ(1stステージ)後半には6連勝と立て直したものの、優勝は鹿島アントラーズに譲ることになりました。

しかし不調だった主将・三浦知良の復調や、ビスマルクらのブラジル人体制に戻したことでNICOSシリーズ(2ndステージ)でチームは優勝、同様に1994年も前半戦は不調でしたが優勝することができ、1993・1994年と2年連続で優勝しました。

その後、シーズン限りで退任した後はNHKでサッカー解説者などを務めるなどしていましたが、1998年にセレッソ大阪監督に就任、チームの再建を任されましたが結果が出せずに1年で退任。2001年、東京に移転した東京ヴェルディで監督に再度なったものの、やはり成績が振るわずに半年で解任されました。

しかし松木安太郎さんの、35歳の若いJリーグ監督の優勝という記録は未だに破られていません。

松木安太郎まとめ

いかがだったでしょう?

テレビの解説だけだと「うるさいだけ」なんて言う人も中にはいますが、サッカーの現役時代には選手として日本代表で活躍し、監督としても優勝経験があるなど、実はすごい人だったんですね。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

フォローする