【桑名正博自称息子騒動】DNA鑑定結果は「95%兄弟ではない」

ミュージシャンの桑名正博さんの息子を自称して騒動になり、DNA鑑定を受けることになった桑名乃羅さんだが、12月末に受けた桑名正博さんの実子・美勇士(みゅうじ)さんとのDNA鑑定結果が出たようだ。

鑑定結果は「95パーセント兄弟ではない」というものだったという。

12月の「グッディ!」出演

桑名乃羅さんと美勇士さんの2人は昨年12月に「グッディ!」に出演し、DNA鑑定を受けることになった。

美勇士は昨年12月28日、フジテレビ「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜後1・45)に生出演。前日27日夜、2人は東京都内の飲食店で初対面を果たした。

その様子をとらえたVTR中、美勇士は騒動の解消や血縁関係をハッキリさせるためにも「ゴールとしてDNA鑑定で決着つけるべきだと思う」と提案。乃羅氏も「潔くというか、自分もハッキリしたいし、すべてに対する誠意だと思う」と受け入れ、その場で兄弟間による鑑定を実施する場面も。鑑定を行った法科学研究センターの雨宮正欣氏が1カ月弱かかるとしていた結果が出た。

引用:スポニチアネックス

鑑定結果が「1カ月弱」という割にかなり時間がかかったという印象だが、このDNAの鑑定結果が出たようだ。

DNA鑑定結果は「95%兄弟ではない」

美勇士さんはツイッターでDNAの鑑定結果を報告している。

それによると「95%兄弟ではない」という結果が出たという。

つまり(残りの5パーセントのわずかな可能性はあるものの)ほぼ明確に血縁関係が否定されたということになる。

美勇士さんは「でもこれでこの件も完結?かと思うと、少し寂しい気もしますね💦(仕事減るなぁ笑)」というコメントもある。

桑名家には実は借金があるらしく、美勇士さんはフジテレビ「バイキング」出演時には「莫大な借金がある」と述べ、「借金を一緒に返していきましょう!」という冗談まで言っている。

だから美勇士さんは、この自称息子の騒動の話題性のために増えていた仕事が減る(収入が減る)という寂しさも合わせてつぶやいている。

最後に

美勇士さんは桑名乃羅さんと会った後の「グッディ!」出演時に、「(直感的に)おそらく違うかなと思う」「うそをついている人の挙動と感じることが多々あった」と述べている。

しかし乃羅さんは嘘をついているわけではなかったろう。

最初から嘘だと知っていればDNA鑑定を了承するはずがないからだ。

そもそもなぜ乃羅さんが「自分は桑名正博の息子」と信じていたかといえば、自分の母親からそうした話を聞いていたためだ。

だから結局、乃羅さんが「桑名正博の子供」ということは、母親の中だけの物語だったということになるのだろうか。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。