西新宿事件の金村剛弘殺しには道仁会との麻薬をめぐるトラブル説も?

関東連合の後見役ともとらえられていた金村剛弘(かねむらたかひろ)は、異常に鍛え上げられた肉体を持ち、その体躯から東京の不良会では「喧嘩最強」と呼び名の高かった男です。

しかしその金村剛弘は、2008年3月の早朝、西新宿5丁目の路地で金属バットのようなもので武装した、目出し帽をかぶった複数の男に襲われて大怪我を負い、数日後に病院で亡くなっています。

これがいわゆる西新宿事件(西新宿襲撃事件・西新宿撲殺事件)です。

この西新宿事件で亡くなった金村剛弘の葬式で、関東連合リーダーの見立真一は泣きながら「絶対に返し(報復)をする」と誓い、そのことが藤本亮介さんが犠牲になった、後のいわゆる「六本木フラワー事件」の人違い殺人に繋がっているといいます。

そしてそのような重大な事件にも関わらず、この事件は未だに未解決で犯人は捕まらないままになっています。

関東連合の後見役ともとらえられていた金村剛弘(かねむらたかひろ)は、異常に鍛え上げられた肉体を持ち、その体躯から東京の不良会では「喧嘩最強」...

西新宿事件の金村剛弘殺しには
道仁会との麻薬をめぐるトラブル説も?

それではいったい、金村殺しの犯人は誰なのでしょうか?

犯人は道仁会のヒットマン?

今回調べてみて、「犯人は道仁会の人間」という説があることを初めて知りました。

個人的にはやや眉唾ではないかと思いますが、この説について触れておきます。

この説によれば、ヤクザの麻薬をめぐる争いで金村は死んだということです。

具体的にどういうことか不明ですが、ざっくり言うと、関東連合の若手が麻薬取引に手を出し、そのことで道仁会の人間と麻薬ルートをめぐって対立します。

そこでその若手は関東連合のケツ持ちだった金村に助けを求め、金村が道仁会に手を引くよう要求したことで道仁会関係者は激怒、道仁会の本拠地である福岡からヒットマンが派遣され、金村は命を落とすことになったということです。

したがって、いわゆる木村兄弟らの「反関東連合」グループはまったく関係がないことになります。

この説が極端なのは、この説に従うと、六本木フラワー事件で犠牲になった藤本亮介さんは道仁会の麻薬売買に関わっており、実はフラワー事件は人違いではなかったということになるといいます。

「真偽不明」としつつ、一応はヤクザ専門ライターの溝口敦も

事件の背景としては真偽不明だが、他に覚せい剤取引をめぐるトラブル、借金による金銭トラブルなどが取り沙汰されている。

引用:溝口敦著 『溶けていく暴力団』第三章「飛んでる半グレ集団」全文公開!

と、(おそらく)この説について簡単に触れているようです。

やや眉唾か

興味深い話ですが、どうにも信じがたい説です。

金村は強靭な肉体を持っていましたが、性格的にはそこまで押し出しが強くなかったらしく、いってみれば日和見主義的なところがあったことを、瓜田純士は著書の『遺書~関東連合崩壊の真実と、ある兄弟の絆~』で書いています。

金村くんは腕力は恐れられているけれど、結局のところ誰の味方なのか、抗争が起きたときにどういうポジションなのか、はっきりしない人だった。関東連とも、K村兄弟(注:木村兄弟)とも、適度に友好関係を保とうとする。

引用:瓜田純士『遺書』

そのために事件の数日前まで、関東連合の仲間たちから「ホサれていた」(相手にされなくなる)という話すらあるほどです(工藤明男『いびつな絆』)。

だから実業家でもあり、優柔不断なところもあった金村が、麻薬の取引のような確実にヤクザが絡んでくるような危ないことを、後輩のために話をつけるとは思えませんし、ましてや相手が道仁会のような九州の武闘派組織ならなおさらです。

また単純に、複数人で鉄パイプ(金属バットとも)を用いて撲殺するという手口はあまりヤクザらしくない気がします。道仁会のヒットマンが犯人なら武器は拳銃、最低でも刃物を用いるのではないでしょうか。

関東連合の後見役ともとらえられていた金村剛弘(かねむらたかひろ)は、異常に鍛え上げられた肉体を持ち、その体躯から東京の不良会では「喧嘩最強」...

意図的な情報操作?

個人的には、この説は何となく誰かが意図的に情報操作をし、自分あるいは自分たち(関東連合関係者?)にとって都合のいい情報を流したような気がします。

例えば、この説では亡くなった藤本さんは麻薬の売人のような役割を与えられていることから、世間の「人違いによって亡くなった」という同情論を封じるような効果があります。

それによって(六本木フラワー事件の)犯人たちへの風当たりが少し緩むような効果が期待できたかもしれません。

また麻薬の取引に手を出したのが「関東連合の若手」としているのも、発端が関東連合のリーダー格たちにあるのではないことになるために、見立真一らにとっては都合がいいような気もします。

松嶋クロスは市川海老蔵さんが暴行された事件で、世論捜査のために市川海老蔵さんの酒乱ぶりを暴露するような情報を流したという噂がありますので、この説にも似たような性質があるのではないでしょうか。

もっとも、この説がいつごろ出てきたかにもよるかもしれませんが。

以上になります。