【時系列】ホーミーKEIと瓜田純士のYouTube紛争|両陣営の一覧

アウトロー系YouTuber
この記事は約20分で読めます。
スポンサーリンク

ここ最近、ホーミーKEIと瓜田純士のYouTube内でアウトロー系ユーチューバー紛争が注目を集めています。

さらについ昨日(2021年4月19日)には、小山恵吾(元宇田川警備隊6代目総長)と内藤裕(元KGB幹部)の直電によって、両者が瓜田と久保との間の揉め事の解決に向けたうまい落とし所を探るかのような合意をしたことで、この問題の解消への視聴者の期待感が醸成されました。

しかしながら、この問題では、多くのアウトロー系ユーチューバーが自陣営・相手陣営に分かれて複雑な様相を呈しており、突然この問題に注目した人にはよく分からない部分があると思います。

そこでこの記事ではそうした人に向けて、時系列順に整理しすることで、誰がこの問題に絡んでいるのか、誰がホーミーKEI陣営で誰が瓜田純士陣営なのか、もう一度分かりやすく提示して、読者のお役に立つことを試みました。

ただし私自身もこの問題のすべてを知るわけではなく、ある程度記憶に基づいて書くので、記憶違いがあったり、何か見落としていたり、順序を間違えている部分があるかもしれません。

その点はどうかご容赦ください。

スポンサーリンク
  1. 【時系列】ホーミーKEIと瓜田純士のYouTube紛争|両陣営の一覧
    1. ホーミーKEIと瓜田純士のYouTube紛争|両陣営の一覧
      1. 瓜田純士陣営
      2. ホーミーKEI陣営
      3. 全体的な分布
    2. 【時系列】ホーミーKEIと瓜田純士のYouTube紛争
      1. 柳川竜二と瓜田純士が繋がる
      2. ホーミーKEIと久保広海が関係を深める
      3. 瓜田純士と久保広海・内藤裕の繋がり→決裂へ
      4. 瓜田純士が長期間に渡って監視等の嫌がらせを受ける
      5. 瓜田純士がホーミーKEIを「海外のムショ帰りのオッサン」と呼ぶ
      6. 久保広海が瓜田を脅迫、ホーミーKEIは瓜田を探す
      7. 瓜田が久保広海の電話を着信拒否する
      8. 久保広海による瓜田の土下座写真のSNSアップ
      9. 瓜田夫人の麗子が被害についてほのめかす
      10. 瓜田純士が被害届を出す→久保広海が逮捕される
      11. 瓜田純士が「ストーカー被害」について動画で話す
      12. 小山恵吾が「瓜田を助ける」と宣言
      13. ホーミーKEIが瓜田を「被害妄想」と呼ぶ
      14. 油山真也が「瓜田の一言が原因だ」とする動画をアップ
      15. 瓜田夫婦のTwitterが脅迫についてツイート
      16. 瓜田が久保広海・ホーミーKEIらの脅迫の証拠を動画にアップ
      17. 油山真也が再度の反論動画
      18. 瓜田「人間関係テレパってます」
      19. 久保広海の罰金をホーミーKEIが支払い、久保は復帰する
      20. ホーミーKEIが油山真也の友情への深謝を表現する
      21. 柳川竜二がホーミーKEI暴露動画を出し始める
      22. 瓜田純士と小山恵吾が直電で話す
      23. 久保広海が「瓜田のスパーリングを受ける」と強い口調で言及
      24. 内藤裕がホーミーKEIや久保広海の動画で瓜田の醜態を暴露
      25. 小山恵吾「久保氏のスパーリング宣言動画はアウト。示談した方がいい」
      26. 小山恵吾と内藤裕が直電をする
    3. こんな記事も

【時系列】ホーミーKEIと瓜田純士のYouTube紛争|両陣営の一覧

ホーミーKEIと瓜田純士のYouTube紛争|両陣営の一覧

まずここから瓜田純士陣営、ホーミーKEI陣営に分けて、

  1. アウトロー系ユーチューバーの名前
  2. 分かりやすい前歴などの肩書
  3. チャンネル名
  4. チャンネルの登録者数()内

を簡単に記載していきます。(時系列はその後に提示します)

