陰謀論関連情報盛り合わせ①ビル・ゲイツ離婚理由にエプスタインとの関係?②米国で150人以上の子供救出③ワクチン接種の死亡報告に医療機関悩む

陰謀論(陰謀説)
この記事は約7分で読めます。

陰謀論系で興味深い情報を幾つか集めました。

スポンサーリンク

陰謀論関連情報盛り合わせ|ビル・ゲイツの離婚理由にエプスタインとの関係あったか、米国で150人以上の子供を救助、ワクチン接種の死亡報告に医療機関悩む

ビル・ゲイツの離婚

最近、「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」と財団に名づけたような夫婦だったビル・ゲイツと妻のメリンダと離婚、2021年5月3日にツイッターでその報告を行いました。

陰謀論界隈では2人の離婚理由について、元妻メリンダがゲイツのエプスタインとの関係を良く思っておらず、そのうち自分にも類が及ぶ危険性があると判断したからだという噂があります。

これに関し、Yahoo!ニュースで木村正人(在英国際ジャーナリスト)が、メリンダがゲイツのマネーマネジャーへのセクハラ申し立てに対するゲイツの対応を良く思っていなかったこと、ゲイツ自身も財団で働く2~3人の女性と不適切な関係を持ったこと、そしてゲイツがやはりエプスタインと関係が深かったとする記事を書いています。

非常に気がかりなのは、未成年者の人身取引で起訴され、勾留中に首つり自殺した米大富豪ジェフリー・エプスタイン被告とゲイツ氏の関係です。NYT紙によると、メリンダ氏はゲイツ氏が性犯罪者と時間を過ごすことに不快感を示していたのに、ゲイツ氏はその行動を続けたそうです。

11年以降、ゲイツ氏はエプスタイン氏と何度も会っており、性的に搾取された少女たちから「恐怖の館」と恐れられていたニューヨーク・マンハッタンにあるエプスタイン氏の居宅を少なくとも3回訪れ、少なくとも1回は深夜に滞在したとNYT紙は報じています。エプスタイン氏のプライベートジェットに乗って一緒に移動したこともあるそうです。

米メディア、デイリー・ビーストは、ゲイツ氏はこの「恐怖の館」を数十回も訪れ、その中でエプスタイン氏に最悪の状態に陥っていたメリンダ氏との結婚について相談していたと報じました。

引用:メリンダと離婚のビル・ゲイツ 性豪エプスタインの「恐怖の館」を数十回訪問

ゲイツが乗ったとされるエプスタインのプライベートジェットは、通称「ロリータ・エクスプレス」とも呼ばれているものでしょう。

ノースカロライナで150人以上の行方不明の子供が救出される

ノースカロライナで150人以上の行方不明の子供が救出されたとのこと。

英文記事で機械翻訳ですが、記事の一部です。

ノースカロライナ州シャーロット—シャーロット-メクレンバーグ警察と、カロライナホームカミング作戦と呼ばれる連邦捜査官との共同作業の一環として、150人以上の行方不明および家出の子供たちが無事に救助されました。

CMPDによると、救出された少年の一部は麻薬活動や売春、または人身売買の犠牲者に従事していた。数ヶ月にわたる調査は、シャーロット地域で行方不明になった少年や暴走した少年の回復に焦点を当てました。

(中略)

CMPDによると、子供たちはほとんど14〜18歳で、一部はそれよりも若い年齢でした。マクネリーは、彼らが彼らの家庭生活から逃げようとしていると言いました。

「これらの子供たちは、トラウマ的な背景、虐待の可能性のある家庭、麻薬やアルコール中毒、投獄された両親から来ています」とマクネリーは言いました。

陰謀論界隈ではトランプ就任時に相当数の子供が救助されたといわれ、現在でもそのようなニュースがたびたび聞かれます。

トランプ在任時にも、その関係アカウントをツイッターでフォローしていると、よく「○○で子供を○○人救助」のようなニュースが流れてきました。

この救助は、前出記事と同じく噂レベルではなくニュース・報道としてです。

もちろんその報道にカバール・DS、悪魔主義者、ホワイトハットという言葉は出て来ないので、それらとどの程度関係があるかは不明です。

Kダブシャイン

ちなみに上記2つのニュースを私はラッパーKダブシャイン(ジブラの相方)のツイートから知りました。

陰謀論系ツイッターアカウントはソース・リンクを提示しないでツイートするので私はいつもムカついてるんですが、Kダブはソース・リンクを提示することが非常に多いのでお勧めです。

