こんまりの心境は?ネットフリックスの番組が大ヒットで時の人に!

「こんまり」こと近藤麻理恵(こんどうまりえ)さんといえば、『人生がときめく片づけの魔法』といった著書のある整理整頓アドバイザーで「片づけコンサルタント」として知られています。

今、こんまりさんはNetflix(ネットフリックス)の番組『Tidying Up with Marie Kondo』(タイディングアップ・ウィズ・マリエ・コンドウ)の大ヒットで、アメリカでは一躍時の人だという話です。

そんな時の人となったこんまりさんの心境はどんなものなんでしょうか?

こんまりのインタビュー

Yahoo!ニュースがそんな時の人になったこんまりさんの単独インタビューを掲載しています。

【こんまりさん単独インタビュー】「本当に大切なモノを大切にする価値観を伝えたい」

その中でこんなことを語っています。

番組はこんまりさんがアドバイザーとなってクライアントの相談にのって、一緒に片づけをするという内容のようですが、収録中の忘れられないエピソードとしてこんなものを挙げています。

  1. 配信2回目のアキヤマさん宅で、旦那のロンさんは乗り気ではないようだったが、次第に奥さんのウェンディさんと協力してハイペースで片づけをするようになったこと。
  2. 撮影の中盤、あまりにスケジュールがハードだったために心労で泣き出して収録を止めてしまった時、プロデューサーのヘンドさんに「あなたは自分が思っているよりずっと強い」と言われ、ハッと悟るようなところがあった。

またこんまりさん自身が本を30冊しか持っていないことから「本は30冊しか持ってはいけない」という誤解が広まったことについて「それでも議論自体は悪くない」とした上でこのように語っています。

議論をする中で、今、自分はどの部分に反応しているのか、自分はどういう価値観を持っているのか、それを踏まえた上で自分はどう生きていきたいのかを考える機会になることは、とても素晴らしいことだと思うからです。

結果として、私がもっとも伝えたいと思っている「自分にとって本当に大切なモノを大切にする」という価値観が、少しでも多くの方に広まればいいな、と思っています。

こんまりの現在の心境は?

インタビューを読む限り、特別浮かれたりしていない感じがしますね。

こんまりさんのメソッドがアメリカでうけたのも、片づけを通して自分を見つけ直すという自己啓発的な側面が強かったからだそう。

アメリカ人は自己啓発的なものが大好きですからね。

サイ
別に皮肉じゃないよ!

そんな片づけメソッドでいつも自然と自分自身と向き合うことのできているこんまりさんだから、一躍時の人となっても、特別ふわふわせずに済んだのかも。

もちろん、100万部を超えるベストセラーになった『人生がときめく片づけの魔法』のヒットや「王様のブランチ」「ひるおび!」「中居正広の金曜日のスマたちへ」といったテレビ出演で、既に脚光を浴びたことがあるからという理由もあるでしょうけどね。

こんまりの心境は?ネットフリックスの番組が大ヒットで時の人に!まとめ

実を言うと、私はニュースを聞いて調べてみるまで、こんまりさんのこと全然知りませんでした。ネットフリックスでヒットする以前から既に、片づけに関しては第一人者だったんですね。

興味の対象によって知識って本当に偏るものだな、と思います。

既婚者で既に二人のお子さんがいるだけあって、日本に次いでアメリカで時の人となっても、変に勘違いしないような落ち着きがあってとても好感が持てますよね。

既にそうなりつつありますが、アメリカでのヒットを受けて、日本に逆輸入の形で、再度こんまりさんへの注目が高まるのではないでしょうか?

これからの「こんまり」さんの活躍にも期待です!

サイ
【これから】と「こんまり」がややこしいかもしれないから後者にだけ「カッコ」をつけたよ!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

フォローする