陰謀論・異星人に関する高度な知識を得るための4つの情報源

陰謀論受容

当ブログの陰謀論学習教材ではひとつひとつの陰謀論を取り上げて「これは真実。これはガセ」といった判別をすることは致しません。

それではあまりに内容が煩雑になるためです。

ただこのままでは「陰謀論は真実である」と確証は得れても、それ以上の情報を得て知識を強化していく上で心もとないという感じがしています。

そこでこの記事では、「さらに高度な知識を得るためにはどの情報源を参照すればいいのか」ということをまとめました。

またこれらの情報源については他の記事でも触れているものばかりですので、当ブログの最近の記事をほとんど読んでいる方(がもしいるとすれば)にとっては目新しい情報はありません。

また、この情報源の選考はあくまで私の考えですので悪しからず。

スポンサーリンク

陰謀論・異星人に関する高度な知識を得るための4つの情報源

YouTubeチャンネル『一日一食 OMAD エンドゥ』

まず最初にご紹介するのはYouTubeチャンネル「一日一食 OMAD エンドゥ」です。

情報のバランスの良さという点では、この「一日一食 OMAD エンドゥ」一択でもいいほどです。

特にロシア人男性の動画や、彼が紹介する動画画面の左上に「VLAD FREEDOM」と表示されているものはおススメです。

これらの動画では、レプティリアン等の異星人に関することから、最近特に注目されている地下施設の子供の救出作戦についてのことまで、かなり高度な情報が扱われています。

エイリアン オリオン座のグループ レプテリアン ドラコ AI ディープステート
地下からの子供たちの救出 逮捕 トランプVSディープステート

さらにこのロシア人男性は情報の取り扱いに関しても他の陰謀論者と異なり、かなり慎重ですので、その点でも私は信頼性が高いと考えます。

またこの『一日一食 OMAD エンドゥ』では他にも、19世紀にアメリカで起こった数々の出来事の記憶が丸ごと消されている可能性がある、という最近のぶっ飛んだ内容の動画も非常に興味深いものです。

【衝撃の事実】19世紀にアメリカ人の記憶が消された!? 数々の火災 謎の政党 あらゆる町が廃墟に その事実を誰も記憶していない

与国秀行YouTubeチャンネル(一般社団法人・武士道)

次に幸福の科学会員である与国秀行氏(一般社団法人・武士道)によるYouTubeチャンネルがあります。

与国氏のYouTubeチャンネルのデメリットは確実にYouTubeに目をつけられていることで、頻繁にBANされ、そのたびに新しいチャンネルを探すことになるという点です。

彼のYouTubeチャンネルは現在(2020年3月19日)のところ、私が見つけられた限りでは『与国チャンネル五代目』と『与国シャドーBANチャンネル』があります。

与国氏は現役時には関東でもっとも喧嘩が強いといわれた元不良で関東連合関係者です。

私のブログはもともと「アウトロー」のカテゴリーをメインに扱っていたので、そのために贔屓目に見ているのでは?と疑われるかもしれませんが、そのようなことは絶対ありません。

一般社団法人・武士道の動画内容は非常によくまとまったもので、見ているとしばしば「どこからこの映像を探してきたんだろう?」と思うことすらあります。

また与国氏が幸福の科学の会員であること、「幸福の科学」総裁(大川隆法)の息子で脱退者である大川宏洋さんと争っているなどの理由から偏見を持たれる方もおられるかもしれませんが、疑う前に一つ二つでも興味のある動画を見てみることをおススメします。

たとえば下記は「新霊界物語」という訳の分からないタイトルですが、内容は小児性愛やサタニズムに関する重要な証言者の連続で、掛け値なしに優れたものと言えます。(たぶんそのうち例のごとく削除かBANされるでしょうが)

