3代目タイガーマスクの金本浩二(金日宇)の妻への暴行とは?

プロレスラーで3代目タイガーマスクだった金本浩二が、妻に対する暴行で逮捕されたというニュースが入った。

これについて調べた。

金本浩二の妻への暴行とは?

ニュースの記事はこちら。

自宅マンションで妻を殴ったとして、兵庫県警生田署は1日、暴行の疑いで神戸市中央区、プロレスラー金本浩二(本名・金日宇)容疑者(52)を現行犯逮捕した。署によると、新日本プロレスに所属していた当時、「3代目タイガーマスク」として活動していた。

引用:日刊スポーツ

新井浩文の逮捕あたりから韓国籍の人の本名公開が通例化したのか、「本名・金日宇」と当たり前のようにあっさり書かれている。

そしてその暴行の内容とはどういうものか?

兵庫県警生田署によると1日午後0時28分に神戸市の自宅で妻の頭部を平手で叩いた疑い。通報した妻にけがはなかった。生田署は「本人は犯行を認めていて『私が妻に暴力を振るったことに間違いありません』と話している。犯行は単発的なものとみられる」とした。

引用:東スポweb

金本が妻の頭部を平手で叩いたことで、妻は「夫とけんかし暴言を吐かれた」と110番したという。

プロレスラーの力だから「平手で一発」といっても常人のそれとは違うかもしれないが、たったそれだけで警察に通報され逮捕までされうのはやや気の毒と思う。

金本が以前から在日であることをオープンにしていたのかどうか私は知らないが、もし隠しておきたかったのなら、在日であることが大々的に報じられてしまったからなおさらだ。

こんな時代だから、やいやい言われることになるかもしれない。

そこまでの経緯としては、金本は「妻が勝手に自分の携帯電話を見て浮気を疑い、しつこくただしてきた。鬱憤(うっぷん)がたまっていた」と説明している。

妻との間に生後数か月の赤ん坊もいるというし、もう少し仲良くしてほしいと思う。

【追記】金本は2014年にもサインが欲しいとやってきたファンを殴りつけて流血沙汰になる、リング外でも気にいらないレスラーとすぐに喧嘩をする、など粗暴な振る舞いで有名だったらしい。

奥さんがすぐに通報したのも、そんな夫の性格を知っていたせいなのかもしれない。