丸山穂高がTwitterで賞与公開「前澤さん的”税金還元”企画」宣言

国会議員の丸山穂高氏が、Twitterで賞与公開の後「前澤さん的”税金還元”企画」をすると宣言したことで話題になっています。

丸山穂高氏のツイートやその周辺のことについて調べてみました。

スポンサーリンク

丸山穂高がTwitterで賞与公開「前澤さん的”税金還元”企画」宣言

丸山穂高の賞与公開ツイート

6月30日、丸山穂高氏は次のようにツイートします。

丸山氏は約200万もの賞与を受け取ったそうです。

東国原英夫の批判

このツイートについて、7月11日にカンテレ「胸いっぱいサミット!」に出演した東国原英夫さんは、知人からの伝聞として「国会の本会議にぜんぜん出ていないらしい」として怒っていたそうです。

東国原さんは次のように発言しました。

「N国でしょ?N国って政党交付金を満額くれるの。すんごいんですよ、こいつの(収入)。収支報告全部出せって話ですよ」

「それで国会の本会議には、全然出てないらしいですから」

「友人知人に聞きました。全然出てないらしいです。プロしかしらないです。こんなことやって自分は社会貢献してるみたいな感じだけど、事実はそうですね。年間数千万もらってますから」

(引用はライブドアニュースから)

「前澤さん的”税金還元”企画」宣言

該当のツイートに紐づけるように、丸山氏は前澤さん的企画をすると宣言しました。

丸山氏の言葉を額面通り受け取るなら、10万円の給付も滞っている中で、国会議員にだけこれだけの賞与が払われるのはおかしいと考えたそうです。

まだ実際に配布したというツイートを丸山氏はしていないことから、現在は8千ものリツイートの中から渡す人を選考している途中ということなのでしょうか。

この記事は以上になります。

タイトルとURLをコピーしました