【京アニ火災】放火した犯人の男は41歳で元従業員ではない?

2019年7月18日午前10時35分ごろ、「けいおん!!」や「涼宮ハルヒの憂鬱」といった有名アニメも手掛ける「京都アニメーション」で火災が起こりました。

41歳の男がガソリンを撒いて火をつけたとして既に確保されています。

京都市のアニメ制作会社で火災

アニメ制作会社「京アニ」で火災

18日午前10時35分ごろ、京都市伏見区桃山町因幡の「京都アニメーション」の第1スタジオから火が上がり、近所の複数の人から通報がありました。

「京都アニメーション」は「京アニ」の名で知られ、「けいおん!」「涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」「響け!ユーフォニアム」などの制作で知られています。

出火時、中には70人の人がいたようです。

30台の消防車が集まって消化にあたっています。

「京アニ」の第一スタジオは3階建てで、京阪電鉄宇治線の六地蔵駅から北に約100メートルほどにある住宅街の一角にあるといいます。

放火した犯人の男は41歳で元従業員ではない?

18日午前10時半ごろ、成人の男がスタジオに入ってきて、ガソリンのような液体をまき火を付けました。この犯人の男は既に確保されて病院に搬送されているそうです。

火をつける時に「死ね」などと言ったという報道もあります。

警察は男を放火の疑いで調べています。

犯人の特徴について、現時点でこのように報じられています。

  • 年齢は41歳(免許証から)。
  • 従業員でも元従業員でもない。

また男は警官に何かに対する恨みのようなことを話し、「パクリやがって」とも言ったそうです。

死傷者は?

死者は33名、負傷者は36人とされています。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

フォローする