韓国U-18サッカーチームの謝罪動画 トロフィーを踏み小便ポーズ

韓国U-18サッカーチームが、優勝セレモニーでトロフィーを踏んで記念撮影をしたり、トロフィーに用を足すポーズをしたりして、優勝が剥奪されたことが話題になっています。

このニュースについてまとめました。

韓国チーム謝罪の画像

韓国U-18サッカーチームが優勝資格はく奪

下記は中国メディアの『新浪体育』の報道を取り上げたもの。

中国・成都で開催された国際ユース選手権『パンダ・カップ2019』で韓国は29日、中国を3-0で退け、3戦全勝で優勝を果たした。しかし、優勝セレモニーでトロフィーを踏みつけて記念撮影を行ったほか、トロフィーに向かって用を足すような仕草を見せた選手がいたとして批判が殺到。韓国の選手や監督は30日に大会組織委員会を訪れて謝罪したが、同国の優勝剥奪が決定された。

同メディアは韓国について「彼らは自分たちのスポーツマンシップに関して謝罪しているにすぎない。中国サッカーにとって彼らは、いまだ冷笑すべき存在だ」と非難している。

記事によると、韓国チームは宿泊先のホテルでも頻繁に部屋の変更を要求するなどの問題行動があったという。成都サッカー協会の関係者は「今後、成都サッカー協会は韓国を招待することはないと予想される」と指摘し、「日本チームが過去に2度参加したことがあったが、彼らの素養の高さは恐ろしいほどだった」と日本との比較も述べたようだ。

引用:韓国のトロフィー踏みつけに怒りの中国メディア、日本にも言及「彼らは恐ろしいほど…」

韓国U-18サッカーチームの謝罪動画

<サッカー>中国の大会で優勝した韓国、選手が優勝カップ踏みつける!全選手が頭下げ謝罪する事態に=中国ネットは怒りとあきれ
「大会への深刻な侮辱」優勝トロフィーを踏みつけたサッカー韓国代表、批判受け謝罪

ホテルでの行儀の悪さも

これに関連して、韓国チームがホテルでも行儀が悪かったと報じられてしまいました。

そうした中、新浪体育などによると、韓国代表チームが宿泊したホテルのあるスタッフは「到着したのは深夜2時ごろ。私たちは1フロアすべての部屋をおさえておいたが、チェックインも済んでいないうちから部屋番号の変更を求めてきた。一つまた一つと変更していき、手続きに2~3時間かかった。何を言っても聞いてくれなかった。こんなチームを受け入れたのは初めて」と語ったという。ただ、韓国チームが部屋の変更を要求した理由などについては触れられていない。

記事は、「このチームは、最終的に『優勝カップを踏みつけ全員で謝罪』という形でパンダカップを終えた。彼らにサービスをしたホテルスタッフらにとっては、非常に気分が悪かったことだろう」と伝えている。

引用:<サッカー>優勝カップ踏みつけの韓国代表、宿泊したホテルでも「面倒」起こす?=従業員「こんなチームは初めて」

海外の一流選手もトロフィーを踏んでいる

しかし、欧米の一流選手はトロフィーを踏むポーズをしばしばしており、それはまったく問題になってはいません。

ただ東洋と西洋では所作の意味や解釈の重みに違いがあるということは言えるでしょう。また、さすがに小便をかけるような仕草はあまり前例がないと思います。

以上です。

フォローする