分かりやすいように、登録者数の規模に応じて10万以上は赤それ未満で1万以上は青1万以下は黄色でマーカーを引きます。

また一部「あろちゃんねる」「250番」など、私が名前を知らない人物はチャンネル名で表記します。

瓜田純士陣営

  • 瓜田純士(アウトローのカリスマ)瓜田夫婦(17.8万人)
  • 小山恵吾(宇田川警備隊6代目総長)KEIGO COYAMA(2.98万人)
  • 柳川竜二(少年ヤクザ金政会を率いた元組長)柳川竜二(5680人)
  • 250番(元暴走族)250番(8690人)
  • あろちゃんねる(元不良)あろちゃんねる(3020人)
  • 『REI TUBE』レイチューブ(元ホスト?)『REI TUBE』レイチューブ(875人)

ホーミーKEI陣営

  • ホーミーKEI(元ヤクザ・アメリカ刑務所受刑者)KEI family(24万人)
  • 油山真也(九州の元暴力団組長)ゆやまチャンネル(11.6万人)
  • 久保広海(所沢のタイソン)タイソンチャンネル( 2.61万人)
  • 内藤裕(KGB元幹部)現在はチャンネル無し(~~)

全体的な分布

こうした全体像を見るとおおむね、視聴者サイドに近い発展途上のアウトローYouTuberは瓜田寄りが多く、ホーミーKEIが交渉術や政治力で味方につけた中堅のアウトローYouTuberはホーミー陣営に多いことが分かります。

【時系列】ホーミーKEIと瓜田純士のYouTube紛争

ここから昔にさかのぼって、ホーミーKEIと瓜田純士のYouTube紛争を時系列でまとめていきます(ただし大勢に影響を与えていない「あろちゃんねる」や「250番」ら発展途上YouTuberの動きはここでは割愛します)。

また細かい時系列も正確には分からないので、曖昧な部分については予測・推測に基づいて、「こうすれば流れが分かりやすい」と恣意的に設定している部分もあることをあらかじめ断っておきます。

柳川竜二と瓜田純士が繋がる

これはホーミーKEIと久保広海の繋がりとどちらが先か分かりませんが、まず瓜田と柳川竜二が関係を深めます。

瓜田の父は在日コリアンのハーフであり、そのために瓜田は4分の1のコリアンであり、なおかつ柳川竜二(本名:金)もコリアンであることから、2人はその繋がります。

それは瓜田が柳川を「アボジ(お父さん)」と呼ぶほどでした。

今回の騒動が持ち上がった時、深い事情は明らかでないものの柳川は突然ホーミーKEIを攻撃し出し、この問題の台風の目となります。

柳川のYouTube動画のコメント欄には瓜田と柳川が直接やり取りするような様子も見られ、そこで瓜田は「竜二さん」と呼びかけたことに対して、柳川は「昔のように『アボジ』と呼んでほしい」といった風な返答も見られました。

ホーミーKEIと久保広海が関係を深める

一方、ホーミーKEIはその関係のNPOを運営していることもあり、不良少年や問題のある家庭の相談に乗るという機会が多いようで、おそらくその過程で知り合ったらしき所沢のタイソン(久保広海)とは長い付き合いがあったそうです。

久保は昔から直情的で短気なところがあり、ホーミーKEIは「我慢」という言葉を繰り返し久保に教えることで、そのような傾向を是正したそうです。

こうして二人は深い繋がりを持つようになり、ホーミーKEIがプロデュースして開設された初期の久保広海のYouTube動画では、「好きなユーチューバーは?」という質問にしばらく誰も思い浮かばなかった久保が、唯一「ケイさん」と名前を挙げたほどの関係を築きます(04:14ごろ~)。

このホーミーKEIと久保の繋がりについては、ホーミーKEIが、自分を含む数人を対象とした被害届を出した瓜田を「被害妄想」と呼んだことで問題になったKEI familyの動画「緊急速報 真実を語ります」(2021/03/04)で話しています。

