堀井翼と瑠久の乱闘会見動画とは?試合結果は?どちらが勝った?

K-1の中村拓己プロデューサーが、6月21日の『K-1 KRUSH FIGHT.102』の翌日に会見を行い、堀井翼選手と瑠久(ルーク)選手の大会前日の会見での乱闘について謝罪し、これからは、行き過ぎた乱闘や暴言に対しては従来より重いペナルティを科す可能性があることを明らかにしました。

この堀井翼選手と瑠久(ルーク)選手の乱闘の会見とは?

また、2人の試合の勝敗は?

こういったことをまとめてみました。

堀井翼選手と瑠久(ルーク)選手の乱闘会見を謝罪
ペナルティを従来より重くする方針

2019年6月21日(金)東京・後楽園ホールで開催された『K-1 KRUSH FIGHT.102』の一夜明け会見が、22日(土)都内にて行われた。

会見の冒頭、中村拓己K-1プロデューサーは「昨日の前日会見において、瑠久選手と堀井選手の乱闘があり、記者会見が中止になってしまいました。不快な思いを与えたことをお詫び申し上げます」と謝罪した。

 これは20日(木)に行われた前日記者会見で、両者が入場しての写真撮影時に堀井が強めに瑠久の額へ自分の額を押し付けてそのまま押していくと、これに苛立ったか瑠久が堀井を突き飛ばして両者一気にヒートアップ。堀井が怒声をあげながらつかみかかり、瑠久もこれに応戦。スタッフが慌てて両者の間に割って入り、両者を取り押さえるという乱闘騒ぎになったもの。

 引きはがされた両者は怒鳴り合い、とても会見ができる状態ではなかったため会見は中止となってしまった。

中村プロデューサーは「会見での乱闘、試合以外に相手を傷つける行為、過度な暴言を吐く選手にはこれまで厳重注意という形で選手と所属ジムに対して処分を行ってまいりました。しかし、最近そういった行為が目に余る状況が続いたため、今後K-1 JAPAN GROUPでは公式行事の場での乱闘などの行為・暴言、SNSやメディアを通じての暴言、過激な言動は罰金、出場停止、場合によっては試合中止といった厳重注意よりも重いペナルティを課す方向で考えています。

選手が試合を盛り上げるために発言したり、トラッシュトークしたりはあると思いますが、自分のコントロールが利かない状態になったり、試合以外で相手にダメージを与える行為は厳しく処分されるべき。対戦する当人同士の挑発はあるが、それがいきすぎてしまい不適切な表現、周りの方たちへの攻撃的な言葉に対しては厳しく処分していきます」と発表。

試合を盛り上げるためのパフォーマンスやトラッシュトークもあり、どこで線引きをするのかは難しいところだが、中村プロデューサーは「試合以外の場面で対戦相手を傷つける行為は間違いなくペナルティの対象。どこを殴ったら処分とかこれ以上ダメージを与えたら処分とか数字で表すようなものではなく難しいが、何かが起こった後で実行委員会で判断して処分を考える形になると思います。試合以外、リング外で相手を傷つける行為が処分対象になります」と、直接手を出すことは完全にペナルティの対象、それ以外はその都度話し合いでペナルティの重さや有無を決めていくと説明。

引用:Yahoo!ニュース

堀井翼と瑠久の乱闘会見動画

そしてその「乱闘動画」がこちらです。

【6.21 K-1 KRUSH】堀井翼ガチ切れ乱闘勃発で会場騒然!今夜の試合は流血必至!? 6/21(金)よる6時~アベマTVで完全生中継!

見てみると、「乱闘」という言葉で思い浮かべるほど激しくはない気がします。

乱闘といえば2人以外のセコンドや関係者を巻き込んでというイメージですが、これは純粋に2人だけがぶつかり合っただけです。堀井選手が額をぶつけたのもほんの一瞬で、その一瞬で瑠久選手が反応してしまっています。

しかし会見会場の外に出てからも怒声が聞こえるので、2人がヒートアップしていたのは間違いないようです。

堀井翼と瑠久の試合結果は?

そこで試合結果も気になるところですが、結果は瑠久選手の3-0の判定勝ちだったそうです。

荒れに荒れた会見から1日たっての試合は、礼儀正しくグローブタッチからスタート。両者とも蹴りで様子をうかがいながらパンチにつなげていく。1ラウンドは瑠久が先手を取り、右のビッグパンチを何度かヒット。堀井はローブローをもらった影響もあったか。

2ラウンド、反撃を試みる堀井だが瑠久は的確なローキックとボディブロー。3ラウンドは瑠久がバックキック、サイドキックも放っていく。堀井はパンチの打ち合いを挑むが、なかなかペースをつかめない。

最後まで冷静に闘った瑠久が、判定3-0で勝利を収めた。前日の乱闘から一転、試合後はクリーンに抱き合い、堀井は笑顔も見せた。

勝った瑠久は「全然満足できないです」とコメント。「体が思ったように動かなかった。自分はもっと強いはず。K-1の横浜大会に出るくらいの力があると思ってるので」とも。ともあれ結果は出ただけに、次のチャンスに期待したいところだ。

引用:会見が“乱闘中止”の瑠久と堀井翼、瑠久が判定勝利で“クリーン”に抱擁

以上になります。

フォローする