岩隈久志長男の背中のインスタ画像 大志くんが女の子を助け暴力被害

巨人の岩隈久志選手がインスタで長男がいじめられている女の子を助けたところ、壁に押しつけられたり、背中に乗られて殴られるという暴力被害を受けたことを発信したことで話題になっています。

この話題についてまとめました。

岩隈久志の長男が暴行被害

ネット記事では次のように伝えています。

巨人の岩隈久志投手が30日、インスタグラムで「息子がクラスの女の子が暴力を受けているのを助けて、自分が殴られてしまいました」と腫れ上がった長男の背中の写真を公開した。有名人である岩隈投手がSNSを使って告発することに疑問の声もあがっているが、次の更新で「皆さんが本気で捉えて下さり、有り難いです!!」と感謝の意を伝えている。

引用:巨人・岩隈久志投手、長男が受けた暴力行為を告発 「明日、嫁さんと一緒に学校に行ってきます」

岩隈久志の長男・大志(とわ)くん

岩隈久志さんには一男二女の子供がいます。

女・男・女の順みたいです。

そして長男(一人息子)が今回話題になっている大志(とわ)くんです。

こちらのインスタ画像に写ってるのが大志くんで、こちらのインスタのコメントでは長男はとても優しいとよく言われると自慢しています。

この投稿をInstagramで見る

長男が10歳になりました(*^^*) 長女と同じく、とても優しく育ってくれている事に感謝しています! お友達やそのご家族から「とわくんは本当に優しい」と言われるたびに嬉しくなります(*^^*) 長男は人生のほとんどをアメリカで生きているので、日本に来てから、文化の違いに戸惑いもありました。 アメリカでは幼い時から、困っている人を見かけると見ず知らずの人でもすぐに助ける事が普通で、特にうちは嫁さんがそこを重視して子育てをしているので、長男もすぐに手助けが出来るのですが、それを日本の学校ですると、からかわれる事があるようです。 でも嫁さんと一緒に「人を助けている子とそれを見てからかう子の絵本を読んだとしたら、とわはどちらの子になりたいと思う?パパとママだったら、絶対にとわみたいな行動ができる子になりたい。自信を持ってそのままのとわでいなさい!」と声をかけ、今は自信を持って学校に通ってくれています。 先日はランチを落とした子の後片付けをしてあげて、自分のランチを食べ損ねてしまい、お腹を空かせて帰って来て、切なく感じる部分もありますが、いつか必ず彼の優しさは報われると信じています(*^^*) 親としてこれからも全力でサポートしていきます! Happy 10th Birthday my buddy! He is so gentle and kind like his big sister 🙂 His friends said to us “he is super kind and always so nice!” My wife and I are so happy and we are proud of him. I hope he has a wonderful year!

Hisashi Iwakuma (岩隈 久志)さん(@hisashiiwakuma_21)がシェアした投稿 –

大志くんの背中のインスタ画像

岩隈選手がインスタにアップした背中の写真がこちら。


出典:ツイッター

ちなみに現在は削除されています。

これには次のようなコメントがつけられていました。


出典:ツイッター

大志くんが女の子へのイジメを止めたところ殴られた、息子は優しい子なのでショックを受けているといったことが書かれています。

この発信に対して肯定的なものと批判的なものと、両方の大きな反響がありました。

フォロワーからは「息子さんの勇気ある行動に感動しました」「立派な息子さんですね!!」「息子さんの行動、素晴らしいです」と称賛の声があがる一方で、「基本的には、学校、家庭でしっかりと話し合うことだと思う。腹が立つのはわかりますが、SNSで息子の怪我をさらして発信すべきでしょうか」「岩隈さんのような有名人がSNSでこのような投稿をするのは、少し疑問に感じました」といった意見も少なくない。また「岩隈さんのような有名人だからこそ、発信力があるから良いのです」との声もあり、コメント欄では意見が分かれている。

