陰謀論の大枠とは何か?本質的にはたった一つの陰謀論しか無い

陰謀論受容
この記事は約8分で読めます。

ここまで陰謀論学習のための記事を複数執筆しましたが、このブログでは陰謀論の細かな点、異なる説について、いちいち「これは正しい」「これは間違っている」と書いていくことはしません。

そんなことをすれば何百という記事を書いても足りないでしょうし、私自身のモチベーションが続かないということもあって不可能だと思えます。

さらに、それはこのブログではなくとも、各人が自分にとって一番興味深い、関心が持てると思える情報を調べるならば比較的容易にたどり着けるだろう、という考えもあります。

またもう一つの理由として、あえてそのように細かな陰謀論説を取り上げるまでもない、ということもあります。

というのも、私が思うに陰謀論とは本質的にはたった一つしかないからです。

そして陰謀論の細かなバリエーションは、この本質的にはたった一つしかない陰謀論中に含まれている異なるジャンルに過ぎません。

それらは一見異なるように見えても、根っこの部分では繋がっていることが多いです。

それについて書くことで、陰謀論初心者が何を調べればいいのか混乱して、情報の森の中で迷子にならないようにしたいと思います。

言い換えるならこの記事は、「これは私自身が情報収集した結論として正しい可能性が高い」という、その「たった一つの陰謀論」の内容をまとめるものです。

この記事中とタイトルで「陰謀論の大枠」と表現されているのはそれを意味しています。

スポンサーリンク

陰謀論の大枠とは何か?本質的にはたった一つの陰謀論しか無い

たった一つの陰謀論=「陰謀論の大枠」とは何か

私が、「これは私自身が情報収集した結論として正しい可能性が高い」と考えるものは次のようなものです。

  1. 闇の権力者(悪の秘密結社、もしくは悪しきネットワーク・組織)とも呼べるものが存在している。
  2. それらは一般的にはフリーメイソン、イルミナティ、300人委員会、カバール、ディープステート(DS)など様々な呼び名で呼ばれている(ただしフリーメイソンやイルミナティには、実際には善人も含まれている)。
  3. 彼らは利己的かつ搾取的で、自己の利益を図るためなら如何なる非道も行う。
  4. 彼らの一部が太古から行っているのが悪魔崇拝であり、それは子供の性的な搾取(ペドフィリア)・虐待・殺害などを含む。それは現代まで連綿と続けられてきた。
  5. 戦争、事件、911・311などの大災害などの背後にはそのような組織の関与がある。
  6. そのような組織の権力基盤の一つは自分たちに好都合なように作り上げた経済システムであり、彼らは通貨・銀行制度・経済学などを操作することで自分たちの権力を維持してきた。
  7. そうした非道を止める、もしくは間接的に支配権力に打撃を与えるような動きをした人々は事故死・自殺を装うなどで暗殺され、闇に葬られた。
  8. ネガティブな宇宙人が存在し、彼らは地球上の自分のために地球人類の遺伝子操作・歴史の改変などを行ってきた。
  9. 闇の権力者の起源は、おそらくネガティブな宇宙人たちの操作である。
  10. 闇の権力者たちは自分たちの利益のためにネガティブな宇宙人と結託し続け、ネガティブな宇宙人もまた自分たちの利益のために闇の権力者たちと結託し続けた。
  11. ネガティブな宇宙人(良き宇宙人)の代表格が、レプティリアン(爬虫類型宇宙人)である。
  12. 地球人類の闇の権力者の一部は、レプティリアンとのハイブリッドである。
  13. フリーエネルギー、タイムトラベル、クローン人間の技術は既に存在して活用されている。しかしそれらはネガティブな勢力によって隠蔽されている。
  14. スピリチュアルな知識は虚妄ではない。魂はそれぞれの課題を果たすために繰り返し輪廻転生する。
  15. 人類は直近に霊的な進化である「アセンション」を控えている。
  16. いわゆる「みずがめ座の時代」というのは、それに関係している。
  17. ネガティブな宇宙人および闇の権力者たちは、自分たちの利益と反するため、地球人類にアセンションしてほしくない。
  18. ネガティブな宇宙人と異なるポジティブな宇宙人(善き宇宙人)も存在する。
  19. ネガティブな宇宙人とポジティブな宇宙人は、それぞれ秘密裏に、ロシア、アメリカなど地球上の国家と結びついている。それらは国益またはその他の理由で秘匿されている。
  20. 彼らいずれもは高度なテクノロジーや知識を地球人に提供することがある。
  21. ポジティブな宇宙人にはプレアデス人、シリウス人、アルクトゥルス人、アンドロメダ人などがいる。
  22. 彼らはネガティブな宇宙人と対立しており、ネガティブな宇宙人とは異なり地球人類のアセンションを望み、そのために有形無形の支援をしている。
  23. ポジティブな宇宙人もまた太古から地球人類に関わってきた。
  24. これまでポジティブな宇宙人が全力かつ直接的に地球人類を支援することが少なかったのは、人類の自由意志を尊重しているためか、もしくは何かしらの人質を取られるなどしていたためである。
  25. 長い間、闇の権力者やネガティブな宇宙人に支配されてきた地球だったが、ここ数十年で情勢が大きく変化しており、彼らポジティブな宇宙人の尽力や地球人類の自助努力もあって地球人類は解放されつつある。
  26. 現在起こっているコロナ騒動は闇の権力者たちの画策したものである。
  27. その目的はコロナそれ自身とコロナワクチンによって人口を削減することであり、最終的にはワクチンを通じてマイクロチップを埋め込んでAIと接続、人類をコントロールできるようにすることである。
  28. これによって闇の権力者とネガティブな宇宙人たちが夢見てきた「地球人類の完全な奴隷化」が完了する。
  29. この「地球人類の完全な奴隷化」はニュー・ワールド・オーダー(NWO=新世界秩序)とも呼ばれ、このための準備を完了するのが「グレート・リセット」である。
  30. 闇の権力と戦う地球人類の善人たちは、トランプ、プーチンらがおり、宇宙人の組織としては銀河連合があり、他にも名前を挙げきれないような様々な組織や人々がいる。
  31. 地球解放の前後には、悪事を働いてきた闇の要人たちの大量逮捕があり、また緊急放送をはじめとする情報開示によって今まで隠されてきたすべての実情が明かされる。
  32. 地球解放の暁には、人々を奴隷にするための経済システムが刷新され、フリーエネルギー・高度医療を含む高度テクノロジーの開放され、これまでとは比べ物にならないほど幸福な生活を送ることができる。

