元山健組組員マリオ・ルチアーノの経歴|妻・親族について【麻生太郎と面談・ダラケ!にも出演】

アウトロー周辺の話題
この記事は約6分で読めます。

柳川竜二がYouTube動画で「ゴッドファーザーの末裔マリオ・ルチアーノ」について批判的に言及しています。

自称ゴッドファーザーの末裔と名乗るマリオルチアーノの本性。竹垣悟と井上ケイの手先で来た偽物①

このマリオ・ルチアーノとは如何なる人物なのか?

wiki・その他のインタビュー記事などを参考にまとめてみました。

スポンサーリンク

元山健組組員マリオ・ルチアーノの経歴|妻・親族について【麻生太郎と面談・ダラケ!にも出演】

マリオ・ルチアーノの経歴

ゴッドファーザー末裔が激白「マフィアと日本のヤクザ」 – ニュース24×7

マリオ・ルチアーノ(Mario Luciano)は1964年にイタリア・シシリア島のカターニャで生まれました。

5歳の時、ギリシャ人の父親と共にアメリカに渡り、ニューヨークで過ごすことになり、9歳の時から旧ルチアーノ一家(現ジェノヴェーゼ一家)に関わって悪事に手を染めるようになります。

しかし、これについてマリオは、インタビューで「自分はファミリーだったがメンバーではない」と意味の取りにくい言い回しをしており、正式な構成員ではなかった可能性があります。(参考:週プレNEWS

その後、コロンビア・メキシコ・パキスタン・香港・シンガポールなど世界各地を転々としますが、フィリピンで拳銃の密売などで生計を立てた後、23歳の時に来日します。

日本ではフィリピン時代から付き合いがあった日本の暴力団と仕事をすることになります。

当初は、宮城県仙台市に拠点を置く的屋系暴力団で住吉会の2次団体である西海家(さいかいや )総連合会系組員、次いで山口組系の三代目山健組組員になり、預かった資金を増やす仕事に従事しました。

とはいえ本人は現役の組員であった当時も、その資金運用の手法自体は違法なものではなかったとインタビューで語っています。

紆余曲折を経てヤクザを引退後、東京・茅場町に会員制プライベートレストラン・イタリア料理店の「ウ・パドリーノ」を開きます。

この「ウ・パドリーノ」はたびたび著名人が訪れるようで、後述する麻生太郎の他、漫画家の小田原ドラゴン「髭の隊長」佐藤正久といった人が訪れたことがTwitterから窺えます。

それ以外にもオリジナルブランドを立ち上げ、時計・ドレスシャツ・ネクタイ・アクセサリー・ワインなどの幅広い事業を手掛けています。

2018年に相次いで出版した『ゴッドファーザーの血』(4月 双葉社 )、『破界』(6月 徳間書店)はゴッドファーザーの末裔で元ヤクザという変わった経歴から注目を集め、一部で話題になりました。

 

親族・妻について

ラッキー・ルチアーノの遠縁

マリオ・ルチアーノは一般に「ラッキー・ルチアーノの末裔」などと呼ばれることがあります。

御存知ない方のために一応説明すると、ラッキー・ルチアーノは米国の伝説的なイタリアン・マフィアで、まだ自身の組織が弱小勢力だった当時、二大組織の抗争の狭間で難しい立ち回りを強いられた挙句、片方の組織に拉致されてしまいます。

多くの人に「生きて帰れない」と思われたのに、幸運(ラッキー)にも生還したことからそのあだ名がつけられ、後に全米のイタリア・マフィアの頂点に立って、米国のマフィア史における歴史的人物になりました。

そして本題のマリオ・ルチアーノとラッキー・ルチアーノの血縁についてですが、まずラッキー・ルチアーノ自身は子供を残していません。

さらにマリオ・ルチアーノとラッキー・ルチアーノの繋がりはかなり遠く、インタビューなどで「母方の親戚」としていますが、Amazonレビューによればマリオは「(ラッキー・ルチアーノの)母のいとこの娘の子供」だそうです。

当人も17歳まで知らなかったとしているのは、かなり遠いことから、知らずとも親戚づきあいに支障がなかったからではないでしょうか。

妻について

また妻がいるのか関心を持つ人が一部にいるようですが、書籍の出版にともなって行われたインタビュー記事内で「酒はほとんど飲まない。お酒がなくとも素敵な女性がいたらそれだけで酔っぱらってしまいます」と語っています。

イタリア・ギリシャといった一般にナンパ・女性好きの血筋であることから俄かに断定できないところですが、マフィアは妻を大事にすると語っているので、こうした箇所で妻についての言及が出ないことからもおそらく独身者なのではないでしょうか。

麻生太郎と面談

彼が一時話題になったのは、2018年2月ごろ、『FRIDAY』で彼のレストラン「ウ・パドリーノ」に麻生太郎が訪れる様子が取り上げられたからのようです。(下は会員限定の記事)

ただ推察するに、これは単に映画『ゴッドファーザー』の大ファンで、マフィアに興味・憧れのある麻生が、個人的に関心を持ってマリオ・ルチアーノのレストランに訪れただけのようです。

マリオは上のTwitterでのツイートの他、インタビューでも麻生について「本当にカッコイイ方」「上品」「マフィアのドンのようなオーラ・器の大きさを感じた」と特に隠す様子もなく語っています。

しかし、やはりマリオのその前歴が問題になるようで、同じ2018年の8月ごろにも議会関係者の案内で国会議事堂の中に入ったことで「元山口組組員でイタリアマフィア関係者が国会に入った。国会は脇が甘い」と、日本政治における不祥事の一種として取り上げられました。

ダラケ!にも出演

他に、マリオ・ルチアーノは2020年3月23日に放送された千原ジュニアが司会を務める「ダラケ!」にも、『マフィア ギャング ヤクザ ダラケ!』の回に竹垣悟チカーノKEIとともにパネラーとしてゲスト出演しています。

最初に取り上げた柳川竜二の批判は、マリオ・ルチアーノが竹垣・チカーノKEIと自分の間を取り持とうとしたことに端を発していたようで、マリオがこうした番組のイベントなどからも彼らと繋がりを持つようになったことがうかがえます。

(記事おわり)

タイトルとURLをコピーしました