EXIT兼近がJOY絶縁の後輩芸人説を否定して「イージー蓮見」を名指し

お笑いコンビのEXIT(イグジット)の兼近(かねちか)が、都内で行われたeスポーツイベントの記者会見で、タレントのJOYの「絶縁芸人」炎上騒動に触れて、自分が「後輩某芸人」であることを否定した上で、絶縁芸人は「イージー蓮見」と名指しした。

都内イベントでのEXIT兼近の発言

イベントは『リーグ・オブ・レジェンド 2019年国内プロリーグ LJL2019』で、ライアットゲームズ、よしもとクリエイティブ・エージェンシー、プレイブレーンの3社による合同記者会見だった。

そこでEXITの兼近は、

「ネットでオレらになっていますけど、オレらじゃないですよ。イージー蓮見でしょ」

「オレのせいにしやがって、オレじゃないですよ」などと言った。

名指しされたイージー蓮見は前澤友作のものまねをする「小前澤友作」として活動している芸人である。

兼近はツイッター上でJOY本人に「確認いいですか?あれはマジで俺じゃないですよね?」とのメッセージを送っており、実際にJOYの返信からも、該当する後輩芸人は兼近ではないようだ。

JOY絶縁芸人騒動

JOYは15日にTwitter上で後輩某芸人に対して怒りを吐露するも、名前を挙げなかったことで騒動になった。

それを受けて20日には、CBC/TBS系『ゴゴスマ~GOGO! Smile!~』に生出演し「書く以上はこうなることはわかっていた。つぶやくなら責任を持って。批判は全て受け入れる」と語っていた。

感想

ネット上ではどうしても煽り記事が多くなってしまい、犯人ではないのに犯人扱いされるということが起こりがちになる。

EXITの兼近も公の場ではっきり否定することができて、とりあえず一安心しているのではなかろうか。

フォローする