くら寿司が謝罪の不適切動画とは?アルバイト店員が炎上?

回転ずし大手のくらコーポレーションが謝罪した。

謝罪の理由は運営する「くら寿司」の男性アルバイトが食材の生魚をゴミ箱に捨て、それを拾うという動画がネット上にアップされていたため。

くら寿司が謝罪のニュース

回転ずし大手のくらコーポレーションは6日、運営する「くら寿司」の男性アルバイトが店内で不適切な動画を撮影し、インターネット上に投稿したとして「お客さまに大変不快で不安な思いをさせてしまい、深くおわび申し上げる」と謝罪するコメントを発表した。

動画は大阪府守口市の店舗で撮影され、アルバイト店員が食材の魚をごみ箱に捨てた後、ふざけてまな板に載せようとする姿が写っている。同社によると、問題の魚はその場で廃棄処分されており、客には提供されていないことを確認したという。

同社は「事態を重く受け止めている。従業員教育の徹底と再発防止に全力で取り組む」とコメントした。

引用:共同通信

店舗は大阪府守口市のお店

そして問題の食材は客には提供されていないということだ。

くら寿司が謝罪の不適切動画

問題の動画はこちら。

【炎上】くら寿司でゴミ箱に入れた寿司を客に提供する
捨てた魚をまな板に・・・ 仰天動画に「くら寿司」謝罪(19/02/06)

これには「すき家の方がまだマシだった」という声も上がるほど。

また問題のアルバイトも既にネット上で特定されてしまったという。

炎上必至の投稿だったという他ない。

くら寿司ホームページの謝罪文

くら寿司のホームページを覗いてみる。

くら寿司ホームページの謝罪文の日付は平成31年2月6日。

タイトルは「当社従業員による不適切な行為とお詫びについて」となっている。

くら寿司ホームページの謝罪文

個人的にはくらコーポレーションの「類似の事故が様々なチェーン店で多発しており、当社も日頃からその対応を懸命に行っておりましたが、力およばず同種の事件が起きてしまいました。本当に申し訳ございません」という言葉には誠意を感じた。

そしてこの種のことでは珍しく、最初から「当事者への対応を含め、法的に厳粛な対応を進めて参ります」と厳しい、賠償を匂わせるような文言がある。

くら寿司が謝罪の不適切動画とは?アルバイト店員が炎上?まとめ

毎度のことだが、すき家の炎上はつい最近のことである。

すき家 謝罪の理由は店員の「くびかくご」動画

本当に「昨日の今日」のような感覚だ。

それで続けてこんなことが起こってしまうのだから、もうネットリンチによる厳罰化では改善されないことは明らかだと思う。

あるいは、「炎上→ネットリンチによって当事者が自殺」のようなニュースが報道されれば、それ以後は改善されるかもしれないが、それがハッピーエンドと言えないことは間違いないだろう。

教育機関や職場の教育係は、くれぐれも若い人にはSNSの扱いを慎重にするように、徹底して教育してもらうしかない。

それが実施されるまでは、まだしばらくはこんなことが続いてしまうだろう。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

すき家の炎上店員に損害賠償はあるのか?店舗や店員も特定済み?

すき家の炎上店員の処分決定!解雇のみで損害賠償請求はなし?

フォローする