福島県・栃木県を根城の半グレ集団とは?ヤクザ組長宅強盗の犯人は?

ここ最近、暴力団の組長宅を狙った強盗事件が連続して起こっているようです。

それに関して「ビジネスジャーナル」で、元山口組二次団体の幹部だった沖田臥竜氏が記事を書いています。

それによると、強盗に入られた暴力団は犯人を血眼になって探しており、犯人の可能性がある者として、福島県・栃木県を根城の半グレ集団に目をつけたということです。

これについて調べてまとめました。

ヤクザ組長宅に強盗の犯人を捜索

沖田臥竜氏は「ビジネスジャーナル」で大略このような内容の記事を書いています。

最近、茨城で二件、埼玉で一件と、ヤクザ組長宅を狙った強盗事件が相次いでいる。

自宅に家族がいた場合、家族まで縛り上げてしまう強引な手口などが共通しているため、同一犯ではないかと見られる。

ヤクザは被害もさることながら、メンツを潰されたこともあり血眼で犯人を捜索。

そこで下手人として浮上したのが、「福島県や栃木県を根城にしている半グレ集団」である。

警察とヤクザ双方に追われることになる犯人たちだが、どちらが先に捕まえるにしても結末は同じようになる可能性が高い。

たとえ犯人の半グレが獄に落ちても、刑務所内のヤクザがヤクザ組長宅を襲撃した者をそのままにしておくとは思えないからだ。(終わり)

記事を書いた沖田氏は元極道であることから、どちらかといえば強盗に入られたヤクザの組長らに対して同情的な筆致が印象的に残る記事です。

ヤクザ組長宅を強盗のニュースは?

まずヤクザ組長宅を強盗したというニュースを探してみましたが、沖田氏の言っている「茨城・埼玉」の事件は見つかりません。

その理由として考えられるのは、おそらく全国的に強盗事件そのものはありふれたものでしょうし、また仮にニュースになっていても、この件については単なる被害者であるヤクザを「ヤクザ組長宅に強盗が入った」とわざわざ被害者の素性を明かさないという可能性もあります。

しかし埼玉・茨城の強盗事件ではないものの、類似の「暴力団が被害者になる」事件については朝日新聞も取り上げています。

 暴力団関係者が金銭目的で狙われたとみられる事件が相次いでいる。兵庫県明石市で4月に暴力団関係者が路上で現金入りのバッグを強奪され、今年初めには姫路市の指定暴力団神戸山口組系組長宅から金庫が盗まれた。捜査関係者は「暴力団の資金集めが厳しく、金のある関係者が標的になっているのでは」とみている。

県警は6月、明石市の路上で50代の暴力団関係者をバットのようなもので殴り、現金約310万円入りのバッグを奪ったとして、神戸山口組系組長(56)ら計4人を強盗致傷容疑で逮捕した。県警は組長が襲撃を指示したとみているが、組長は容疑を否認しているという。県警は今月1日、事件にからみ神戸山口組本部(神戸市中央区)に家宅捜索に入った。

また、捜査関係者によると、1月ごろには姫路市内の別の神戸山口組系組長の自宅から現金入りの金庫が盗まれた。いずれの事件も現金のありかを知った上での犯行とみられるという。

捜査関係者によると、暴力団関係者が被害者となる窃盗や強盗事件は全国的にも増えているという。背景には山口組の分裂や暴力団対策法の影響で資金集めが難しくなっている状況があり、関係者を金銭目的で狙っているとみられる。また、被害にあっても警察に届け出ることが少なく狙われやすいという。

引用:朝日新聞

ということで、たしかにヤクザ組長が標的にされることは増えているようです。

福島県・栃木県を根城の半グレ集団とは?

そして犯人を捜した結果、ヤクザが目をつけたという「福島県や栃木県を根城にしている半グレ集団」とはどのような集団でしょうか?

栃木県にはTKG(KGカンパニー)という半グレ集団が

調べたところ、ネット上の匿名掲示板の書き込みに頻繁に名前が挙がっている「栃木の半グレ」として、「TKG」というグループがありました。

「TKG」はT=栃木 K=鹿沼(かぬま) G=愚連隊の略で、解体業の澤田孝行(沢田孝行)が頭をしているという半グレ集団です。

「TKG」は「KGカンパニー」と呼ばれることもあったようです。「TKG」は愚連隊といっても、トップの澤田孝行は山口組の二次団体・秋良連合会(あきられんごうかい)の関係者(企業舎弟)だとされています。

沢田孝行については2011年7月時点で31歳、2015年8月の時点で35歳という情報があるので、現在は39歳くらいと思われます。

この沢田孝行は2011年の7月5日のニュースで、産廃の不法投棄の容疑で逮捕されたというニュースが残されています。

県警生活環境課と宇都宮中央署は4日までに、廃棄物処理法違反の疑いで、鹿沼市上石川、塗装業、斎藤利行(28)と同市上野町、解体業、沢田孝行(31)の両容疑者を逮捕した。

調べによると、斎藤容疑者らは平成22年7月下旬ごろ、宇都宮市古賀志町の山林に、民家の解体工事の際に出た廃プラスチックなどの産業廃棄物(2トントラック数台分)を不法に投棄した疑い。

引用:産廃を不法投棄 容疑の2人逮捕 栃木

この「TKG」もしくは「KGカンパニー」は、2015年の山口組と神戸山口組の分裂に際し、神戸山口組に参加することを表明し、抗争の火種になるのではと栃木県警に警戒されていたそうです。

しかし2018年の掲示板の書き込みでは、「山口組秋良連合会の企業舎弟」とされており、結局のところは神戸山口組には行かなかったようです。

そしてこの「TKG」沢田孝行の兄貴分として、「秋良連合会の重富」という名前が挙がっています。この重富についての詳しい情報は不明です。

少なくとも秋良連合会の組織図の「理事長・本部長・理事長代行・副理事長」といった上位の役職としては名前が挙がっていないようです。

犯人はTKG(KGカンパニー)?

「TKG」は単なる半グレではなく暴力団の関係者(企業舎弟)であり、だからこそヤクザの内部事情に詳しく、強盗に入れるだけの情報を持っているという可能性もあります。

しかし、もし犯人が「TKG」なら「栃木県鹿沼を根城」もしくは「栃木県の半グレ」とだけ書かれそうなので、「TKG」を該当の半グレ集団と断定するのはかなり強引だろうと思います。

また澤田孝行(沢田孝行)が秋良連合会の企業舎弟だという情報がある以上、もしTKGが強盗の犯人だとすれば、既に秋良連合会と関係が絶たれているか、決定的に関係が悪化するか覚悟して強盗をしなければいけないでしょう。

そのような危ない橋をあえて渡るかというと、かなり疑問に思うところです。

そして頭の澤田孝行(沢田孝行)は「解体業」という正業もあるので、なおさらあえて危ない橋を渡る必要もないという気がします。

結局のところ、現在の時点では該当の「福島県や栃木県を根城にしている半グレ集団」の情報は、ネット上には出回ってはいないと思えます。

以上になります。

フォローする