府中怒羅権の創設者・汪楠(ワンナン)とは?ドラゴンの初代メンバー

怒羅権・チャイニーズドラゴン
この記事は約6分で読めます。

有名な半グレ集団「怒羅権(ドラゴン)」の創設メンバーで、府中怒羅権の創始者でもあった汪楠(ワンナン)氏(46)がフライデーのインタビュー取材に答えました。

汪楠氏は既に怒羅権(ドラゴン)を引退してNPO活動などに勤しんでいるそうですが、怒羅権創成期を生きた汪楠氏の経歴や語ったエピソードは非常に興味深いです。

ここではその汪楠氏に関する情報をまとめました。

スポンサーリンク

府中怒羅権の創設者・汪楠(ワンナン)とは?ドラゴンの初代メンバー

ドラゴン初代メンバー汪楠(ワンナン)の顔画像

こちらは汪楠(ワンナン)氏の顔画像。

足を洗った現在では、もう荒んだ過去の様子は窺えません。

ドラゴン初代メンバー汪楠(ワンナン)の経歴

汪楠(ワンナン)氏は中国吉林省長春市で生まれ、中国残留孤児の母に育てられました

1986年、13歳のときに来日して住んだのは葛西のアパート。ウェイトレスとして働いていた母とともに暮らします。

怒羅権は葛西の「常盤寮」という残留孤児の受け入れ施設が発祥の地だというのは広く知られた話ですが、汪楠(ワンナン)氏はそこには住まなかったようです。

しかし日本に来て1週間後に近くの葛西中学に通い始め、その葛西中学には「常盤寮」の入居者をはじめとして60人ほどの残留孤児ジュニアがいました。

怒羅権が結成される

当時は不良全盛の時代だったので、汪楠(ワンナン)氏ら日本語が不自由で読み書きもうまくできない残留孤児たちは格好のイジメの標的にされたということです。

「中国人」や「バカ」といった罵声を浴び、毎日殴られているうちに反抗するようになり、それがやがて怒羅権の母体となっていきます。

創設メンバーは12人で最初、リーダーはいなかったそうです。

チーム名が「怒羅権」になった経緯は、最初は「ドラゴン」と名乗っていたが、日本語ができないので「トラコン」と書いたりして、よく間違えていました。

漢字なら大丈夫だということで当て字で「怒羅権」にしたということです。

死者の出た「浦安事件」を切っ掛けに警察と抗争

汪楠(ワンナン)氏ら怒羅権メンバーは、暴走族の流行りに乗ってバイクに乗るが、金がないためにバイクは盗品・無免許で乗っていました。

よその土地に行くと他の暴走族と喧嘩になると、89年に浦安まで遠征した帰り道、怒羅権のメンバー8人が地元の暴走族に襲撃され、いわゆる「浦安事件」と呼ばれた乱闘に発展します。

50人を相手に刃物を振り回しているうち、怒羅権のメンバーは相手を一人刺し殺してしまいます

襲撃された側の汪楠(ワンナン)氏ら怒羅権メンバーは正当防衛だと考えましたが、当然警察はそう見てはくれず、刺した者は殺人で逮捕されました。

そこで警察に反発し、怒羅権は交番やパトカーを襲撃するようになります。

汪楠(ワンナン)氏らは4~5人で江東区の深川署を襲い、火炎瓶投げたり、火をつけたバイクを突っ込ませたりしたということです。

ヤクザとの喧嘩で仲間が死んだことでヤクザと抗争

また「浦安事件」から約1年後、今度は先輩と一緒に地元の焼き肉屋で食事中、ヤクザと喧嘩になってしまいます。

もみ合っているうちに大勢のヤクザに圧迫されて、先輩が圧死してしまいます。

その先輩は真面目に働いている人でした。

このことから汪楠(ワンナン)氏らはヤクザに敵愾心を持つようになり、怒羅権は組事務所を片っ端から襲撃。しかしその結果また、ヤクザとの抗争で多くの仲間が死ぬことになりました。

「府中怒羅権」を結成

90年ごろには怒羅権は地元をほぼ制圧、全盛期のメンバーは800人ほどいました。

汪楠(ワンナン)氏は一時期、府中の学校に転校しており、その時代に葛西の仲間を呼んで府中の不良を傘下に収めます。「府中怒羅権」はこの時に結成したということです

住吉会系組員になるも破門される

汪楠(ワンナン)氏は17歳の時に住吉会系の事務所に入りました。

怒羅権をやめたのではなく、怒羅権メンバーとヤクザの掛け持ちでした。

しかし18歳の時、自分の金を盗まれたことから、別の組員の腕を日本刀で切り落としてしまい、相手が皮一枚で腕をプラプラさせて病院に担ぎ込まれたため、やむなく出頭、この事件で少年刑務所に2年ほど入ることになります。

少年刑務所を出た後、違法ポーカーの店を仕切るが、別の組織と揉めたことで25歳頃に組を破門になってしまいます。

13年間服役

破門後に怒羅権メンバーとヤクザの事務所荒らしを仕事にするようになります。

夜、ヤクザの事務所に忍び込んで小切手や手形を盗み、翌日、手下がそれを利用して銀行から金を引き出すという手口でした。

10件以上やり、稼いだ額は10億円以上にも達します。

しかし2000年に逮捕され、立件されたのは2件だけでしたが、13年間服役することになります。13年の服役中は読書に没頭しました。

そんな暮らしの中で「怒羅権」として抱えていた“怒り“はやがて溶けていきました。

自分たち怒羅権は犯罪をしなければ生きていけなかったが、それは日本社会の悪意のためではないことに気付くことができたからでした。

汪楠(ワンナン)氏は今でも怒羅権の幹部たちと繋がりはあるそうです。

相談するのは「怒羅権の解散について」だと。

現役のメンバーもやりたくて犯罪をするわけではない。

真っ当な道に戻そうと、みんなで話し合っているそうです。

※ここまでの記事はFRIDAYの下記取材記事などを元に作成しました。

怒羅権初代総長・佐々木秀夫(ジャン・ロンシン)

ところが、最近になってYouTubeチャンネルを設立した怒羅権初代総長の佐々木秀夫(ジャン・ロンシン)が、汪楠(ワンナン)の言うことはデタラメだ、と自身の動画内で批判し始めたことで話題になっています。

たとえば汪楠(ワンナン)は初期メンバーを12人としていますが、佐々木の見解では7人で、彼は創設メンバー7人の一人一人の名前さえ挙げて汪楠を否定しています。

ちなみに佐々木秀夫(ジャン・ロンシン)と汪楠(ワンナン)は2~3歳くらい年の差があり、佐々木は汪楠が同じ中国残留孤児で中学の2学年下であったこと自体は認めているものの、それ以外に関してはまったく認めていないようです。

NPO「ほんにかえるプロジェクト」とは?

汪楠(ワンナン)氏は現在ではNPOの「ほんにかえるプロジェクト」で活動しているということです。

「ほんにかえるプロジェクト」の「ほん」は「=本」であり、主に書籍を必要とする受刑者に本を送ると活動です。

このプロジェクトで本を送りたいという人は、本来なら廃棄予定の本であっても、それをNPO「ほんにかえるプロジェクト」に送れば向こうが選別して受刑者のもとに届けてくれるということです。

送料は自己負担になるが、本が大量でかつ近郊なら車で取りに行くこともあるようです。

また送った本すべてが受刑者の手元に届くわけではなく、再販できるものは古本屋に売られてNPOの活動資金などになることもあります。

詳しくはこちらの説明、もしくはフェイスブックに問い合わせると良いそうです。

(記事おわり)

タイトルとURLをコピーしました