瓜田純士と久保広海・内藤裕の繋がり→決裂へ

瓜田純士は「アウトローのカリスマ」として知名度を上げ、ブロガーとして活躍します。

その当時、久保広海は自ら応募して瓜田純士のオフ会に参加、瓜田の舎弟格になりました。

しかし、瓜田は関東連合のメンバーを実名でブログに記載する、テレビに関東連の事情に詳しい人間として出演するなど、あまり彼らがよく思わない行動を取ったことから、石元太一をはじめとする関東連合メンバーに狙われてトラブルになります。

この間に起こったことについては両者が言い分が食い違っているものの、瓜田はたびたび久保を深く失望させるような行動を取ったために、両者の関係は決定的に悪化してしまいます。

ついには落とし前として「SNS等で拡散しない」という約束のもとで、久保に自分(瓜田)の土下座写真を撮らせることで終わらせます。

このことは瓜田が瓜田夫妻の動画『[ストー力ー]何年も俺に付きまとう負け犬達へ』で話しています。

また瓜田が自分を利用した松嶋クロスを攻撃したことで関東連合との仲が決定的に悪化した際には、柳川竜二が瓜田を大阪に逃がしたそうですが、これについては割愛します。

加えて瓜田は関東連合の石元らと対立後、引退宣言をして引退試合をKGB内藤裕と行ったことが切っ掛けとして内藤と仲良くなり、一時期瓜田は相当内藤に心酔していた様子です。

しかし久保と同じく瓜田と内藤も徐々に関係が薄れる方向に行き、決定的に関係が悪化したわけではないものの、最終的には瓜田から「真面目に生きたいので縁を切ってください」と内藤にメールが来て縁を切ったそうです。

これは内藤が小山恵吾と動画「4/18 あのKGB内藤裕くんから電話を貰いました❗️瓜田くん、タイソンくんの話。  おやすみなさいの時間です。」内で話しています。

瓜田純士が長期間に渡って監視等の嫌がらせを受ける

しかし久保は落とし前をつけたものの、これだけでは瓜田に対して抱いた深い恨みが解消しなかったらしく、長期間に渡ってSNSでの監視、たびたび何らかのクレームに近いようなことをされていたそうです。

これについては名前が伏せられているせいもあって不明瞭な部分があるものの、そうしたことについては瓜田が瓜田夫妻の動画『俺が被害妄想?詫び入れろ?話をすり替えられてる件について軽く触れました』で話しています。

瓜田純士がホーミーKEIを「海外のムショ帰りのオッサン」と呼ぶ

ここからは比較的最近の話になります。

去年(2020年)、瓜田純士が自分のチャンネル「瓜田夫妻」の動画内(2020/09/22)で、いつもの「自分を大きく見せる見栄っ張りな瓜田」というボケの一環で、ホーミーKEIのことを「海外のムショ帰りのオッサン」と呼びます。

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

これが「ゆやまチャンネル」の油山真也、久保広海などによってホーミーKEI陣営のアウトロー系ユーチューバーは「そもそもの問題の発端だ」とされます。

このことは特に油山真也がホーミーKEIを擁護するためにアップした「ゆやまチャンネル」の動画、「久保氏と瓜田氏の件の発端【元暴力団組長YouTuber】」で話しています。

久保広海が瓜田を脅迫、ホーミーKEIは瓜田を探す

誰が最初にホーミーKEIに伝えたか、それともホーミーKEI自身が自分で見たか定かではありませんが、おそらく瓜田がホーミーKEIを「海外のムショ帰りのオッサン」と呼んだことについて、脅迫します。

ホーミーKEIのLINEでは、ホーミーKEIが「(瓜田の)頭をカチ割る」などと発言、これを久保が瓜田に伝え、直接出てきて話すよう促します。

これは瓜田夫妻の動画「俺が被害妄想?詫び入れろ?話をすり替えられてる件について軽く触れました」で説明されています。

瓜田が久保広海の電話を着信拒否する

このようなプレッシャーに負けたのか、それともそれ以前からそうだったか分かりませんが、瓜田は久保広海の電話を着拒(着信拒否)します。

これが久保によって瓜田の土下座写真をSNSにアップする切っ掛けになったと、KGBの内藤裕は小山恵吾との電話で話しています(動画「4/18 あのKGB内藤裕くんから電話を貰いました❗️瓜田くん、タイソンくんの話。  おやすみなさいの時間です。」)。