ざっとこのようなものが「陰謀論の大枠」と呼べるものです。

他にも、人類の支配層には闇の家系がある、地球人の起源は宇宙人の輪廻転生してきたものであり、それは地球のアセンションという歴史的瞬間のために自ら志願したものを含む、などの情報もありますが、私自身がピンと来ないものについては端折りました。

陰謀論者にもそれぞれ情報の力点が異なるので、おそらく詳しい人の中には「それこそ端折るべきではない重要な情報だろ!」と思う方もおられるかもしれませんが、私のブログなので一応感じるままに好きに書かせていただきました。

特に私は「あなたは宇宙からこの地球をアセンションさせるために転生してきたのです(キラキラ――注:効果音・イメージ)」なんて言われると、「俺がそうだと何を根拠に言ってるんだ。俺がレプティリアンの血の方が濃いという保証はないだろ」といつもムカつく(笑)ので、それに関しては意図的に端折りました。

ともかく、ここで紹介したようなものが「陰謀論の大枠」とも呼べるもので、すべてが一体となって繋がっている「たった一つの陰謀論」です。

なぜ「たった一つの陰謀論しかない」といえるのか

たった一つというのは、ここに挙げなかった細かな陰謀論も、結局は精査していくとほとんどの場合、どのような種類であれここに挙げられた「大枠の陰謀論」のどれかにスッポリ入るためです。

たとえば、もし「アメリカは真珠湾奇襲を知っていたが意図的に無視して戦争しやすい気風を社会に醸成させた」という大東亜戦争に関する陰謀論(※)に関していえば、これはルーズベルトの背後、もしくは間接的に闇の権力者の操作があり、戦争などの大きな事件が闇の権力者の画策による、というものに含まれます。

※私はこれがデマとも本当ともいいません。おそらく本当でしょうが、そのような判定がここでの趣旨ではありませんので。

他の例では、たとえば特別会計について暴露しようとした石井紘基が暗殺されたのではないかという陰謀説に関して言えば、「闇の権力者の権力基盤である通貨・経済システムを間接的にであれ脅かすと暗殺される」というものに含まれます。

また逆に、細かな陰謀論の一つ一つは、それが否定されたとしても大枠の陰謀論は否定されず、そのためにそこに含まれるその他の細かな陰謀論言説は否定されない、という論理構造をしています。

たとえば前出の例でいえば、石井紘基の暗殺とされているものが単なる一般的な殺人事件でガセであったとしても、それだけでは、大枠の「闇の権力者の権力基盤を脅かすものは暗殺される」という言説は否定されてません。

したがってまた他の暗殺説について、たとえば三浦春馬の暗殺説、ジョン・F・ケネディの暗殺理由などについてはまだ別個に精査する必要があることになります。

高い視座を一つ持てばそれ以下の視座のものはすべて理解可能

またたった一つの陰謀論しかないというのは、一つの大きな視点に立った場合には、下の観点のもののすべてが包括されて理解できるためです。

たとえば、

  1. ネガティブな宇宙人
  2. それと深い関わりを持つネガティブな地球人類(闇の権力)
  3. それが引き起こす様々な事件

という風に分けた場合、上の視点に立った場合には下の要素がすべて理解できます。

逆に下の視座だけでは、上の視座が失われる危険があるということです。

意味が分からなければ、当ブログの「陰謀論入門|3つの重要な証言からこの世界の真実を知る【脱洗脳】」を例に挙げて説明します。

その記事では3人の証言者に分けて取り上げましたが、それぞれ、

  1. 宇宙人の陰謀について証言したアレックス・コリアー
  2. ルシフェリアンの生贄儀式を証言したオランダ人銀行家(ロナルド・バーナード)
  3. 911の陰謀を暴露したアーロン・ルッソ

ですが、上の視座に立つことによって下の視座の出来事が理解できますが、逆に下の視座に立った場合には上の視座が含まれない場合があります。

というのも、911事件は宇宙人の関与がなくとも説明がつくからです。

したがって我々は一つのなるべく高い視座を持てば十分であり、ここの例でいえば、アレックス・コリアーの視座に立ってすべての現象を観察・分析することが正解である、ということが分かります

まとめ

要するにこの記事の主旨としては、ある特定の陰謀説を精査した結果、それがデマやフェイクだったとしても、こうした陰謀論の大枠だけは疑う必要はないだろう、というのが私の言わんとしたことです。

そしてなるべく高い視座を得ることで、それ以下の陰謀論言説のすべてを包括的に理解できるようにするように、ということです。

私の悪い癖で、なるべく広範な人に読んでもらおうとした割に、あまりに表現が回りくどく内容が難解になったかもしれませんが、これで終わりにします。

タイトルとURLをコピーしました