ケニーGが覚醒剤不法所持で逮捕|本名が古関健と報じられる

ラッパー
この記事は約2分で読めます。

2021年7月9日(金)、ラッパーで暴力団員でもある「KENNY-G(ケニーG)」が覚醒剤・大麻の不法所持で逮捕されたとの報道がありました。

さらに「コロナ陽性でライブ出演した」とも報じられています。

スポンサーリンク

ケニーGが覚醒剤・大麻の不法所持で逮捕|本名が古関健と報じられる

ケニーGが覚醒剤・大麻の不法所持で逮捕|本名が古関健と報じられる

幾つかの報道をまとめると次の通り。

  • 東京都内の自宅で覚醒剤や大麻を所持していたことで、暴力団員でもあるラッパー「ケニーG」ら男二人を逮捕した、と警視庁組織犯罪対策5課が2021年7月9日に発表。
  • 自宅にあるビリヤード台の上から発見されたのは、覚醒剤1袋およそ0.9グラムと乾燥大麻1袋およそ1.6グラムである。
  • 2人は2021年7月7日午前1時10分頃、古関容疑者(ケニーG)の自宅で、覚醒剤と乾燥大麻を所持した疑いをかけられている。
  • 自宅の同じ部屋からは、使用済みとみられる吸引用のガラスパイプや「大麻リキッド」なども押収された。
  • ケニーGは指定暴力団住吉会系組員の古関健容疑者(31)、住所は「東京都福生市福生」と報じられる。
  • 共犯として逮捕されたもう一人は、ケニーGの知人で住所職業不詳・手塚敏明容疑者(31)である。
  • ケニーG(古関健)は「いまは言えません」と容疑を否認(黙秘?)している。
  • 手塚敏明は「私のものではありません」と容疑を否認している。

ケニーGの詳しい所属について、ツイッター垢の「ビリケン」(@Hawaihimelove)は、「住吉会 十三代目幸平一家 堺組組員」としています。(事実かは不明)

住吉会系の堺組は関東連合関係者が集結している組織です。

コロナ陽性でライブ出演したとの報道

また「古関容疑者(ケニーG)は今月(2021年7月)2日に医療機関を受診して新型コロナウイルスの陽性反応が出たが、4日に神奈川県平塚市のライブハウスでライブに出演していた」とも読売新聞などで報じられています。

冗談なのか本気なのか、こんなことをつぶやく人もいましたが。

新宿アゲ番長はケニーGの大ファンで、普段から関係ツイートが多いです。

(記事おわり)

タイトルとURLをコピーしました