ハズキルーペCMの高額ギャラを大公開!渡辺・小泉・舘の出演料は?

メガネ型拡大鏡“ハズキルーペ”のCMへの出演は、商品の販売元である「ハズキカンパニー」によって、出演者に破格のギャラを払われるということで有名だ。

昨年から今年にかけて、渡辺謙、菊川怜、武井咲、舘ひろし、小泉孝太郎といった大物が続々と出演しているが、彼らにはいったいどれほどのギャラが払われているのだろうか?

全員のギャラを調べてみた。

ハズキルーペCMの高額ギャラ

今では芸能人が2人集まれば、まずこの話題で盛り上がるという。

話の中心は、もちろん出演料である。『ハズキルーペ』がタレントに対して払っているギャラは、通常の相場の3~5倍だそうだ。

当初“ハズキルーペ”は業界でも知られておらず、そのためにキャスティングには大変な苦労をしたらしい。通常の料金で広告代理店を通じてオファーしても、駆け出しの女優や若手芸人の名前しか上がってこなかったからだ。

しかし現在ではハズキカンパニーに、有名俳優やアイドル、演歌歌手などが自ら売り込みに来るほどだという。

このような生々しい噂が漏れ伝わるほど、ハズキカンパニーの多額の出演料は業界の常識を外れているらしい。

いったい実際に出演した渡辺謙、菊川怜、武井咲、舘ひろし、小泉孝太郎らはいくらもらっているのだろうか。

大公開!渡辺・小泉・舘の出演料は?

そしてこれが実際に五人に支払われたギャラだ。

  • 渡辺謙   2億円
  • 菊川怜   7500万円
  • 舘ひろし  8000万円
  • 武井咲   7800万円
  • 小泉孝太郎 5500万円

これほどの額を出したのだから、大物たちが次々にオファーを引き受けたのも当然かもしれない。

いったいなぜハズキカンパニーはこれほどのギャラを出すようになったのか?

ハズキカンパニーはもともと宝田明や石坂浩二を起用してハズキルーペCMを制作していたが、今一つ成果は上がっていなかった。

ところが、舘と美女が親子の設定のCMで、その不自然さから逆に「パパというより、パパ活の女子大生じゃないのか」とネット上で話題になった。

そのことによって広告の旨みに気づき、とにかく目立つことで売り上げを上げる、損して得取れ戦略に切り替えたのだという。

事実かは分からないが、ハズキルーペをかけて「とんねるずの石橋貴明」が事務所の社長として売り込みに来たという噂すらある。

単なる噂に過ぎないかもしれないが、ダウンタウンに完全に水をあけられ、新しい突破口を探しているだろう「とんねるずの石橋」の名が挙がるあたり、いかにもリアリティがある。

これからもハズキルーペのCM出演者に目が離せなくなりそうだ。

フォローする