韓国の動物愛護団体CAREが230匹以上の犬を殺処分 文在寅に保護犬も

韓国の動物愛護団体である「CARE」(ケア)が、保護した犬230匹以上を秘密裏に殺処分していたことが発覚しました。

「ケア」は韓国の食肉処理施設から犬を保護する運動で急先鋒に立ち、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に保護犬を贈ったことでも知られています。

韓国の動物愛護団体が230匹の犬を殺処分

この事件は内部職員の告発によって明るみになったようです。

詳しく見てみましょう。

2万3000人あまりのメンバーを擁するCAREは動物を一切殺さないという方針を掲げており、年間およそ20億ウォン(約1億9000万円)の寄付を集めている。

しかし、CAREの複数のメンバーがハンギョレ(Hankyoreh)新聞に対し、同団体のパク・ソヨン(Park So-yeon)代表が避難施設の空き不足を理由に230匹以上の犬を殺処分していたと告発。

CAREのある職員によると、殺処分された犬のうち治療の見込みがない犬は1割ほどで、多くが体格の大きさを理由に殺されたという。また、殺された犬について書類では里親に引き取られたと記載されていたという。

CAREはこれまで、さらなる保護実施のため寄付を募るとともに、犬の引き取り手がなくても殺処分はしないと公言してきた。

引用:ライブドアニュース

パク代表は声明で、2015年以降の「救出実施を求める声の高まり」によって少数の殺処分は避けられなかったと釈明しているようですが、この説明には無理があるように思えます。

今のところこの代表は辞任してはいないようですが、おそらく退任は避けられないのではないでしょうか。

ネット上の声

ネット上ではこのニュースに対して、このような感想が上がっています。

・「もう動物が犠牲になる辛いニュース見たくないよ…」

・「まじふざけんなよ、ごみが」

・「つまり 保護した 犬は動物とは思ってない ってことかな?」

・「職員が殺処分されてたら、230匹の命はこのクズらに殺されることはなかった」

・「さすがくず民族」

・「こいつらを保護する事があったら、真っ先に殺処分でいいよ。 同じ目にあって消えてなくなればいい。」

・「そもそも犬たべる文化の人たちだから食べたんじゃね?w」

・「次はただ殺したのではない、食べるためにやも無くとか言いだすんじゃ」

・「さすが韓国人金貰いたいがためのポーズに決まってる。お金も集めれて食料も集めれる。』

・「ドコゾの国では犬は食料ですよ?愛護するのは自分達だけに決まってるじゃないですか。」

・「こういうニュースが一番つらい。」

・「非難するよりも、こんな悲劇が二度と繰り返されないよう、自分に何が出来るか考えたいと思います。」

・「だって韓国人だもの。信用するのが間違い。金儲けになるなら動物の命すら使う。さすが韓国人。」

・「信じらんない!」

まとめ

多くの人が心を痛め、憤っているようですね。

韓国の犬を食べる文化に関しては、他国の文化ですからとやかく言うことができないとはいえ、犬の保護を主張する団体が実際には犬を殺していたとなると、弁解のしようがないように思えます。

自分たちの主張に反して230匹以上も殺しているのに、2億近い寄付金を集めているというのはたちが悪すぎるのではないでしょうか。

さすがに韓国国内でも強い非難の対象になっているのではないでしょうか。

内部からの告発によって事件が発覚したというのがせめてもの救いですね。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

フォローする