カナダ人講師が虐待のリトルジェムス(北九州・認可外保育園)とは?

福岡・北九州市の認可外保育施設「リトルジェムス」で、カナダ人の講師が子供に暴行しているショッキングな動画がSNSに投稿されて問題が発覚したというニュースがあった。

この事件や北九州市の「リトルジェムス」について調べた。

カナダ人講師が認可外保育園で園児を虐待のニュース

園児を逆さ吊りに…保育施設でカナダ人講師が“暴行” 北九州市が指導 福岡県 (19/05/15 20:40)

事件は次のように報道された。

英才教育をうたう保育施設で、園児に対する暴行が繰り返されていた。
動かぬ証拠となったのは、元同僚がひそかに撮影した映像だった。

子どもの背中をたたき、洋服をつかんで引き寄せる男性。
背後から襟をつかんで、引きずり寄せたり、さらには、強引に座らせたりする様子がとらえられていた。

そこには、生きた英語を教えるための外国人講師が、子どもに暴行する様子が撮影されていた

横になった2歳の男の子を手を振り上げてたたき、乱暴に座り直させるカナダ人講師。子どもを片手で持ち上げ、乱暴に運ぶ様子も。

この動画は、福岡・北九州市の認可外保育施設「リトルジェムス」に、2019年3月まで勤務していたアメリカ人の元職員がひそかに撮影したもの。

外国人講師による英会話などの英才教育をうたい、1歳から6歳までの子どもが通っている、この施設。

元職員は、こうした暴行を告発するため、撮影した動画をSNSに投稿し、問題が発覚した

遊び道具のテントを乱暴に持ち上げると、中にはまだ、園児が入ったまま。

園児の足を持ち、逆さまの状態で運ぶ様子も。

大けがにつながりかねない、乱暴な行動が撮影されていた。

元職員は取材に対し、「わたしが働いていた1年間、ほぼ毎日起きていた。上司に相談したが、誰も何もしなかった」とした。

突然立ち上がり、男の子を持ち上げると、大きな箱に入れ、何事もなかったかのように、女の子と英語のレッスンを再開する男性講師。

また別の日も、男の子を箱に入れる様子が撮影されていた。

事実関係を認めた施設側は、14日夜、およそ2時間にわたって、保護者説明会を行い、北九州市が14日、国の通知に基づいて施設に特別立ち入り調査に入った。

施設によると、暴行に及んだ40代のカナダ人の講師は、およそ5年前から勤務。14日から出勤停止になっているという。

その一方で、把握している暴行の頻度や保護者への対応については明らかにせず、顧問弁護士と相談して、しかるべき対応をとるとしていて、北九州市は、引き続き施設が適切な対応をするよう、指導していくとしている。

引用:Yahoo!ニュース

カナダ人講師とは?

暴行に及んだカナダ人講師は40代で5年前から勤務。

5月14日から出勤停止になっているというから、ちょうどSNSで暴行の動画が出回って炎上し始めたころに出勤をやめた可能性もある。

Twitterで出回ったのはこのような動画。

リトルジェムスとは?

事件のあったのは、北九州市小倉北区にある保育施設である。

この「リトルジェムス」に関するサイトは地域や経営母体ごとに複数ある。

どの地域の「リトルジェムス」サイトを見てもある宝石のようなマークを見る限り、リトルジェムスというのは統一的な団体のように見えるが、その割には「リトルジェムス」に共通の公式サイトのようなものは見つからない。

だから全体がどのように組織・運営されているか分かりにくい。どうやら一応「リトルジェムス」グループとしての共通性があるが、それぞれが強い独立性をもって運営されているようだ。

例えば北九州のリトルジェムスはホームページ上でお詫びの文とともに「なお、本件はリトルジェムス北九州校で発生した事件であり、他の法人が各地域にて運営されているリトルジェムス校は一切関係がございませんので、本件について、他のリトルジェムス校へのご連絡はお控えいただきますようお願いいたします。」という言葉をホームページに載せている。

他の地域のリトルジェムスから風評被害に関するクレームが来たのかもしれない。

「リトルジェムス」・名前の由来

市川市・浦安市・船橋市に展開する(今回の事件とは無関係な)「リトルジェムス」は、「当校について」と題して次の様に説明している。

当校は、完全英語に徹底的にこだわったインターナショナルプリスクールです。レッスン中はもちろん、休み時間やお友達同士もスクール内では日本語禁止で英語のみで過ごします。実際に当校に通われるお子様のほとんどは日本語を母国語として、当校で一から英語を覚えていきます。

引用:当校について

そしてリトルジェムスの「gem(s)」は宝石を意味し、文字通り子供を「小さな宝石」に譬えたところから名付けられたらしい。

北九州のリトルジェムスとは?

事件のあったリトルジェムスは北九州市小倉北区にある保育施設である。

住所は〒802-0077 福岡県北九州市小倉北区馬借1丁目1−17

動画

北九州市小倉北区の「リトルジェムス」の動画があった。

当然だがこのように見ると到底そのようなことがある保育施設とは思えない。

リトルジェムスの一日

1分25秒ころには空手の稽古をする映像もある。道着に見える文字を読む限り、流派はフルコンタクト系の「新極真」のようだ。

最後に

北九州のリトルジェムスはホームページで次のようなお詫び文を掲載した。

​この度、一部マスコミにおいて報道されております、当園の外国人講師により生徒に対して不適切な指導がなされていた件(以下「本件」といいます)につきまして、被害生徒及び保護者様に対し、深くお詫び申し上げます。

また、その他在籍生徒及び保護者の皆様におかれましても、ご迷惑とご心配をおかけしておりますこと、重ねてお詫び申し上げます。

今後は、被害生徒及び被害生徒の保護者様に対して誠意ある対応を行うと共に、その他の在籍生徒及び保護者様に対しても、生徒が安心して園の生活を行えるよう、信頼回復に努めてまいる所存です。

なお、本件はリトルジェムス北九州校で発生した事件であり、他の法人が各地域にて運営されているリトルジェムス校は一切関係がございませんので、本件について、他のリトルジェムス校へのご連絡はお控えいただきますようお願いいたします。

リトルジェムス 北九州

引用:リトルジェムス 北九州 ホームページ

一番の問題は、報道によると、動画をひそかに撮影したアメリカ人講師が「上司に訴えても改善されなかった」と言っていることだ。

カナダ人講師が陰でしており他の講師や上司が知らなかったならともかく、上に直訴したのに改善されなかったというなら、北九州リトルジェムスの体質的な問題と見られても仕方がないだろう。

これからどうなるにしても、北九州リトルジェムスは前途多難だ。

フォローする