マレーシアの日本兵慰霊碑に併設看板の文面とは?出典は朝日新聞社?

マレーシアのケダ州で日本総領事館とマレーシア当局によって設置された「日本の英雄を讃える記念碑」が波紋を呼んでいる。

この記念碑は第二次世界大戦中のアロールスターの橋を奪取する戦いで犠牲になった日本兵を偲ぶものだったが、マレーシアの政治団体から「侵略者を讃えるべきではない」と批判の声が上がった。

親日国として知られるマレーシアでの意外な騒動について調べた。

マレーシアの日本兵慰霊碑に併設の看板の文面とは?

特に問題になったのはこの記念碑に併設された看板の文面である。

この看板は日本語・マレーシア語・英語の3言語で書かれていた。

英語版の文面は下記のようなものである。

1941年、タイのシンゴラに上陸した約5日後の12月11日、日本の闘士たちはチャンドラとジトラ間の英印軍第5師団の第一防衛団を倒すことに成功し、アロールスターの街を征服した。

日本の次なる標的は第11師団ミュレイ・リオン少将の統治下にあったケダ川の主要な橋だった。1941年12月13日午前10時10分、歩兵第11連隊からの指示を受けた朝井肇中尉はオートバイに乗り、英印軍が橋に仕掛けた爆弾の導火線を切断するべく、橋の北部に向かった。しかし、同時に爆弾が爆発し、彼を殺した。

同じ部隊の2人の仲間、金子伍長も死亡し、中山伍長は重傷を負った。助けにやってきた仲間たちによる銃撃が続き、最終的に橋は確保された。

1942年2月15日、シンガポールが陥落し、東南アジアの大日本帝国軍・山下奉文大将は、橋を征服した歩兵第11連隊の戦士たちの固い闘志を讃えるべく、感状を授与した。彼は「朝井肇中尉と彼の仲間たちの勇気と責任感は卓越しており、比類ない。彼らの闘志を見習うべきだ」と強調した

引用:ライブドアニュース

しかしお粗末なことに「金子伍長も死亡し、中山伍長は重傷を負った」の部分は実際には逆で、中山伍長が戦死、金子伍長が重症だったらしく、この朝井肇中尉の部隊で唯一生き残ったのは金子伍長だったという。

また戦後の金子伍長の証言によれば、この時、仮死状態だったはずの中山伍長が帯剣を抜いて近づいてきたイギリス兵を刺し殺したという。

しかし一番車の金子伍長は意識を回復、見ると二番車の中山伍長がヒクヒクと動いている、白人兵が銃剣でとどめを刺そうと中山伍長を跨いだとき・・見ていた金子伍長に別の白人兵が向かってきた、瞬間銃を発射して倒し、中山伍長を見ると!仮死状態だった伍長は帯剣を無意識だろう・・抜いて跨いでいる白人兵に飛び跳ねて突き刺した、金子伍長が駆け付けた時は両方が死んでいた・・・・金子伍長がいまだに不思議に思っているのはこのときの中山伍長である 『中山の顔は半分欠けて、全身が爆破破片でシマウマのようにずたずたになっていた、即死していた中山が帯剣を抜いて飛び上がって敵を刺したのを見たが・・・あれはいまだにわからない』

引用:一式犬のブログ

看板の要約引用をした文献は?

看板の文面は朝日新聞社発行の『大東亜戦史 マレー作戦』の要約引用であるらしい。

出版は1942年なので、もし買い求めるなら古書になる。

マレー作戦―大東亜戦史 (1942年)

最後に

親日の国であるはずのマレーシアでこのようなことが話題になるのは残念なことだと思う。

マレーシアにおける退役した軍人や警察官から成る団体「National Patriots Association」(パトリオット)代表は、「彼らは侵略者だった。なぜ我々が彼らを褒めたたえなければいけないんだ? とても間違っている。(慰霊碑を)取り壊せ。彼らは英雄じゃない!」と述べている。

またマレーシア華人協会の公共サービス・苦情処理機関のマイケル・チョン氏も「母国を侵略した者を讃えることはできない。家に侵入し、略奪して女性をレイプした者を祝するようなものだ! まったく不適切だ! 人々、特に高齢者は喜ばないだろう。慰霊碑があるべきではない。取り壊すべきだ」と述べた。

もっとも、マレーシアでは華僑の勢力も強い。

疑おうと思えば、純粋なマレーシア人の意見というよりかは、華僑・華人による中国からの間接的な思想戦・情報戦の一環と疑うこともできるかもしれないが、あまり無責任に断定できないので何ともいえない。

公平に判断しようと思うなら、普段から丹念に情報収集に努めなければいけないだろう。

フォローする