阪急電鉄・はたらく言葉たちコラボ「ハタコトレイン」の言葉とは?

阪急電車と「はたらく言葉たち」がコラボした「ハタコトレイン」の中吊り広告が炎上して、6月30日まで続ける予定だったものが、10日に「明日以降は中止する」と発表されました。

中吊り広告にはどんな言葉があったんでしょうか?

阪急の中吊り広告「ハタコトレイン」が炎上

阪急電鉄の車両内に掲示された「中吊り」をめぐり、ネット上で批判の声が集まっていた問題で、企画を2019年6月11日以降中止する

阪急電鉄広報部の担当者が10日、J-CASTニュースの電話取材に対し明らかにした。この企画では、研究者や経営者らの「はたらく言葉」を紹介。6月30日まで続く予定だった。

阪急「事前チェックが不十分でした」
企画は、阪急電鉄と、企業ブランディングなどを手掛ける会社「パラドックス」がコラボレーションして実施した。パラドックス社が刊行する、働く人たちの言葉を集めた本「はたらく言葉たち」に収められている文言を紹介。「ハタコトレイン」と称し、神戸・宝塚・京都各3線を対象とし、1編成ずつ「車両ジャック」を展開していた。

阪急の担当者は10日夕、取材に対し、「一部、メッセージに不適切な内容があるので、明日以降は運行中止します」と回答した。担当者は、「我々も見てチェックしていたのですが、思いが至らなかった。今日順次、列車を車庫にしまって作業に入ります」と説明。「思いが至らず、事前チェックが不十分でした。その点について反省しております。再発防止に努めたい」とコメントした。

引用:ライブドアニュース

「はたらく言葉たち」はもとは企業ブランディングなどを手掛ける会社「パラドックス」が年に一冊発行している、誇りを持ってはたらく人々の思いを紡いだ言葉集だということです。

そしてその「パラドックス」の「はたらく言葉たち」と阪急電車とコラボしたのが今回の「ハタコトレイン」です。

こんなニュースになると全車で展開したのかと思われますが、1車両につき1編成ずつ中吊りを出しただけだそうです。


「ハタコトレイン」にはこんな言葉が

「ハタコトレイン」には例えばどんなものがあったんでしょうか。

なるべく多く集めてみました。

「毎月50万円もらって毎日生き甲斐のない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか」

「私たちの目的は、お金を集めることじゃない。地球上で、いちばんたくさんのありがとうを集めることだ」

引用:ライブドアニュース


出典:https://www.prdx.co.jp/topics/hatakotrain2019/

ツイッターから

いちばん社員のためになる福利厚生って、
いい仲間を増やしていくことなんじゃないか。

車いすのじいちゃんが、
恋をしたら歩いて
会いに行くようになる。
それがいちばんの
リハビリだよ。

いま、47歳。
3度目の思春期が
来ています。

お年寄りが暮らしやすい国は
みんなが暮らしやすい国
だと思うのです。

一万円の仕事と、百万円の仕事。
金額よりも想いの強い方を選びたい。

肯定的もしくは批判的でない声

「ハタコトレイン」は炎上して中止になってしまいましたが、もちろん批判の声ばかりではありませんでした。

批判的な反応

阪急社員の待遇に言及するものも。

中にはどうってことと思える言葉もありますけどね。

でも時代が変わったせいなのか、以前は感動を呼んだような言葉が批判の対象になってしまうのかもしれません。

以上です。

フォローする