岩崎隆一が川崎通り魔事件の犯人?両手に刺身包丁で坊主頭だった?

川崎市登戸のカリタス小学校に向かうスクールバスを待つバス停で殺傷事件があり、19人の怪我人が出て、女子児童一人と男性一人、そして犯人の男が死亡するという事件が起きました。

事件の犯人の名前について「岩崎隆一」だという情報が挙がりました。

川崎通り魔事件の犯人の情報

以下はこれまでの報道で出ている犯人に対する情報です。

  • 子供の悲鳴が聞こえ、気付いたら男がいた(スクールバス運転手の話)
  • 両手に新品の刺身包丁を持っていた(スクールバス運転手の話)
  • 上下黒い服を着ていた。
  • 坊主頭(スキンヘッドという情報も)
  • 51歳の男性
  • 「ぶっ殺してやる」などと叫んでいた。
  • 事件後、自分の首を刺し、死亡が確認された。

犯人の名前は岩崎隆一(51)

新たに犯人の名前が岩崎隆一(51)だという情報が上がりました。

ソースが読売新聞の夕刊だという話なので、おそらくガセではないだろうと思われます。

岩崎隆一は過去にご近所トラブルも?

この岩崎隆一(51)について、過去には植木の枝をめぐってご近所トラブルになっていたというニュースも新たに報じられています。

事件現場から約4キロのところにある男の自宅。28日朝、男と会ったという近所の人は午前7時前後に男とあいさつをしたという。その際、男は黒いジーパンに黒いリュックを背負い、黒い眼鏡を掛けていたという。また、去年、男は植木の枝を巡って近所トラブルになっていたという。

引用:確保の男は“黒ずくめ” 近所トラブルの過去も

近所の住人の女性によると、去年(2018)朝6時頃に、家の庭に生えている木が目に入ると文句を言いに訪れ、女性の主人と30分あまりにわたって口論をしたといいます。

女性が近所の人にどういう人かと訊くと、「変わった人だから距離を置いている」と答えられたために、女性たちも関わらないようにした、ということです。

フォローする