平井兄弟とアルファライン(チーマー)の関わりは?原田龍二と本宮泰風の伝説

原田龍二と本宮泰風といえば、若い頃のヤンチャの話や弟の本宮の芸能界最強の噂で有名です。特に弟の本宮さんはチーマーに所属していたという話もあります。

しかし具体的に所属していたチーム名などはあまり聞かないので調べてみました。

平井兄弟のプロフィール

原田龍二と本宮泰風は二人の芸名で、本名は、兄・原田龍二さんが平井雅章、弟・本宮泰風さんは平井康之で、二人は地元の足立で「平井兄弟」として有名でした。

デビュー当時も二人は、足立から渋谷のディスコに行って喧嘩を繰り返していたそうです。

原田龍二(平井雅章)

名前:原田龍二(はらだ・りゅうじ)

本名:平井雅章

生年月日:1970年(昭和45年)10月26日

出身:東京都足立区

血液型:A型

身長:178cm

学歴:聖学院大学政治経済学部政治経済学科中退

本宮泰風(平井康之)

名前:本宮泰風(もとみややすかぜ )

本名:平井康之

生年月日:1972年(昭和47年)2月7日

出身:東京都足立区

身長:185cm

血液型:O型

妻:松本明子(1998年 ‐ )

原田龍二・本宮泰風について芸能人の証言

小沢仁志の談

Vシネ四天王、あるいは帝王と呼ばれている小沢仁志は、芸能界最強は本宮泰風であると断言しています。

中野英雄の談

また18歳の頃は「少年ヤクザ」を自称し、一世風靡の哀川翔に完敗するまでは肩で風を切っていたという中野英雄も、『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演した時、「本当に今現在で強いと思うのは、本宮泰風」と本宮の強さに太鼓判を押しました。

下は中野英雄のインスタ画像で、原田龍二・本宮泰風の二人(平井兄弟)と写ったもの。

この投稿をInstagramで見る

平井兄弟に脅されてます しかも地元で… 楽しい時間でした! #instagood #happy #enjoy #tokyo #japan #平井兄弟 #本宮泰風 #原田龍二

中野英雄 hideo nakanoさん(@hideo_nakano)がシェアした投稿 –

中野はコメントでも「平井兄弟に脅されてます」と本名の「平井」姓を出しています。

中野英雄は弟の本宮泰風に、「兄貴とケンカしたことはないのか?」と尋ねたことがあるらしく、その時本宮は「ウチの兄貴は(自分と喧嘩するほど)馬鹿じゃないですから」と答えたということです。

諸星の談

諸星和己は、

「この兄弟は、今でも有名ですよ。芸能界の中でもダントツでトップに入るくらいのケンカの強さ。だから、俺はテレビで会ってもイジらないようしてる。後が怖いから」

と話しています。

原田龍二のエピソード


当時の原田龍二さん

ビリヤードしていた友人が刺される

原田は以前番組で、視聴者からの質問に答えて、隣でビリヤードをしていた知り合いが突然ナイフで刺された、という話を披露。

「いきなり隣の奴が、僕の友達だったんですけど、刺されて」「でも、死ななかったから。死ななきゃいいんですよ!」などと話しました。

歯が拳に刺さる

原田龍二さんは自身のポリシーとして「素手でしか喧嘩をしない」というものを持っていたそうです。

パンチ力も相当なもので、喧嘩で相手の顔を殴った時、相手の歯が自分の拳に突き刺さったことがあるらしいです。

平井兄弟とアルファライン

アルファライン

平井兄弟の噂として、「アルファライン」というチームに関わっていたという話があります。だとすれば、テレビなどで聞く原田・本宮兄弟のヤンチャ伝説も、このアルファラインに関わるエピソードと考えていいと思います。

アルファラインについての情報は少ないですが、池袋、新宿、渋谷などで活動していたという話です。

原田龍二(平井雅章)はチームには参加せず

テレビ出演時の視聴者の質問では「渋谷のチーマーを潰そうとやって来た暴走族に素手で応戦した」というものもあったらしいですが、これは原田龍二さんは否定しています。

否定というのは、チーマーの一員として暴走族を迎え撃ったというのを否定したようです。

この時、原田龍二は「僕はチーム員ではなかったんです」「友達は多かったですね。っていうか、みんなそうです」と話しています。

ということで、原田さん自身はチームには所属していなかったそうです。

しかし仲良くなると、お祭りに参加するような感じでそういう揉め事に顔を突っ込むことがあったそうで、「血の雨が降るお祭りです」「フェスみたいな感じです」と話しました。

本宮泰風(平井康之)はアルファラインのトップだった?

しかし、兄の原田龍二がチームに参加していない一方で、弟の本宮泰風さんはチームのトップだったという噂があります。

つまり、おそらく当時のアルファラインのトップが本宮泰風さんだったという可能性があるということです。

原田龍二さんが「シティ見学」と称して街のチーマーを見に行ったという話をしていますが、これはたぶん弟の本宮さんのチーム(アルファライン)を見に行き、そこでチーマーの友人ができたということではないでしょうか。

暴走族とチーマー

都内の暴走族、特に関東連合のような硬派暴走族は、毛色の違うチーマーのような集団を嫌って抗争を仕掛けていたそうですが、本宮さんの参加していたアルファラインも暴走族と衝突していたようです。

おそらくテレビで視聴者の質問として出た、原田さんがチーマーを潰しに来た暴走族と素手で戦ったというのは、その話かと思われます。

ただ平井兄弟の原田龍二(平井雅章)は「S45年生まれ」、本宮泰風(平井康之)は「S47年生まれ」で、関東連合でもっとも有名な見立真一の「S53世代」、工藤明男(柴田大輔)の「S54世代」とはだいぶ世代が違います。

関東連合関係者の有名どころでは川名毅(S46)と世代が近いですが、川名はPBBというチームを結成したという話もあり、必ずしもチーマーと敵対していないかもしれません。

本宮泰風(平井康之)の噂

他にも弟の本宮泰風(平井康之)さんについては、掲示板には「山の手のチーマーのケツ持ちをしていた」とか、「住吉の福田さんの息子の〇ちゃんとかとヤンチャしてた」という書き込みがあります。

「住吉の福田さん」というのは、おそらく住吉会の現会長・福田晴瞭(ふくだ・はれあき)の子息と当時仲が良かったということではないかと思われます。

以上です。

フォローする