医療機関のワクチン接種後の死亡についての報告修正

医療機関のワクチン接種後の死亡についての報告修正が多数あります。

各地の医療機関がワクチン接種後の死亡について、国にどう報告するのか悩んでいるという話を、複数のメディアが報じています。

【北海道】ワクチン接種で死亡について医療機関が報告を悩む

読売新聞の記事です。

 新型コロナウイルスのワクチン接種後に死亡した人を巡り、副反応の疑いがあるとして国に報告するかどうか、各地の医療機関は難しい判断を迫られている。北海道旭川市の旭川赤十字病院では、接種翌日に死亡した男性について、因果関係はないとみていったん国への報告を見送った後、遺族の意向を受けて4月に急きょ、報告したケースがあった

死亡男性の遺族は「国に伝えて、今後の研究に生かしてもらいたい」として、病院は方針を転換して報告したそうです。

【神奈川】ワクチン接種後に死亡、県は「因果関係はない」→「評価不能」に修正

見出しの通り。

 60代男性と70代男性は接種の翌日、90代女性は2日後に亡くなった。死因は明らかにしていない。

県は14日の新型コロナ感染症対策特別委員会で、3人のうち1人は「因果関係はない」としたが、説明を修正した。

しかし県が報告を修正した理由については特に書かれていません。

最後に

事の経過について不安がる人もいますが、そもそもカバールの支配力が万全ならこんな死亡症例が続々と上がってくるはずがないので、もう心配する必要はないです。

既にカバール・DSが弱体化してメディアの統制が取れないから、こんなことが当たり前のように報じられてしまうんです。

本来なら反骨ジャーナリストが独自取材ですっぱ抜くような情報が、大手新聞や地方新聞によって普通に報じることができてしまうんですから。

あと、こういう記事、何気なく読んじゃいますけど、この接種者たちは「コロナが大変だから早くワクチン打たなくちゃ!」と思って摂取したんですよ。

こんな惨く、同時に皮肉なことはないです。

皮肉というのは、言うなれば死を避けるための処方が死をもたらしたわけですから。

ともかく身近な人がワクチン打とうとしていたら、それだけは止めてください。

そのためには、普段から陰謀論の話をゴリ押しするのは避けることです。

陰謀論をガセと信じる人は頑強な思い込みがあります。

逆の立場になれば分かると思います。

たとえば、普段からグリグリ神様の話や自分の信じる宗教の話をごり押ししてくる人がいたら、話の内容ではなくその人のそうした「所作」で直感的に「あ、この人ヤバいな」と感じると思います。

つまり陰謀論を遠ざけるのは、いうなれば「陰謀論者の所作」が原因の一つなんです。

普段は自分の考えを言わず、あるいはヤンワリ、たまにだけ言うに留めておき、議論したり争おうとする姿勢は見せず、いざという時(身近な人がコロナワクチンを接種しようとしている時)だけ、冷静に、理性的に、コロナワクチンが危険だということを説き聞かせればいいんです。

一つの方法としては、普段から日本でのコロナによる死亡例の少なさの情報(『コロナはただの風邪』情報)や、ワクチン接種後の死亡例やコロナワクチンに反対する医療関係者の意見などの「ワクチンの危険性に関する情報」を収集して整理しておくのもいいかもしれません。

「これからワクチンを打つつもり」という身近な人がいたら、その時にそうした証拠を順序よく提示するか、言葉で説き聞かせればある程度効果があると思います。

(記事おわり)

タイトルとURLをコピーしました