久保広海による瓜田の土下座写真のSNSアップ

久保広海が(瓜田によれば)「ネットに出さない」という約束のもとで取らせた瓜田の「土下座写真」をSNS(インスタ?)にアップします。

これについては瓜田夫妻の動画『[ストー力ー]何年も俺に付きまとう負け犬達へ』などで説明されています。

瓜田夫人の麗子が被害についてほのめかす

瓜田夫婦のTwitterで麗子夫人が被害についてほのめかすような言及をします(2021/02/9~10)。

瓜田純士が被害届を出す→久保広海が逮捕される

「土下座写真」に気づいた瓜田ファン(もしくはアンチ?)が瓜田に報告したらしく、最終的に瓜田は被害届を提出します。

これにはKGB内藤裕によれば、対象はホーミーKEI・内藤裕・久保広海の三者が含まれていたようで、このことは小山恵吾と内藤裕が直接電話して話した動画「4/18 あのKGB内藤裕くんから電話を貰いました❗️瓜田くん、タイソンくんの話。  おやすみなさいの時間です。」の中で、内藤裕が話しています。

そして被害届を出された複数の者の中で唯一、悪質だと認められて久保広海は逮捕されます。

瓜田は瓜田夫妻で、その間の詳しい事情を視聴者に説明するため、先述した動画『[ストー力ー]何年も俺に付きまとう負け犬達へ』を挙げます。

これによってホーミーKEI・久保広海らは瓜田ファンを中心とした視聴者に嫌われる原因となり、この問題で初めて、低評価の増加・コメント欄での批判などで攻撃されるようになります。

ところで、おそらくホーミーKEIらのチャンネルでは批判的なコメントは削除される傾向があるようで、炎上の度合いは低評価の増加によってしか確認しづらくなっています。

瓜田純士が「ストーカー被害」について動画で話す

続けて麗子夫人のTwitterが投稿されます。

上のツイートと同日、瓜田が動画で「[ストー力ー]何年も俺に付きまとう負け犬達へ」について話します(2021/02/10)。

小山恵吾が「瓜田を助ける」と宣言

第三者で瓜田と面識のない小山恵吾(宇田川警備隊6代目総長)が「瓜◯純士くんを助けます❗️ お節介の小山恵吾の巻‼️」(2021/02/11)という動画を出し、瓜田を助ける宣言をします。

小山はそれ以前から、「テレパシーで○○の気持ちや状況が分かった」と表現するなど、非常に独特なキャラクターで知られていました。

小山は「出さないという約束でSNSに出したのは仁義に反する」として、カタギに対しヤクザ的な詰め方をしたことをキャラに似合わぬまっとうな正論を用いて批判します。

ただ基本的には小山のことは瓜田・ホーミーKEI両者とも言及せず、具体的な変化をもたらした気配はありませんでした。

それでもホーミーKEI・久保・瓜田らは滅多に騒動に言及する動画を挙げないものの、これ以降も小山恵吾は数としては多くの関連動画をアップしています。

ホーミーKEIが瓜田を「被害妄想」と呼ぶ

ホーミーKEIが自分の動画「緊急速報 真実を語ります」(2021/03/04)を出し、その中で、自分を含む数人を対象として被害届を出したのを「被害妄想」と呼びます。

しかしその後、これを切っ掛けの一つとして瓜田は、再度反論の動画を出してホーミーKEIの脅迫に関する重要な証拠をアップ、視聴者世論を味方につけてホーミーKEIらが窮地に追い込まれる原因を作ります。

油山真也が「瓜田の一言が原因だ」とする動画をアップ

ホーミーKEIが前述の動画を出した翌日(2021/03/05)、それに呼応するように油山真也が動画「久保氏と瓜田氏の件の発端【元暴力団組長YouTuber】」を挙げます。

これはホーミーKEIサイドの最大の大義として、瓜田が動画内でホーミーKEIを「海外のムショ帰りのオッサン」と呼んだことが問題の発端だとしたものです。

一方で油山は、「ホーミーKEIさんに聞いたら『私は気にしない』と答えた。しかし周囲の彼を慕う者は納得しない」として、ややヤクザ臭が強すぎる論理を展開しつつも、巧みにホーミーKEIをかばう形でホーミーKEI側の大義を立てました。

