川崎市登戸の通り魔事件の犯人は川崎市麻生区に住む51歳の男?

川崎市登戸のカリタス小学校に向かうスクールバスを待つバス停で、無差別殺傷事件があり、19人の怪我人が出て、女子児童一人と犯人の男が死亡するという事件が起きました。

※新たに被害者男性一人の死亡が確認されたという情報がありました。

現時点で分かっている犯人に関する情報をまとめました。

川崎市登戸の通り魔事件

 28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の路上で人が刺されたと119番通報があった。

神奈川県警によると、小学生女児13人と大人3人の計16人が負傷。このうち女児1人が死亡し、30代の男性1人が心肺停止、女性3人が重傷。区内の私立カリタス小学校に通う児童が通学のバスを待っていたところ、両手に刃物を持った男が次々に襲ったとみられる。

県警は刺したとみられる男の身柄を確保。40~50代くらいで、自分の首付近を刺して意識不明となっていたが、その後に死亡が確認された。現場からは包丁のような刃物2本が見つかっており、県警は事件に使われた可能性もあるとみて調べるとともに、男の身元の特定を急ぐ。

川崎市消防局は、けが人は19人としている。襲撃された人たちの傷は頭や肩など上半身に集中しているという。

引用:小学生女児ら刺され16人負傷 1人死亡、1人心肺停止 身柄確保の男は死亡

犯人の情報

以下は現在の報道で出ている犯人に対する情報です。

  • 上下黒い服を着ていた。
  • 子供の悲鳴が聞こえ、気付いたら男がいた(スクールバス運転手の話)
  • 両手に新品の刺身包丁を持っていた(スクールバス運転手の話)
  • 40~50代の男
  • 「ぶっ殺してやる」などと叫んでいた。
  • 事件後、自分の首を刺し、死亡が確認された。

犯人は麻生区に住む51歳の男?

真偽は不明ですが、新たに犯人についてこのような情報が出ました。

このツイートによると、犯人は川崎市麻生区在住の51歳の男だとのこと。

麻生区

麻生区は事件があった多摩区の隣にある区です。

犯人は何らかの理由からカリタス小学校を狙った?

この情報が本当ならば、麻生区にもいくつか小学校はあることから、犯人は何かしらの理由からわざわざ隣の多摩区のカリタス小学校に通う児童を狙ったという可能性があります。

カリタス小学校は、児童総数646名中、男子69名 女子577名という女子児童が多数の学校で、なおかつキリスト教のカトリック教育を施す学校です。

以上です。

フォローする