加藤浩治(神戸山口組系組員)の顔画像 詐欺グループ脱退希望者に因縁

神戸山口組系組員の加藤浩治が、詐欺グループから脱退しようとした者に因縁をつけ、150万円を脅し取った容疑で逮捕された。

このニュースについて調査した。

加藤浩治(神戸山口組系組員)が150万円を恐喝

 特殊詐欺グループを抜けようとした受け子役の男性メンバーに因縁を付け、現金150万円を脅し取ったとして、愛知県警捜査2課などは31日までに、恐喝容疑で同県豊田市美里、指定暴力団神戸山口組系組員の加藤浩治容疑者(35)ら男3人を逮捕、送検した。

逮捕容疑は昨年11月24日、名古屋市中村区でグループを脱退する補填として「お金が払われなければ、仲間もやくざに殺される」などと男性(23)に言い、消費者金融から借り入れさせた150万円を脅し取った疑い。

県警によると、男性メンバーは今年に入り、4回にわたり詐欺容疑などで逮捕され、一部が起訴されていた。捜査の過程で加藤容疑者らの恐喝容疑が浮上したとしている。

引用:詐欺グループ脱退で恐喝 容疑の3人逮捕、愛知県警

ポイントを整理すると、

  • 神戸山口組系組員・加藤浩治(35)ら3人が逮捕された。
  • 被害者は23歳男性で、詐欺グループから脱退しようとした。
  • 脱退する補填として150万円を消費者金融から借り入れさせた。
  • 被害者男性は今年4回にわたり逮捕されている。

ということになる。

また他のニュースでは被害者男性について、

 警察によりますと被害者の男は他人名義のキャッシュカードで現金150万円を引き出したとしてすでに逮捕・起訴されていて、この捜査の過程で事件が発覚しました。

引用:“受け子”が被害に…特殊詐欺やめようとした23歳男 150万円脅し取られたか 組員ら3人逮捕

としている。

被害者は4回も逮捕されているというので、「神戸山口組関係者の23歳男性が詐欺で逮捕」というニュースがあるか調べてみたが、他の組織は見つかったが神戸山口組の詐欺のニュースは見つからなかった。

おそらく日々、色んな人間が特殊詐欺で逮捕されているので、到底すべては報じ切れないのだろう。

加藤浩治の所属ヤクザ組織は?

加藤浩治の所属組織は神戸山口組系の組織とされている。

神戸山口組は本部が兵庫県神戸市にあるのをはじめ、所属ヤクザ組織が兵庫県と大阪府に集中している。

しかし逮捕されたのが「愛知県警」で、加藤容疑者の住所が「愛知県豊田市美里」だと報じられているので、愛知県に所在する組織である可能性が大きい。

愛知県に所在する神戸山口組系の組織には、五代目山健組傘下の二代目健仁会がある。(二代目健仁会本部住所は、愛知県名古屋市千種区今池1-15-16)

二代目健仁会は2018年07月23日夜、相談役の苅田泉が健仁会事務所前の公園で切り付けられる事件が発生、その後、六代目山口組の三代目弘道会関係者が出頭している。

さらに2018年8月に滝沢元治会長が愛知県警察千種署に脱退届と引退届を提出した。

その後、残された組員たちが五代目山健組に残留することを本部に連絡したので、現在はしばらくの間本部預かりになっているとされる。

フォローする