そして油山は「瓜田夫婦」動画の該当の発言箇所の時間数まで指摘して、これをかなり丁寧に説明したものの、瓜田の言葉を多少盛ったことや瓜田の被った被害に釣り合わなかったために、一部の根強い油山ファンやホーミーKEIファンを除けば、余計に瓜田サイドが正しいという視聴者世論を固めることになります。

瓜田夫婦のTwitterが脅迫についてツイート

翌日(2021/03/06)、瓜田夫婦のTwitterがツイートします。

瓜田が久保広海・ホーミーKEIらの脅迫の証拠を動画にアップ

その翌日に瓜田は反論動画「俺が被害妄想?詫び入れろ?話をすり替えられてる件について軽く触れました」(2021/03/07)をアップします。

この中では久保が瓜田に送ったホーミーKEIとのLINEや、別の関係者からもたらされたと思しき、ホーミーKEIと誰かとのやり取りで瓜田を探しているような文言が見え、視聴者の大部分が瓜田サイドを完全に被害者として認識します。

瓜田夫婦はTwitterでも動画内のものと同じ証拠を挙げて証拠固めをし、さらに『新宿租界』のZ李がツイートしている「久保広海は調べて出た出し子の名前で覚えてる」とするツイートをリツイートしています。

動画では他に、ホーミーKEIと仲がいいだけで第三者だったはずの油山真也がホーミーKEIをフォローするためにしゃしゃり出てきたことも瓜田は批判、「もう俺に関わるな」と強く主張します。

またこの動画の中で瓜田は「公正な裁判か、もしくは公正なルールに基づくスパーリングなら受ける」としており、この言葉を曲解した久保広海の女性マネージャーから久保に伝えられることになります。

いずれにせよ、この動画によってあらためて視聴者の大多数はほぼ完全に、ホーミーKEI・久保広海・油山真也らが悪いという空気になります。

加えてホーミーKEI自身がやんわりした口調で反論したのに対し、油山は三者の中では早い段階ではっきりとホーミーKEIサイドの立場・大義を主張したため、特に炎上することになります。

油山真也が再度の反論動画

これを受けて油山真也は再度、反論動画「真実を捻じ曲げた黒幕」(2021/03/09)を出します。

これは瓜田が暴露したホーミーKEIのLINEの文言「頭をカチ割る」を、直情的な久保がそうでも言っておかないと先走る危険性があったためだとして、久保の性質を考慮した上でのホーミーKEIの配慮だったとすることで鎮火を狙ったものでした。

しかしこれでもほとんどの視聴者は納得せず、それどころか、なおさら油山の炎上が加速して今に至ります。

瓜田「人間関係テレパってます」

瓜田が明らかに小山恵吾を意識した「人間関係テレパってます」という動画(2021/03/11)を挙げます。

小山恵吾をからかっているようですが、瓜田なりに自分を助けようとしてくれた小山に感謝しているようにも受け取れます。

久保広海の罰金をホーミーKEIが支払い、久保は復帰する

逮捕された久保広海でしたが、ホーミーKEIが罰金を払ったらしく、かなり早期に復帰します。

これによって現在まで続く、久保のYouTubeチャンネルが始動することになります。

ホーミーKEIが罰金の60万を払ったという話は、内藤裕が小山恵吾と話した先述の「4/18 あのKGB内藤裕くんから電話を貰いました❗️瓜田くん、タイソンくんの話。  おやすみなさいの時間です。」の中で話しています。

久保の「タイソンチャンネル」の最初の動画は2021/03/13に出されたもので、ほぼホーミーKEIのYouTubeチャンネル動画の形式を借用したもので、両者の深い関係がうかがえます。

ホーミーKEIが油山真也の友情への深謝を表現する

ホーミーKEIが「心と志の繋がり 油山真也」(2021/03/24)という動画をアップ、あえてホーミーKEI陣営の言い分をはっきりと主張し、矢面に立ってくれたことへの感謝を表現します。

