「グッディ」で放送の美勇士と桑名乃羅(のら)との直接対談の内容

12月28日の「直撃LIVEグッディ!」で、前日の夜に行われた桑名乃羅(くわなのら)さんと美勇士(みゅうじ)さんとの対談が放送されました。

対談は最初に美勇士さんの方からハグをして、乃羅さんを「乃羅くん」と呼ぶなど、意外にも終始和やかに行われます。

乃羅さんと美勇士さんの対談の内容

乃羅さんは42歳、美勇士さんは37歳で、もし本当に兄弟だとすれば、乃羅さんが兄で美勇士さんが弟ということになります。(また「乃羅」は仮名だそうです)

乃羅さん本人の談によると、乃羅さんは母親から聞いて、桑名正博さんが父親であることを10代の時に知ったそうです。

また美勇士さんは有名な乃羅さんの「セクシャルバイオレットNO1」を歌う動画に言及し、歌のアレンジなどを褒めました。

徐々に話しが核心に近づき、桑名正博との血のつながりの話になり、美勇士さんは「素直に見れば乃羅くんの方が父親に似てる」とまで言いました。

しかし、美勇士さんはDNA鑑定が「この話のゴール」と述べ、それが最終的な決着になるだろうという考えを示しました。

乃羅さんはそれに対して「自分でもはっきりしたいし、本当にすべてに対する誠意だと思う」と述べ、同意します。

ちなみに二人の血液型は乃羅さんはO型、美勇士さんはA型だそうです。これは本当の兄弟だとしても矛盾のない血液型です。

そしてDNA鑑定の専門家が呼ばれ、鑑定に関する説明がされ、その場で鑑定がなされました。鑑定では口の中に綿棒を入れられ、口内の細胞が採取されました。

その後、乃羅さんが急に関西弁になり、それを指摘して美勇士さんが笑うという一幕もありました。乃羅さんは一時期関西に住んでいたそうです。

口内の細胞を採取するのは、もっとも確実な調査方法であるといいます。また専門家によればDNA鑑定は、親子鑑定はほぼ100%の結果が出ますが、兄弟鑑定は80%の精度だそうです。(スタジオでの談)

鑑定結果が出るまでにはまだ1カ月弱ほど時間がかかるそうです。

最後に

対談は非常に和やかなものだったので意外に感じましたが、スタジオに登場した美勇士さんに、安藤優子アナが「直感的にどう感じたか?」と訊いたところ、美勇士さんは「嘘かなと思う。挙動が嘘をついている人特有のものかなと感じた」と述べました。

二人の会話はスタジオでも指摘されたように、終始5歳年下の美勇士さんがリードする形で行われていました。

私はそれを見て「どっちが兄貴か分からないな」と思いましたが、それは精神的に余裕のある美勇士さんと、父親と会うこともなく、特殊な家庭で育った乃羅さんとの差なのだと思います。

ワイドショーで批判されているように、乃羅さんが実際に色んなトラブルを起こしたとしても、血のつながりがあるかないかということとは関係はありません。

また美勇士さんは「これだけの騒動になったから、もう(血のつながりがなくても)兄弟みたいなもん」とまで言ったので、ずいぶん大人なのだな、と私は感心してしました。

個人的には乃羅さんが嘘をついているようには感じません。結果的に血のつながりがなかったとしても、お母さんの嘘、もしくは勘違いや思い込みであるのだと思います。

この騒動が落ち着いて、御両人が落ち着いて過ごせるようになればいいですね。

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

フォローする