神戸山口組から五代目山健組が離脱?山健組分裂の情報も?

2020年7月10日、神戸山口組から五代目山健組が離脱するかもしれないという情報が流れました。

五代目山健組は神戸山口組の中核組織で、神戸山口組の井上邦雄組長の出身母体としても知られています。

この山健組の離脱の情報について調べました。

神戸山口組から五代目山健組が離脱?

山健組の現在の組長は中田浩司氏、現在は獄中にいます。

山健組が分裂?神戸山口組から離脱?

当初、この情報は「山健組が分裂する」という形で伝わったといいます。

山健組は6月に定例会を開催、定例会では出所した幹部による挨拶と新しい直参誕生の発表などがあったといわれています。

団結を深めたかに見えた山健組ですが、それから約3週間後に「山健組が分裂する」という噂が飛び交いました。

さらにこの情報が、7月10日に「神戸山口組から五代目山健組が正式に離脱した」という内容になっていました。

健竜会が会合で離脱表明

離脱の中心とされている山健組の組織は、山健組の中でも「保守本流」とされる健竜会です。

健竜会は五代目山口組組長を務めた渡辺芳則が結成した組織で、神戸山口組の井上組長や五代目山健組の中田浩司組長も会長を務めました。

10日、健竜会は滋賀県内で開かれた会合で神戸山口組からの離脱を表明したということです。

この情報は元暴力団員の沖田臥竜氏が執筆する「R ZONE」が伝えています。

「山健組が分裂」という噂は、山健組内の有力組織である健竜会が単独で神戸山口組を離脱するなら山健組が分裂することになるために、そのような話として伝わった可能性があります。

メディアによる違い

メディアによって、この山健組の分裂・離脱情報には微妙な違いがあります。

『週刊実話』では、関係者の話として現時点での山健組の離脱を否定し、ただしいくつかの有力組織が「離脱派」として名前が挙がっているとしています。

『R ZONE』では「離脱」と伝えており、その上で関係者の話として離脱した山健組から神戸山口組に復帰する組織も出るかもしれないとしています。

この離脱の原因として『R ZONE』は、詳細は不明ですが「中田組長と神戸山口組の井上組長との間の確執」としています。

事情通のツイート

このような事情通のツイートもあります。

この記事は以上です。