引用:巨人・岩隈久志投手、長男が受けた暴力行為を告発 「明日、嫁さんと一緒に学校に行ってきます」

岩隈久志の返答

岩隈久志選手は大きな反響があったことについて次のように答えています。

この投稿をInstagramで見る

皆さん息子の勇気を讃えて下さり、本当にありがとうございました! 息子は学校帰りに嫁さんがたくさんハグしながら帰宅し、僕も「ヒーローじゃん!強くなったな!」と抱きしめたら泣きながら笑ってくれました😊 息子の勇気を無駄にしない為にも、暴力やイジメがはびこっている事実は絶対に目を背けてはいけないし、誰かが勇気を持って変えなきゃいけないと思います。 息子の一件で、たくさんの人の心に思いやりの大切さが生まれてくれたらと思います。 今イジメられている子は周りにしっかりヘルプを出し、今イジメをしている子も、心の奥にある悩みが幸せを奪い、そのような行動を起こしてしまうと思うので、誰かにヘルプとして吐き出し、今からでも必ず変われるので、正しい道に進んでくれたらと思います。 イジメは大人が介入しなければいけないと専門家の先生方から学びました。 子供同士の揉め事とイジメの違いを皆さんにも知ってもらえたら幸いです🙏 大人がより良い社会を作り、子供達に託していきましょう! 皆さんが本気で捉えて下さり、有り難いです‼️ 優しさ、あたたかさ、真心に感謝しています😊 息子の為に本当にありがとうございました😊 息子の頑張りを胸に、僕も頑張ります‼️

Hisashi Iwakuma (岩隈 久志)さん(@hisashiiwakuma_21)がシェアした投稿 –

岩隈選手は大志くんの勇気を称賛されたことに関して感謝し、また「子供のイジメには大人が介入すべき」ということを専門家の意見として紹介しています。

『BE A HERO プロジェクト』

岩隈選手がこの一件に強い反応を示したのは、息子さんのことであったのと同時に、岩隈選手がイジメのない社会を作る『BE A HERO プロジェクト』を主宰しているからでもあります。

『BE A HERO プロジェクト』の目的はイジメのない社会を作ることですが、今までのイジメ撲滅運動と違う点は、科学的なアプローチに注目するというところです。

またHEROの頭文字にも、

  • HELP       友達を助ける勇気・助ける気持ち
  • EMPATHY   弱者の気持への共感
  • RESPECT   どんな相手でも尊重する
  • OPEN-MIND 心を開き、みんなを受け入れる

といった意味が込められています。

『BE A HERO プロジェクト』

女の子をいじめた子供は?

岩隈選手がSNSで大々的に発信したのはやや早まったかもしれません。

SNS全盛のこの時代ですから、もし女の子をいじめた子を特定しようとする人が出てきたら、今度は一転していじめっ子がネット世論にいじめられることになってしまうでしょう。

もちろん、岩隈選手のような正義心の強い人のファンはそのようなことはしないだろうと思うものの、まったくの杞憂というのは難しいでしょう。

このSNSの時代には、発信した当人がそこまでのつもりはなくとも、それを見た人が懲罰的な動きをしようとする可能性があります。

大きな影響力を持つ人、インフルエンサーのような人は、それも加味し計算した上で情報を発信しなければならないのだろうと思います。

また『BE A HERO プロジェクト』がイジメに対して科学的なアプローチをとるということは、本来いじめっ子に対しても単なる「悪」としてでなく、いったいなぜイジメをするようになるのか、という観点から迫るべきということだと思います。

しかしそのようなプロジェクトの当事者である岩隈選手でさえ、自分の子供が巻き込まれ、自分が当事者となってしまうと、そのような観点が働きづらくなり、いじめに対してやや条件反射的に反応してしまうということは、岩隈選手だけでなくすべての人にとっていい教訓となったのではないでしょうか。

以上です。

フォローする