丸山穂高の親や出身高校は?東大卒の経済産業省官僚で松下政経塾出身

5月11日の、北方領土へのビザなし交流訪問中の「戦争発言」が問題となっている丸山穂高議員(35)ですが、今度は酩酊して「女を買いたい」などの発言を繰り返していたことで話題になっています。

ここでは丸山穂高氏の問題の発言などに簡単に触れた後、丸山穂高氏の親や経歴などについて調べたことをまとめてみました。

丸山穂高の問題発言

5月11日、北海道へのビザなし交流訪問中、「戦争でこの島を取り返すことは賛成ですか?反対ですか?」「戦争しないとどうしようもなくないですか?」などという発言が大きな問題となった丸山議員。

しかし酒に酔った上での問題発言はそれに留まりませんでした。

 24日放送の日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜・前8時)で丸山穂高衆院議員が北方領土へのビザなし交流訪問団に参加中の11日夜に宿舎で「オッパイ!オッパイ!オレは女の胸をもみたいんだ」と発言していたことを報じた。

番組では、現場にいた訪問団の関係者を取材。これまでに明らかになった「戦争発言」を行った時も「団長の補聴器をつけている耳元で大きな声でしゃべっていたので大変失礼だという認識で彼の手を取って記者の取材の邪魔にならないように引っ張り出した」と明かした。

その後、丸山氏は「オレは女を買いたいんだ」と外出しようとしたという。その後も宿舎で関係者によると「あちこちの部屋に入ろうとしてたみたい」と振り返り、制止した関係者を「手を振り回し私を叩くようなことはありました。ただの酔っ払いですよね」などと明かしていた。

引用:丸山穂高議員「オッパイ!オッパイ!」連呼も…「スッキリ」の取材で暴力行為も発覚

問題は戦争発言だけでなく、こんなこともあったんですね。

丸山穂高のプロフィール

こちらは丸山穂高議員のプロフィール。

名前:丸山穂高(まるやま ほだか)
生年月日:1984年1月10日
出身地:大阪府堺市
身長:176cm
体重:65kg
血液型:A型
特技:剣道二段
趣味:登山、温泉、座禅
好物:たこ焼、カレーライス
座右の銘 :「誠意、万策に勝る」
特徴:左利き、片耳難聴(後天性の病にて左耳が不自由に)

丸山穂高の両親、父親は?

母親に関する情報はありません。

父親に関しては、私立高校の教諭。父は普通の高校教諭で議員などではないので、穂高氏はよくいる2世3世議員ではないようです。

そして穂高氏の父親の趣味は登山で、穂高氏も父と同じく登山を趣味としています。

また穂高氏の名前は、登山が趣味だったお父さんが、長野県の北アルプスにある標高日本第3位の高峰「穂高岳(ほたかだけ)」から名前を取ったそうです。

ちなみにこの「穂高岳」、標高3,190 mで、日本百名山、新日本百名山、花の百名山といった山にも選ばれており、さらに剱岳、谷川岳とともに日本三大岩場にも数えられているとか。

そして穂高氏が一番最初に政治家を志した切っ掛けは、小学生の時に阪神大震災のボランティアに参加したことがきっかけだといいますが、そのボランティアに連れて行ったのも父親だそうです。

穂高氏は震災現場で聞いた政治や行政への不満・不信感から刺激を受け、小学校の卒業文集に「政治家になりたい」と書いたといいますから、ずいぶん早熟ですよね。

丸山穂高の学歴(高校・大学)と経歴

卒業中学は不明ですが、穂高氏の高校は西大和学園高等学校

この西大和学園高等学校は偏差値72~76の超難関校で、奈良県では偏差値78の東大寺学園高等学校(男子校)に次いで二番目に偏差値の高い高校だそうです。

この西大和学園高等学校ですが調べてみるとなかなか面白い高校で、1986年の開校当初は中堅公立高校のすべり止めのごく平凡な田舎の私立高校でした。

それどころか教室から机が放り投げられ、他校とのケンカが絶えないなど、かなり荒れていた時期もあったそうですが、創設者である田野瀬良太郎氏が奮闘した結果、現在の超進学校に生まれ変わったんだそう。

極端な例では、引きこもりの生徒が東大に合格するような奇跡を起こったんだとか。

さて、そしてそんな難関校に進学しただけあって穂高氏はそのまま東京大学に進学、学部は経済学部を卒業しました。

その東大卒業後は経済産業省に入省、といった感じで超エリートコースです。

経済産業省時代は、大臣官房総務課や原子力安全・保安院(当時)保安課企画法規係長を経て2009年に退官しています。

そして2009年に松下政経塾に入塾しています。

松下政経塾といえば、1979年にパナソニック創業者の松下幸之助さんが84歳で設立した、未来のリーダーを育てるための塾ですよね。

松下幸之助も卒業生のスキャンダルを草場の陰で嘆いていることでしょう。

ちなみに今回調べて初めて知ったんですが、松下政経塾って全寮制なんですね(意外)。

ともかくその松下政経塾を穂高氏は2012年に卒塾しています。

2012年に大阪19区から「日本維新の会」公認で立候補、最年少で初当選しました。

その後も、2014・2017ともに衆議院議員総選挙に当選、現在に至るということです。

丸山穂高の略歴

ちなみに松下政経塾にはこんな感じで穂高氏の略歴が記されてます。

1984年 大阪府生まれ
2002年 西大和学園高等学校卒業
2006年 東京大学経済学部卒業
2006年-2009年 経済産業省勤務
2009年-2012年 財団法人松下政経塾(第30期生)
2012年- 日本維新の会衆議院大阪19区支部支部長、衆議院議員当選
2014年- 衆議院議員2期目当選(財務金融委員会理事 等)
2017年- 衆議院議員3期目当選(党政調副会長 等)

引用:プロフィール

最後に

ずいぶん頭のいい人なのに、こんなことになるなんてお酒って怖いですね。

もちろんお酒のせいだけでなく、穂高氏の意志の弱さや人間的な欠点もあるんでしょうがね。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

フォローする