【ツイッター】カネカのパタハラ炎上の発端となったツイートとは?

「カガクでネガイをカナエル会社」というCMでも有名な化学メーカーのカネカが、元社員の妻とみられる人のツイートを切っ掛けに炎上したことで物議をかもしています。

ツイートは「#カガクでネガイをカナエル会社」というタグがつけられ、暗にカネカを示唆しつつ、カネカによる「パタハラ」・パタニティー・ハラスメント(「パタニティー=父性」を発揮する機会を上司や組織によって奪われること)を訴えたものです。

発端となったツイートとはどのようなものでしょうか?

このツイート、ツイッターアカウントなどを調査しました。

ツイッターがきっかけでカネカがパタハラ炎上

当初のツイート

発端となったツイートは動揺している様子がありありと伝わるもので、4月23日から始まりました。


また↓こちらのツイートでは、人事にはむしろ男性の育児休暇の前例を作るために、育児休暇を取ることを勧められたとしています。この時点ではまだ会社の名前は出していません。

退職が決定したというツイート

しばらく関係ツイートは途絶え、5月13日のこちらのツイート↓でいよいよ退職が決まったと述べています。

バズって炎上の発端となったツイート

そして6月1日、このツイートがバズってリツイート数4万にも達しました。

↓リツイート数、約2,000。

↓リツイート数、4,000弱。

↓リツイート数が7千弱。そして「#カガクでネガイをカナエル会社」というタグのために、誰が見ても該当の会社が「カネカ」だと特定できます。

この時点でカネカは完全に炎上していると思われます。

元会社員の妻はインタビューに答えて、分かりやすいタグをつけた理由について、

何度か投稿をしているうちに、共感やアドバイスがたくさんの人から届きました。自分たちはもう吹っ切れていたけれども、こうした問題はたくさんの人に知ってもらわないと駄目なのではないか、と思うようになりました。そのためには、会社名が分かった方がいいだろうと。

引用:「育休復帰、即転勤」で炎上、カネカ元社員と妻を直撃

と話しています。

CMスペシャルサイト 株式会社カネカ(旧:鐘淵化学工業株式会社)

翌日のツイート

ちなみに翌日からはこのようなツイートが続きました。

 カネカを炎上の切っ掛けを作ったツイッターアカウント

カネカ炎上の切っ掛けを作ったツイッターアカウントは「パピ_育休5月復帰(@papico2016)」というものです。


出典:ツイッター

2児の母で、「パピ」さんの家庭は共働きみたいです。

以上です。

フォローする