半グレ前橋ブラットの実態とは?総長の黒川がナックルズに登場!画像

今年(2019年)の8月ごろ、群馬県太田市で、ヤクザの事務所に押しかけて挑発するという動画がツイッターで大きな話題になりました。(動画は下)

弘道会 栗山組vs稲川会 馬場組と半グレグループF

(当時の詳しい状況などは下の記事を参照)

群馬県の太田市で、10数人もの半グレたちが弘道会野内組の栗山組事務所に押しかけて罵倒する動画がツイッターに流れました。 またそれに関し...

しばらくすると、その動画のヤクザ事務所は、六代目山口組・弘道会・野内組・栗山組の事務所で、押しかけた者たちは半グレの「ブラット」のメンバーだったという話が出てきました。

その半グレのブラットのリーダーが、何と2019年11月号の実話ナックルズでインタビューを受けています。

ここではその記事の内容をまとめてみました。

前橋ブラットの総長・黒川の画像

栗山組と揉めた半グレは、群馬県の前橋に本拠を置く、「前橋ブラット」だということが明らかにされました。

そのリーダーは「黒川」という人物だとのことです。「仮名」などという言葉がつけられていなかったことから、おそらく本名の苗字なのだと思われます(下の名前は不明です)。

下記のナックルズ記事の左側に写っているのが、前橋ブラット総長の黒川氏です。

恰幅よく、見た感じの雰囲気では、年齢はかなり若いようです。

実際にブラットメンバーは20歳前後の者が多いようです。

ちなみに、副長は「南」という人物だとのこと。

前橋ブラットの画像

こちらが前橋ブラットのメンバーの画像で、左側に立っている、足に刺青が見える人物が副長の南氏だということです。

栗山組と揉めた半グレ・前橋ブラットの実態とは?

前橋ブラット総長の黒川は、前橋の雑居ビルの最上階にある「ブラット」の事務所で実話ナックルズのインタビューを受けて、自分たちの組織について色々と語っています。

まず、彼はナックルズ記者に対し、「わざわざ来てもらったのは、俺たちはこうして逃げも隠れもできない状況で事実を語りたいってこと」と切り出して話しだしました。

有名になった動画のために、ネット上でヤクザ側が流したであろう一方的な情報が流布されたことが不服だったようです。

「あの一件でネットや週刊誌ではああだこうだ色々書かれてるけど、全部向こうの言い分しか書いてないから来てもらったんです。あの件は自分ら身内がやられたことの大義があって行っただけ。あとネットなんかでは『ただガキがヤンチャやって街場で粋がってるだけだろ?』とか言われてるけど、自分らは前橋に拠点を構えて、何もひるむことなく堂々と半グレやってる」

引用:『実話ナックルズ』2019年11月号

総長の黒川によると、組織の歴史はまだ1年ほどで、メンバーは登録制、稼業名・本名などがまとめられた名簿が作られ、正式なメンバーは100名未満です。しかしその周囲の協力者・準構成員が100名以上いるために合わせると200人以上いるようです。

また役職も、総長・副長・本部長とヤクザのようにピラミッド上になっており、指示通達が速やかに伝えられ、時には定例会も開かれます。

「それではヤクザと変わりないのでは?」という記者の質問に、総長・黒川はこのように答えています。

「仕組みは同じだけど実態は違う。『ブラット』はヤクザはやりたくないけどワルはやりたいっていう人間の集まり」

そしてなぜヤクザをやりたくないかも理由は単純で、「このご時世、ヤクザだとすぐ捕まる」というものです。

だから自覚的に「ヤクザと堅気の中間を歩いている」とのことで、総長の黒川は「筋モンからしても堅気からしても『お前ら中途半端なんだよ』って言われるけど、その中途半端さが俺らの強み。持ってるものだってやってることだってヤクザと同じなのに、堅気ともヤクザとも付き合えて色んなシノギができる」と話しています。

また「(自分たちは)オレオレ系の詐欺集団とは違う」として、使いっ走りで仲間を見捨てることはしないというのがポリシーだと語り、体を懸けた仲間には最後までできることをしてやるといいます。

前橋ブラットの喧嘩の仕方とは?

前橋ブラットはどのように喧嘩をするのでしょうか。

それについてはこのように語っています。

「(略)一声かければこないだのカチコミの時のようにすぐ人が集まる。数は山なりだから、それだけいれば戦わずして勝つってやり方もできる。道具だって色んなとこに隠してるけど、使わないに越したことはない。そこで10年の体かかって3億の売り上げ落ちるくらいなら、戦わずして勝つのが俺らのやり方ですね」

引用:『実話ナックルズ』2019年11月号

さらに記者に「現代の『やったもの勝ち』という時勢を象徴しているようにも見える」と言われた時には、このようにも語っています。

「″やったもの勝ち”というより、″やられたもの勝ち”ともいえるのが半グレ。俺らは筋もへったくれもないからすべてを勝ちにできる。やられた場合は『やったんだからケツふけよ』、ウチから仕掛けた場合は″やったもの勝ち”」

引用:『実話ナックルズ』2019年11月号

前橋ブラットのシノギは?

ブラットのシノギについては次のように語っています。

「なんでもあり。禁止事項は一切ない。ばあちゃんに言えるかっていったら言えねえことしかやってないですよ。少額のシノギはやらない。チマチマやってたってしょうがないですから。自分らは半グレだから縄張りがないのが強み。シノギの話があれば都内にも神奈川にも行くし、変な話、海外にも行く。一つ一つがニュースになるようなシノギをかけてく。だから所帯をこんな田舎に構えてても、名前が広まるのは一瞬だった」

引用:『実話ナックルズ』2019年11月号

また前橋ブラットの総長・黒川は、大々的には言えないものの金になるのであれば他組織の内部抗争に手を貸すこともあるといいます。

前橋ブラットとヤクザとの付き合いは?

ブラットはツイッターで有名になった前出の動画でも、自分たちの組織名を「ばばぐみ(馬場組?)だよ!」と名乗っているように聞こえるシーンがあります。

ヤクザとの付き合いはどうなっているのか?

前橋ブラットのケツ持ちなどは決まっているのか?

それについて黒川は、前橋ブラットがヤクザの下部組織だという噂を否定し、このように語っています。

「それはちがう。うちの上層部がどこの組織寄りか?という話だけで傘下には入らない。『寄り』って言うのは都合よくいえば他(の組織)とも付き合いがあるってこと。義理事には行くし、いい付き合いはさせてもらっているけど、そこじゃなきゃだめっていうことはないし、『ウチとしか付き合うな』とも言われていない。つまりいざとなればお互いに切り合いっこできる都合のいい関係。自分らはシノギによって乗るか乗らないかだけなんで」

引用:『実話ナックルズ』2019年11月号

ということなので、話題になった動画の音声からブラットのケツ持ちについて話題になりましたが、親しい組織や世話になっている組織はあるものの、ブラットという組織がどこか特定の組の下部組織ということではないようです。

この記事は以上になります。