小林よしのりと古谷経衡の論争が立憲民主党のツイ消し謝罪へと発展

2018年12月12日夜、立憲民主党の公式Twitterが、以前紹介した記事が不適切だったと謝罪の上、削除した。

その経緯について調べたところ、小林よしのり氏のアイヌ論について書いた文筆家の古谷経衡氏のネット記事が発端であったらしい。

立憲民主党のツイ消し謝罪

発端となった記事は、ニュースサイト「現代ビジネス」が11月29日に配信した、文筆家の古谷経衡氏による「ネットを徘徊する怪物『差別的デマ』は、いま誰を餌食にしているのか」と題した記事である。

この記事を立憲民主党の公式Twitterが紹介、福山哲郎幹事長もリツイートしていた。しかし半月後の12月12日に削除される。

立憲民主党の公式Twitterではこのような説明が為された。

小林よしのりと古谷経衡の論争

発端の記事は既に述べたように古谷による「ネットを徘徊する怪物『差別的デマ』は、いま誰を餌食にしているのか」と題した記事であるが、それは「アイヌ特権」「沖縄デマ」「在日特権」などを取り上げたものである。

問題の中心となった箇所は「アイヌ特権」の部分にある。

東西を問わず、人間社会には「ふっと出現し、ふっと消えゆく」ブームがある。それと同じように、ネット右翼の社会にも同じような「ブーム」が存在する。本稿は、2002年に出現したネット右翼が、「呪詛の対象」として前衛に置いてきたブームの変遷を振り返るものである。

上の記事で古谷氏は、小林よしのり氏が「アイヌ特権」という有りもしないデマを作りあげた「最前衛」だったと名指しで取り上げている。

この運動の最前衛に立ったのは、漫画家の小林よしのりであった。小林は「アイヌ民族など存在しない」というトンデモな主張を繰り返し、「アイヌは北海道の先住民ではない」という妄想を漫画やブログで発表した。

ネットを徘徊する怪物「差別的デマ」は、いま誰を餌食にしているのか

この記事は、その日の内に小林よしのり氏の「ゴー宣ネット道場」で、『古谷経衡の極悪デマに激怒!』として小林よしのり氏のスタッフである時浦兼氏(愛称トッキー)によって取り上げられ、強く批判されている。

そこからその記事を紹介した立憲民主党のTwitterにも批判が飛び火、なおかつTwitter上で、時浦氏と古谷氏は延々と論争を続ける。

そしてとうとう今月の12日に、先程のような形で立憲民主党公式Twitterがツイ消しの上謝罪という流れになったようである。

問題の根本は?

小林氏の「ゴー宣ネット道場」の記事を見る限り、以前から古谷経衡氏は小林氏を批判しており、今回の小林氏批判も、その一環であったようだ。

「ゴー宣ネット道場」では、「アイヌは単一の民族ではなく、幾つかの分派・系統に分かれ、なおかつ前近代以前に既に和人とアイヌの混血はかなり進んでいた」といった主張が為されているが、こうした主張が古谷氏からはヘイト的だと解されたようだ。

私は今回たまたま調べただけで、この問題を追い続けているわけではないが、両者を見る限り、この問題に関してはやや古谷氏の分が悪いように思えた。

何か古谷氏の側に、感情的・生理的に、小林氏をどうしても許せなくなるような原因があり、それが強引な批判を次から次に誘発しているのではないかと思える。

フォローする