岩井志麻子「韓国人は手首切るブス」発言動画と旦那の顔画像

岩井志麻子さんといえば破天荒なキャラクターの作家さんで、バラエティー番組に出演する時のヒョウの衣装でもお馴染みです。

5時に夢中 12月8日 161208 岩井志麻子&中瀬ゆかり!冬のSPウ

その作家の岩井志麻子さんが、関西テレビのバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」で韓国人について「手首切るブスみたいなもの」と発言したことで騒動になっています。

岩井志麻子さんの該当の発言の動画や韓国人だという旦那について調べました。

岩井志麻子が差別発言?

関西テレビ(大阪市)のバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」で、作家の岩井志麻子氏が韓国人の気質について「手首切るブスみたいなもの」とリストカットする女性にたとえる発言をしていたことがわかった。インターネット上などで差別発言として批判の声が上がっている。同社は放送の経緯や見解について「後ほど正式にコメントする」としている。

発言があったのは、5月18日の放送。生放送ではなく収録で、編集でカットされなかった。慰安婦問題に絡んで2月に上皇さま(当時は天皇陛下)に謝罪を求めた韓国国会の文喜相(ムンヒサン)議長をめぐる議論のなかで、進行役の漫才コンビ・ハイヒールのリンゴさんから「岩井さんは、ご主人が韓国の方ということで、韓国人気質というものは分かっている?」と問われ、岩井氏は「この間も言いましたけど、とにかく『手首切るブス』みたいなもんなんですよ。手首を切るブスという風に考えておけば、だいたい片付くんですよ」。スタジオで笑いが起きた。さらに「(韓国が)『来てくれなきゃ死んじゃうから、死んだらあんたのせいだから』って言って、中国とか北朝鮮は『死ねば』と言っちゃうけど、日本は『そんなこと言うなよ、お前のこと好きなんや』」と述べ、その後の発言は効果音で消されていた。

番組冒頭で岩井氏は「今日はなんでも言っていい日なんですよね、収録だから」と発言していた。(杢田光)

引用:Yahoo!ニュース

岩井志麻子「韓国人は手首切るブス」発言動画

その発言をした時の動画はこちらです。

岩井志麻子の「差別発言」へのネットの反応


岩井志麻子さんは『ぼっけぇきょうてい』というホラー小説を執筆し、1999年に第6回日本ホラー小説大賞を受賞しています。

旦那が韓国人?

今回の差別発言の炎上では「旦那が韓国人で、韓国人について知った上で語ってるんだからいいんじゃない?」という声もありました。

まず岩井志麻子さんは2度結婚した経歴があります。

一度目の結婚の相手は地元で代々続く会社の社長だったとのことです。

2人の子供が生まれましたが、子供は元旦那が引き取っています。

そして現在の旦那が2008年に再婚した韓国人のジョンウォン氏で、18歳も年下の男性です。

結婚前のジョンウォン氏の職業については、韓国のホストクラブのボーイだったらしいということです。

またジョンウォン氏は自己紹介で「独身の金持ち」と自称したという話もあります。現在の職業は不詳で、一説にはヒモなのではないかと言われています。

旦那のジョンウォンの顔画像

旦那のジョンウォン氏の顔画像を探したところ、ウーマンラッシュアワーの村本にそっくりだと(私は)感じました。

岩井志麻子の韓国人旦那とのエピソード

志麻子さんが語る旦那とのエピソードにはこのような話があります。

「結婚を望む女を夫はノラリクラリとかわした。

女が『何か怪しい!』と思って調べたら、日本のおばちゃん(岩井氏のこと)の存在に気づいたのよ」逆に、

ジョンウォンさんの浮気に気づいた岩井氏は「若い女と一緒になりたいなら離婚してもいいよ」とジョンウォンさんに言ったが、拒否されたという。

その理由は、女性が金持ちではなかったから。

うちのジョンウォン君は、いつも『おこづかいくだしゃい、来月返すから』と言ってくるが、返さない。

私が疑うと『うそなんかついていない』と反論する。結果的に返さなくても、本人には確かに返すつもりがあるみたい」。

ソウルの家に女物の化粧水があったので『これ、何』と問い詰めると、悪びれもせずに『これ志麻子のだよ。

年寄りだから忘れてる』と言い張る。

向こうは全身全霊で『僕、悪くないもん』と言ってきて『僕を浮気者と責めたね。謝罪と賠償が必要だよ』と追い打ちをかける」と別のエピソードを披露。

思わず『すまんかった』と謝って洋服を買わされた。年寄りと罵倒されたのに、謝罪させられて洋服を買わされる。

韓国は全然悪くない、日本が悪いと言ってくる。泣く子と韓国人にはかなわない。

かわいいからいっか。いろいろありながら嫌いになれない。

まんまと韓国のハニートラップにはまったまま逃げられない。日韓の関係もそんなものでした。

以上すべての引用:https://sabziblog.com/2018/09/16/iwai_shimako/

こうしたことを知ると、岩井志麻子さんの韓国への発言は、単なる差別発言というより「愛情の混じった悪口」といった感じがします。もちろんそれでもアウトと取るかセーフと考えるかは、それぞれの人に委ねられるわけですが。

以上になります。

フォローする