星田英利(元ほっしゃん)のツイッターが炎上?その内容とは?

宮川大輔の元相方であることでも知られ、元は「ほっしゃん」の芸名で活動していた星田英利がツイートした内容が、日本を揶揄していると見られ、物議をかもしている。

星田英利のツイートが炎上?

記事はこちら。

お笑い芸人の星田英利が2月28日に投稿したツイートが炎上している。

その内容は「外国の記者の質問に答えるようになった独裁者がいれば、自国の記者に答える必要がないと言い切るようになった官房長官もいる。歩幅が小さくとも確実に前に進んでいる国と、すごい勢いで後進国へと転げ落ちた国」というものだった。

28日の午前、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は報道陣を前に、初めて外国人記者の質問に答えたと話題になっていた。星田の投稿はこの報道を受けてのものと言われている。ネット上では、星田が言及したのは「確実に前に進む」北朝鮮と、「すごい勢いで後進国へと転げ落ちた国」日本のことを指していると推測されている。

引用:リアルライブ

元ほっしゃん、星田英利のツイート

こちらが該当の星田のツイート。

外国の記者の質問に答えるようになった独裁者がいれば、自国の記者に答える必要がないと言い切るようになった官房長官もいる。歩幅が小さくとも確実に前に進んでいる国と、すごい勢いで後進国へと転げ落ちた国。

感想

単純に星田がそのような政治的発言をする人間だと知らなかったので驚いた。

しかし以前のつぶやきやリツイートしているものを見てみると、かなり政治色が強いことが確認できる。

星田英利のリツイート

例えば星田はこうしたものをリツイートしている。

菅官房長官が記者会見で、東京新聞の望月衣塑子記者の質問に対して「あなたに答える必要ない」と拒絶したことが話題になっている。 該当の場面...

右派からは確実に「左翼」のラベリングをされるだろうリツイートが目立つ。

また「性的マイノリティ」寄りのリツイートも、如何にも左派的だ。

星田英利のツイート

問題になっている該当のツイートの一個前のツイートがこちら。

しかし会談は決裂してしまった。

星田のつぶやきはその意味でもタイミングが悪すぎたかもしれない。

プロフィール

もう一つ驚いたのは星田のツイッターのプロフィール。

俳優 【見るまでは死なんリスト】 ♢シロナガスクジラ♢オーロラ♢エンジェルフォール♢ブレゲ・マリーアントワネット♢タトラ山地のプレソ♢レオナルドの絵と手稿♢オナガラケットハチドリ♢ボリビアの壁♢シーラカンス♢スミソニアン♢ジャワサイ♢アリューシャンマジック♢アブラハム湖♢大谷のクアーズ打撃♢親になった息子と娘

引用:Twitter

肩書が「俳優」だということだ。

フォローする