フジテレビ放送の「韓国人の交渉術」とは?ヘイトスピーチか事実か?

韓国のレーザー照射問題について、フジテレビの「プライムニュース イブニング」で放送された内容が批判にさらされている。

「レイシズム」「ヘイトスピーチ」という批判が挙がったその内容とは?

フジテレビ放送の「韓国人の交渉術」とは?

該当の事柄についてのネット記事はこちら。

同番組の24日放送回では、レーダー照射事件が取り上げられていたが、その中でメインキャスターの反町理氏が「日韓関係についてはうんざりしてる人もいるかと思うんですけど」としつつ、産経新聞ソウル駐在の黒田勝弘記者による「韓国人の交渉術」をフリップで紹介。そこには「強い言葉で威圧」「周囲にアピール」「論点ずらし」と書かれており、反町氏は「韓国人の行動パターン、国にも当てはまるとは限りませんが、黒田さんは『レーダー照射に関して言えば、韓国政府は自衛隊機の低空での威嚇飛行を新たにポイントとして出すことによって、論点をずらし、韓国国内ではもはやレーダーの話は消えた』と」と述べていた。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/15924466/

つまり産経新聞の黒田勝弘記者による「韓国人の交渉術」として紹介された内容が、韓国人全員に該当するかのような報道の仕方は差別であるということだ。

同じ内容の報道だが、朝日新聞デジタルからの出典であるYahoo!ニュース記事だと黒田記者の名は伏せられており、三点は、

  1. 強い言葉で相手を威圧する。
  2. 周囲にアピールして理解者を増やす。
  3. 論点をずらして優位に立つ。

と説明したとされる。

これに対し、「完全に人種差別」「政府や軍部を批判するのは構わないが民族全体に落とし込むのは差別だとしか言いようがない」などと疑問視する声が上がっている。

フジの岸本専務は会見で見解を問われ「韓国と日本の今のぎすぎすした関係について改善策を探っていく判断材料を提供するという意味では間違っていないと思っています」、と答えた。一方で、「『韓国人』という形でプレゼンテーションしたことについては誤解を招きやすい表現になっている」とも述べた。

批判的な意見が出ていることについては制作現場と情報共有したといい、「今後の放送に生かして欲しいと指示している」と述べた。反町氏は政治部出身の解説委員長として、政治家への取材手法などについての著書も出している。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00000127-asahi-soci

ネット上の声は?

ネット上の反応を拾ってみた。

韓国企業と取引してますが、概ね反町氏の仰る通りですね。
報道内容に、とくに間違っている部分はないと思うよ。実際に韓国のかたと仕事をした経験のあるかたは、ほぼみんな経験しますからね。
それを「差別だ」というかたは、現在あの国とわが国との緊張関係の
理由をどう説明するんでしょうね。

話の流れは韓国軍艦のレーザー照射で韓国が嘘をごり押しする話ですね、番組を見ていたけど別に違和感は無かった。
この報道を観ていませんが
今回の照射問題に関しては、最初の説明から2転3転していつの間にか逆転して相手に非がある様にもっていく(様に見える)等は、当てはまる様にも思います
フジにしては、良い内容。
偏見だ。と言うならわかるけど
差別だ、って言葉には違和感を感じる。
さすが産経新聞さん
言ってる事が的を得てます

日本に貴紙がある事をうれしく思います
貴重な存在です
今後とも日本国民の為の報道よろしくお願いいたします

その通りですが何か問題あります?

朝日新聞への批判や皮肉も多い。(Yahoo!の該当記事のネタ元が朝日であるため)

BSのプライムニュースでも扱っていた内容。目からウロコがとれる秀抜な定義。しかし、朝日はいい仕事をしている。フジテレビを批判して韓国への賛同者を増やしたいのだろうけど、却って、韓国のやり方のひどさを多くの人が知るようになった。
朝日はどっちを見て報道しているんだ。フジ報道は間違っていないし、当たり前のことだと思うが。
朝日新聞の方がいっぱい誤解招いてますよ
そろそろ嘘で世間を騙すのをやめて
世界の現実と向き合うべき時では?

フジテレビ放送の「韓国人の交渉術」まとめ

私は韓国人の知り合いがいないので、黒田記者の言っていることが正しいのかどうか判断することはできない。

しかし韓国人が明らかにどんな外国人も持たないような厄介な性質を持っていることは否定できないのではないかと思う。

そうでなければ、なぜ今回のレーザー照射のような問題が起きるだろう。

およそ落としどころがあるのかすら分からない、韓国側がそうした着地点を想定しているのかすら分からない、この迷宮のような外交状況が、なぜ生まれるだろうか。

とりわけ私は、韓国が作成したPR動画には違和感を覚えた。その動画の「誇張された勇壮さ」のようなものが、北朝鮮のニュース報道や作成動画とよく似ているように思えたからだ。

何より不可解なのは、一部の韓国人が、政治体制の似ている日本よりも北朝鮮の方により親近感を覚えているということである。

あるいは、北朝鮮の情報工作がそれだけ功を奏しているということなのだろうか。

フォローする