新霊界物語 第三話「“可愛い”に潜む悪魔性」

YouTube『コズミック・ディスクロージャー』翻訳シリーズ

ここからは主に異星人に関する高度な情報を伝える情報源を取り上げます。

ただし異星人・宇宙人に関しての情報だからといって、現在の地上の戦いと無関係とはけして思わないで下さい。

それに関する情報がはっきり表に出ようと出まいと、最高レベルでの争いや情報は確実にポジティブET・ネガティブETと関わりがあると疑われるからです。

言い換えれば陰謀論は、「異星人に関するもの」「小児性愛ネットワークに関するもの」「戦争に関するもの」「テクノロジーに関するもの」といった具合に分割可能なだけであり、本質的にはたった一つの陰謀論しかないためです。

そしてその中でもっとも高度な視点が「異星人視点」であることは、別の記事でも申し上げたとおりです。

したがってこのような異星人情報の強化は、陰謀論をより深く、より高度に理解することに役立つだろうと私は考えます。

話を戻すと、まずYouTubeチャンネル『Keen-Area News』が取り上げている「コズミック・ディスクロージャー」の日本語訳シリーズがあります。

コズミック・ディスクロージャーはインターネット放送であるGaia TVの番組として、ディビッド・ウィルコックをMCとして2015年7月から放送されています。

これはコーリー・グッドら宇宙に関する秘密組織インサイダーからの情報を中心に、異星人の秘密情報開示に力を入れている番組です。

下は『Keen-Area News』の再生リストのリンクで、そこの「コズミック・ディスクロージャ・クロニクルシリーズ」を参照してください。

Keen-Area News
Keen-Area(痛烈地帯)ニュースとは?一般的にマスコミで扱われることのない「アブナイ」ニュース「オバカ」なニュース「妄想」なニュース。 ありとあらゆるKiken-Chitaiに踏み込んでしまったニュースをご紹介&ときどき普通のニュース。こっちの世界をのぞいてごらん!? サイトは

しかもこの「コズミック・ディスクロージャ・クロニクルシリーズ」再生リストは、親切にシーズン1・エピソード1から順に並んでいるので非常に見やすいです。

ただしこれをアップしているYouTubeチャンネル『Keen-Area News』は、他に「HALTO」という私自身は信ぴょう性に非常に疑念を抱く人物や、私にはフェイクとしか思えない宇宙人映像などをまともに取り上げたこともあり、チャンネル主催者の「信頼できる情報の判別能力」にやや疑問符がつきます。

したがって、どの情報源に共通して言えることではありますが、この『Keen-Area News』について必ずしもそのすべてを信頼する必要はないと思います。

しかし『Keen-Area News』では「コズミック・ディスクロージャー」シリーズ以外にも、地底のレプティリアンのインタビューなど非常に興味深い情報も扱っているので、こと異星人や地底人に関することについては、かなり強力な情報源になりうることは疑えないところです。

地球生れのレプティリアンへインタビュー!(1)-AK's Pickup【20201121号】

ブログ『真実の泉 – ディスクロージャー』

最後にご紹介するのはブログ『真実の泉 – ディスクロージャー』です。

この『真実の泉 – ディスクロージャー』は、ちょいちょいYouTubeチャンネル『一日一食 OMAD エンドゥ』でも取り上げられています。

先述の動画シリーズと同じく、特徴的なのが異星人に関する機密情報で、

  • 秘密宇宙プロジェクトの暴露者となったコーリー・グッド
  • そのインタビュアーとなったデイビッド・ウィルコック
  • 米政府の内部告発者を取り上げるネットラジオ「プロジェクト・キャメロット」のケリー・キャシディによるインタビュー

など、異星人情報に通じている専門家を取り上げることが多いです。

「コズミック・ディスクロージャー」シリーズと同じく異星人に関する情報という点で共通点が多いですが、動画よりも活字で読んだ方がいい、その方が情報を得やすいという方は、こちらを参照するといいと思います。

まとめ

以上、

  • YouTubeチャンネル『一日一食 OMAD エンドゥ』
  • 与国秀行氏のYouTubeチャンネル(一般社団法人・武士道)
  • YouTube『コズミック・ディスクロージャー』翻訳シリーズ
  • ブログ『真実の泉 – ディスクロージャー』

の4つを「陰謀論・異星人に関する高度な知識を得るための4つの情報源」として取り上げさせていただきました。

(記事おわり)

タイトルとURLをコピーしました