小山恵吾とコラボ共演もある楽珍が『街録ch』に出演|元コカイン中毒者でヤクザ修行も経験

アウトロー周辺の話題
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

小山恵吾と何度かコラボしている『楽珍TV・茨城放送局』の楽珍(らくちん)が『街録ch-あなたの人生、教えてください-』に出演しています。

イチゴの被り物を被って現れた楽珍、『マッドマックス』なのか、昔の不良雑誌を見せます。

赤枠で囲ってあるのが彼です。

楽珍(ヒデ)は現在は56歳。

映画『神様はバリにいる』で堤真一が演じた「アニキ」のモデルになった人物に会いに行ったことがあり、その人には「ヤスキヨ以来のパワーがある」と言われた、と。

家は左官屋のオヤジで、頭はいいが貧乏だった母と結婚、母は父に殴られてよく間に入って止めていたそうです。

家は不良のたまり場になってみんながシンナーを吸っており、シンナーを吸いながらブラックエンペラーの映画「ゴッドスピードユー」を見に行った、と。

ここで楽珍は俳優で元ブラックエンペラー総長の宇梶の名前を出していますが、宇梶は出演していません。これに出演しているのは瓜田純士の父である遠藤吉寿です。
「ゴッドスピードユー」は今なら Amazon Prime で無料で見れるようです。

楽珍自身も茨木のブラックエンペラーだったそうです。

暴走族活動のせいで通っていた矢田部高校は暴走族のせいで退学になります。

理容の学校に行って初めて尊敬できる先生と出会い、床屋になります。

アメリカに行った時に日本人と出会い感化され、日本の外人バーで働くと、そこでドラッグ・ディーラーと知り合いました。

23歳ぐらいの時、半年間、薬漬けになって売人になってしまいます。

実は相手のドラッグ・ディーラーはヤクザだったそうで、そこで茨木でヤクザ修行をすることになりますが、兄貴分に「向いていない」と言って辞めさせてもらいます。

辞めた後はスノーボードを本気でやり、その頃は鬼丸と遊んでいたそう。

鬼丸はものすごくカッコ良かった、と。

30歳ぐらいで結婚、美容室をやるようになりますが、コカインにはまってしまいます。

離婚時、10歳の娘は母の方が好きでしたが「父を放っておいたらいけない」と思って父についていくことにしたそう。

自分の影響でシャブの売人になって2度捕まった子がいて、そのことはすごく後悔してる、と。

選挙に出て落選したこともあるそうです。

楽珍のYouTubeチャンネル『楽珍TV・茨城放送局』

楽珍は自身の『楽珍TV・茨城放送局』で小山恵吾と複数回共演しています。

楽珍のYouTubeチャンネル『楽珍TV・茨城放送局』は現在登録者数1600人です。

(記事おわり)

タイトルとURLをコピーしました