これはやや穿った言い方をすれば、ホーミーKEIがこの紛争における「論功行賞」として油山に与えたものとも取れます。

そこまでは言いすぎかもしれませんが、騒動の中心はホーミーKEIであるにも関わらず、事実として、油山がホーミーKEIをかばうような言い方をしたこともあり、油山の動画はホーミーKEI・久保・油山の主要登場人物の中ではもっとも炎上しています。

柳川竜二がホーミーKEI暴露動画を出し始める

80年代の原宿~新宿で有名だった元ヤクザの柳川竜二が、初めてのホーミーKEI暴露動画「柳川竜二You Tubeチャンネル❗ フェイク井上ケイ、コト小峰圭介の、真実を語る!瓜田純士の素顔。(1)」を出します(2021/03/25)。

内容は当時名が売れていた柳川が、「井上ケイなんて聞いたことない」として、ホーミーKEIが自分を大きく見せるためにした所業を暴露、さらにホーミーKEI(井上ケイ)の本名である「小峰圭介」を出します。

ホーミーKEIは、極東会系の組長だった吉村光男について書いた山平重樹の著書内で、「小峰某」と名前を出され、「私は小峰某(=小峰圭介=ホーミーKEI)にFBIに売られた」と書かれていたこともあり、痛烈な暴露になります。

これは直接「瓜田を攻撃するな」と主張していなかったものの、ちょうど瓜田とホーミーKEI・久保らが揉めている最中だったこともあって、間接的に瓜田を援護するような形になります。

これ以降も柳川は複数の井上ケイ攻撃の動画を挙げており、瓜田は小山を相手にしないものの、柳川にはYouTubeコメント欄で「ご無沙汰しています」といった挨拶をしています。

瓜田純士と小山恵吾が直電で話す

小山恵吾のYouTubeチャンネル動画で瓜田純士が電話を掛けてきて、瓜田は小山恵吾に「応援していると言われて嬉しかった」と感謝の念を伝えます。

久保広海が「瓜田のスパーリングを受ける」と強い口調で言及

久保広海の女性マネージャーが久保に「瓜田が動画の中で『スパーリングならやる』と言っていた」と伝えたらしく、久保が該当の動画を見ないうちに自分のチャンネル動画内で、そのスパーリングを「素手・頭突き肘あり・時間無制限」といった条件でやるといいます(2021/04/16)。

久保が該当の瓜田の言葉を曲解しているのは明らかで、これは久保の悪手と見なされ、この動画によって久保以上に久保のマネージャーが激しくバッシングされることになります。

さらに既に罰金刑を受けているにも関わらず瓜田について言及したことを、小山恵吾などに問題視され、「瓜田君は絶対に被害届を出す。弁護士を連れて示談した方がいい」と主張されることになります。

内藤裕がホーミーKEIや久保広海の動画で瓜田の醜態を暴露

かつて瓜田の兄貴分だった内藤裕が、ホーミーKEI(2021/04/11)・久保広海(2021/04/17)らの動画に出演し始め、瓜田のかつての醜態を披露します。

瓜田とは向こうからの申し出で縁を切ったそうで、かつての瓜田が関東連から逃げ回っていた話などをし、どちらかといえばホーミーKEI寄りの立ち位置であることを示しますが、一方で内藤はたびたび「瓜田は嫌いじゃない」と話しています。

小山恵吾「久保氏のスパーリング宣言動画はアウト。示談した方がいい」

小山恵吾が久保のスパーリング宣言動画は、罰金刑を受けた者であることを考慮すると一線を越えており、(被害届を出されたら)アウトだとします(2021/04/18)。

小山恵吾と内藤裕が直電をする

小山恵吾と内藤裕が、小山恵吾のチャンネル動画内で直電で話します(2021/04/18)。

最終的に、小山と内藤はホーミーKEI・久保・瓜田の揉め事にうまい落としどころを探すようなことを話して電話を切っています。

これは瓜田サイドの小山・ホーミーKEI寄りの内藤と、今回の件では陣営が分かれる両者が歩み寄った初めての例で、小山ファンを中心とした視聴者に、もしかしたら局面が打開するかもしれないという期待感が醸成されました。

(ここまでが記事執筆の2021年4月20日までの出来事です)

タイトルとURLをコピーしました