【池袋9番】知人女性に覚醒剤を打った堂前知宏のマスクに謎の文字

以前にも別の女性にコカインを使用させたことで逮捕されたという山口組系組員の堂前知宏容疑者が、今度は知人の女性に覚醒剤を打ったことで逮捕されました。

この男の逮捕時、マスクには「池袋9番」という謎の文字が。

このニュースについてまとめたので興味のある方はご覧ください。

【池袋9番】知人女性に覚醒剤を打った堂前知宏のマスクに謎の文字

知人女性に覚醒剤を打って逮捕

堂前知宏容疑者については次のように報じられています。

山口組系組員の男が、自宅で同居する知人女性に覚せい剤を打った疑いで逮捕された。

特定抗争指定暴力団山口組系組員の堂前知宏容疑者(38)は3月10日、東京・墨田区内の自宅で、知人女性(20代)に覚せい剤を打った覚せい剤取締法違反の疑いが持たれている。

堂前容疑者は、この女性と同居していて「睡眠薬を飲み過ぎない方がいい」などと言って、女性に注射器で覚せい剤を打っていたという。

堂前容疑者は、1月に別の女性にコカインを使用させた疑いで逮捕された際の捜査で、今回の事件が発覚したということだが、調べに対し堂前容疑者は「全く身に覚えがない」と容疑を否認している。

引用:Yahoo!ニュース

知人女性にコカイン、さらに覚醒剤を打つなどかなり悪質な犯罪ですが、ただ現時点では容疑を否認しているようです。

しかし2件も同質の容疑がかけられているのなら、冤罪の可能性は低いだろうという思います。

また「睡眠薬を飲みすぎない方がいいから覚醒剤を打つ」という動機付けもかなり無茶です。

池袋9番という謎の文字

そしてマスクに書かれている謎の文字の画像がこちら。

文字が達筆なのが余計に可笑しく感じます。

最後に

新型コロナが問題になっている時期なので、マスクは警察が容疑者につけさせたのかもしれないとも思いましたが、捜査員のモザイクから見切れているマスクの形状は容疑者のものと違っているので、やはり容疑者の私物なのでしょうか。

また、マスクが貴重な時期なので、容疑者か別の人物なのか、所有者が盗難防止のためにわざわざ大きな文字を書いたという可能性もあります。

「池袋9番」と検索すると、バス停や駅の出口が出てくるので、それが何か関係あるのかもしれませんが、いずれにしても文字のはっきりとした意味は不明です。

この記事は以上になります。

追記:くわえて「目黒7番」も現れたらしいです。(2020・4・5)

以上です。

フォローする