クライシスアクターと噂された宮本晴代「声出して笑った」と疑惑一蹴

政治
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

クライシスアクター(アクトレス)と噂されたTBS記者の宮本晴代(はるよ)が、その話題についてツイート、疑惑を一蹴しました。

宮本晴代が安倍元総理暗殺の事件現場に?

まず陰謀論界隈ではTBS記者の宮本晴代は、事件や災害を演出するためにカメラの前で演技する役者・クライシスアクター(アクトレス)とされていました。

そして安倍晋三暗殺の現場に彼女に似た人物がいたことで、事件に裏があると信じたい陰謀論支持者たちが一斉に食いつきます。

さらに宮本は事件後にこのようなツイートをしており、それがこの疑惑を信じたい人々に、彼女が事件現場にいたと自供したかのような印象を与えました。

「奈良にいるわけない」疑惑を一蹴

しかし、フォロワーの急増で異変を感じた彼女は、友人からその理由を聞いたようで、疑惑を一蹴しています。

だそうです。

つまり「取材」というのは、金田一少年やコナン少年のように「たまたま殺人現場に居合わせ」(て取材でき)たということではなく、安倍元総理周辺や関係各所への「取材」という意味だったようです。

アンケートを実施

この機会を利用して彼女はアンケートを実施しています。

可能な回答は以下の通り。

  1. クライシスアクターを見つけた!と本気で信じてるから
  2. 何かしら有益な情報を得られそうだから
  3. なんとなく、面白半分
  4. その他(リプライ欄にどうぞ)

ある意味では陰謀論支持者をおちょくっているようなアンケートですが、この後に及んでも現状では「クライシスアクターを見つけた!と本気で信じてるから」という回答が半分以上を占め、一番多いようです。

(おわり)

政治
スポンサーリンク
スポンサーリンク
犀の角をフォローする



犀の角
タイトルとURLをコピーしました