小嶺麗奈の関東連合の関係は?過去には山本kidやエンセン井上との繋がりも?

田口淳之介さんと小嶺麗奈さんが、5月22日に大麻使用の容疑で逮捕されました。

このことで、小嶺麗奈さんの大麻の入手ルートや過去のことも取沙汰されています。

この記事ではそういったことを調査してまとめてみました。

小嶺麗奈さんの元カレが大麻の入手ルート?

小嶺麗奈さんの大麻の入手ルートとして、六本木のサパークラブを経営していた元カレ」からだという噂があります。

サパークラブとは、男性が接客するスナックみたいなものですが、ショーなんかもあって、女性が好みそうなオシャレな雰囲気のある夜のお店です。客は男女を問いません。

そしてこの六本木にあるサパークラブの経営者は、足立直久(安達直人)さん、本名:安田直人さんだと言われています。

足立さんは六本木アウラ、六本木クラブラナイ、ラウンジエンノフォントーニ パルナスといった店のオーナーを務め、シャイニングプロダクション、マークパンサーが副社長を務めるMARC-2の社長でもあるそうです。

また芸能界のドンであるバーニングプロ周防社長、ライジングプロの平社長、エイベックス松浦社長、USEN宇野社長などにも可愛がられたそうです。

しかし小嶺さんが田口さんと付き合いだしたのが2007年といいますから、もしこのルートで大麻を入手したとすれば、別れてから10年以上も、完全には切れなかったことになります。

小嶺麗奈の関東連合の関係は?

小嶺麗奈さんの大麻入手ルートは関東連合って書いてる記事もあります。

そんなわけないでしょ。

悪いことは何でも関東連合のせいにするのはやめましょう。

関東連合じゃなければ薬物扱ってないんですか?

関東連合はリーダーの見立真一が海外に逃亡して以降、もう分解されたも同然です。

またもともと薬物の使用には厳しい(喧嘩が弱くなるとかの理由だったか)暴走族のOBグループなので、その点でも現実的ではないですね。

売る方をするとどうしても自分でもしがちになりますからね。

実際、関東連合関係で薬物で捕まった人ってあまりいないと思います。

ところで、小嶺麗奈さん、田口淳之介さんについて、関東連合との繋がりの噂で必ず出てくる写真があり、その写真は同時に「大麻パーティー」の写真だと言われることもあります。

それが本当なら、大麻パーティーの場で居合わせた関東連合と写真を撮った、ということになりますね。

この写真がそれです。

しかし必ず出てくる割には、中央で白い服を着た小嶺麗奈さん、その隣のマスクしてる田口淳之介さん以外、誰の名前も分からないんですよね。

そして、この写真が確かに関東連合のメンバーとの写真だとしても、現在関東連合は解体同然ですので、それで大麻の入手ルート云々っていうのは、適当すぎると思います。

強いて言えば、以前関東連合のメンバーを使っていて、薬の売買で稼いでいるという噂もあった川名毅のことを言ってるのかな、と思いますが、川名は関東連合メンバーからは切られて(絶縁されて)いますので、「関東連合が入手ルート」って堂々と言うのはやっぱり違和感ありますね。

川名は、工藤明男(柴田大輔)の『いびつな絆』では「K」という名前で登場しています。

小嶺麗奈と田口淳之介は山本kidと友達でエンセン井上とも繋がってる?

昔から小嶺麗奈さんは薬物関係で胡散臭いとは言われていたんですよね。

その理由の一つは、小嶺麗奈さんの交友関係を辿ると大麻疑惑のあった山本kidや大麻で捕まったエンセン井上が出てくるかららしいです。

まずネット上で「小嶺麗奈と田口淳之介は山本kidの共通の友人」という情報があって、田口淳之介と山本kidって何かピンと来ない取り合わせだな、ホントかよ、って思ってましたが、どうやら本当みたいです。

田口さんのインスタでこんな写真がありました。

この投稿をInstagramで見る

田口 淳之介さん(@junnosuke_official)がシェアした投稿

山本kidは生前、週刊現代で窪塚洋介との大麻パーティー疑惑を報じられていました。

そして山本kidさんのお姉さんの山本美憂さんの元旦那がエンセン井上さん、つまり、山本kidの義兄だったのがエンセン井上です。

あくまで「元」です。既に山本美憂さんとエンセン井上さんは離婚してますので。

ちなみに結婚生活の期間は2000年~2004年でした。

というわけで、一応、山本kidの義兄だったエンセン井上とも繋がってはいます。

しかしこれも今となってはあまり関係のない情報でしょう。

わざわざ売人でもないエンセン井上から入手する必要性がありませんもんね。

最後に

大麻については以前捕まった高樹沙耶あたりがまた喧しく吠えてますね。

大麻の実害については私もあまり信じていませんが、それにしてもこういう機会をとらえてすぐに喧しく吠えるのは醜悪だなと思います。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

フォローする